【リスニング教材おすすめランキング】人気でも初心者はNG?

耳を澄ます女性 英語リスニング教材【おすすめ英語アプリ・参考書】実はムダ?

英語のリスニングは、日本人にとって最大の難敵の1つ。あなたも

「読めば分かるけど英語で聞くと違う…」

「英語が速くて聞き取れない…」

などと悩んでいるのではないでしょうか。

そんな悩みを受け、世の中には色々な「英語リスニング教材」、例えば次のような本や教材が人気でおすすめされていますよね。

  • VOA Learning English
  • アルク【ヒアリングマラソン】
  • English Central
  • TED、Youtube、海外ドラマなど

また、次のようなアプリや参考書も人気です。

  • レアジョブのリスニングアプリ
  • スタディサプリ
  • 英語耳

でも、私自身がリスニングを克服した経験からすれば、こういった「人気リスニング教材」は初心者には

あまり効果がない

うえに、かえって遠回りになる可能性があるので、おすすめできないと私は考えています(私が経験済みです…)。

ですが、このように言うと

「え、そんな…」

「じゃあ、どうすれば…」

とショックを受けるかもしれませんので、この記事では「リスニングに効果のある教材の選び方」「リスニング教材おすすめランキング」を紹介していきたいと思います。

自己紹介:【海外サラリーマン むさし】

10年以上の海外生活で、英会話に苦しみながらも克服した経験を持つ会社員。特に10年過ごしたアメリカでは「通じない・聞き取れない」で英会話恐怖症になった経験も(詳しいプロフィール

 クリックして 
 【実際に試した教材比較】をチェック 

【英語リスニング】人気教材・アプリ参考書がおすすめ「ではない」理由

バツ印をする女性 Simple English/Magic 81では中学英語の超基本は説明されていない

上で書いた「人気リスニング教材だからといってオススメではない」という理由。

それは、リスニング教材の多くは「聞くことが中心」で、基本的に【聞いているだけ】だから。

「リスニングなんだから聞く力をつける練習が中心でしょ」と思うかもしれませんが、それだと英語の聞き取りは上達しないんですね。

残酷な真実を言ってしまえば、英語を聞くことで聞き分けられるようになるのは、脳が発育途中の子供(12才ぐらいまで)だけの特権。

これは人間が生まれつき持っている本能ですが、大人になるまでに失われてしまいます。

脳が育ってしまっている大人は、聞くだけでは自然に英語が聞き取れるようにはならなりません

ですので、私たち大人は大人に合った方法で聞き取りを攻略する必要があるわけです。

では、私たちにとって本当に効果的なリスニングの勉強法とは何でしょうか。

初心者にも効果的!英語リスニングを鍛えたい人向け【おすすめ上達勉強法】とは

英語のリスニング強化の特効薬

結論から言ってしまうと、リスニングを強化するには「話す力」、もっと具体的に言えば「発音力」を強化するのが一番早道です。

【聞く力】は【話す力】の裏返しであり、私も話す力が上がっていくことで英語が聞き取れるようになることを経験しています。

この逆、つまり世の中で言われているような「英語をたくさん聞きましょう」とか「習うより慣れよ」といった「受け身の練習」では、実際には効果がありません(これも経験済み)。

ですので、あなたが「英語のリスニングを伸ばしたい!」と決心しているのであれば、受け身ではなく「発音力を伸ばす」ことに取り組んでみることを強くおすすめします。

【発音力】がリスニング上達に大切な理由

リスニングに必要な【2つの理解】

発音力がリスニングに必要な理由を説明するために、英語を聞き取ってパッと理解するために必要な【2つの理解】について説明したいと思います。

それは、次の2つ。

  • 聞いた音を理解する【音の理解】
  • 聞いた英文の意味を理解する【意味の理解】

英語を聞いて理解する、ということは、このように2つの面に分けられるんですね。

例えば下のように相手に話してきたとします。

ちょっと速くて分かりにくいかもしれませんが、これを下の絵のように単語ごとの発音が聞き取れる、というのが「音の理解」になります(下手な絵ですみません…)。

英語のリスニングのポイント「音の理解」

全部を100%聞き取れなくても多少は話の流れから考えることはできますが、やはりある程度は単語レベルで聞き取れないとリスニングは難しいですよね。

また【意味の理解】は、上の音声を聞いたときに下の絵のようなイメージがパッと頭に浮かぶ、という感じですね(相変わらず下手な絵ですみません…)。

これらの「2つの理解」が揃うことで「英語が聞き取れる」ようになるわけですが、「音の理解」は「意味の理解」より先にあり、音から単語が聞き取れないと意味の理解には進めません

つまり、音が聞き取れないと「リスニングの入り口でつまづいてしまう」ことになるわけですね。

そして、発音力を鍛えることが、この「音の理解」の強化につながっていきます。

なお、「意味の理解」は「英語を理解する力」が重要になりますので、読解力を上げる練習が効果的です。

「英語がスラスラ読めないな…」という場合には、受験用の参考書などで読解力を鍛えることをおすすめします。

発音練習と並行して鍛えることで、相乗効果でリスニングが爆発的に上達しますよ。

発音練習で「英語の音が脳に定着」する

発音練習はあなたの頭の中に変化を起こす

では、なぜ「発音力」を鍛えることが、リスニングの上達につながるのか。

それは

大人は「自分で練習」しないと英語の音が脳に定着しない

から。

そして、英語の音が脳に定着しない限り、リスニングをきちんと上達させることはできません。

最初のところで「聞くだけで英語が聞き取れるようになるのは子供だけ」と書きました。

これはパッと聞くと絶望的な表現ではありますが、逆の言い方をすれば「きちんと練習すれば、大人でも英語の音を脳に定着させられる」ということなんですね。

これは本当にその通りで、私は渡米後の4~5年、いくら「聞く練習」をしてもリスニングが上達しないで苦しみました。

でもある時、ネットで見つけた「発音矯正講座」を受けてみたところ、2か月ぐらいで英語が前よりもクリアに聞き取れるようになっていました。

ある時、テキサスの弁護士事務所に仕事で電話をかけたことがありましたが、仕事の用件を伝えるだけでなく雑談もしている自分に気付いて驚いたことがありました。

自分がリスニングに苦しんでいないことに気づいたとき、ビックリしたと同時に、自分のアメリカ生活に明るい光が差したことを覚えています。

ですので、私は「発音力」がリスニング向上の決め手である、と強く強く確信しています。

英語の発音練習は難しい?それは誤解です

人差し指を立てる女性 英語の発音練習が難しい、というのは誤解

このように発音練習にはメリットしかないのですが、英語の発音練習と聞くと「難しそう…」とか「前に挑戦したけど無理だった…」とか感じているかもしれませんね。

その気持ち、私にもよく分かります。

私もかつて、何度も挫折した経験があります。

英語には日本語の倍以上の音(母音が16種類、子音が24種類)ありますから、練習しようにも「どうすればいいの?」という感じになるのも無理はありません。

でも、それは「きちんとした教材で勉強する」ことで解決するんですね。

あなたが英語の発音練習で苦労するのは、見よう見まねの自己流で練習したり、きちんとした教材で学習していないから。

私はアメリカでプロのトレーナーから発音矯正を教わりましたが、きちんと説明を受ければ「え、実はそんなことだったの?」と感じるぐらいシンプルなものでした(もちろん練習は必要です)。

そして「きちんと学んで理解」したうえで練習すれば、2~3か月で英語の発音が身についてきてリスニングが劇的に上達することも経験しています。

リスニング教材おすすめ 上昇矢印

となれば、ここまで読んだあなたがやるべきことはただ一つですよね。それは【正しく練習できる】発音教材で【正しく発音練習をする】ということ。

大切なのは「正しく学んで正しく練習する」ということです。

これがないと、ただ自己流での練習になりますから、かえって良くない結果となる危険性もあるんですね。

「でも、どんな教材を選んだらいいの?」

そんな疑問を持つあなたのために、次にリスニングに役立つ発音教材の選び方を紹介していきます。

実は、「正しく練習する」ためには、発音教材なら何でもよいわけではなく、1点だけ大切な注意点があるので、注意が必要です。

リスニング教材・参考書の【選び方のポイント】と注意点

【注意!】実は発音「だけ」練習してもダメ

発音練習を「正しく練習する」ときの注意点。それは

発音『だけ』練習しても効果は薄くなってしまう」

という点です。

どういうことかというと、「r」や「v」や「th」など「個々の【音】」だけではなく

英語特有のリズムやイントネーション、そして音声変化も同じぐらい大事

ということ。

これは日本の学校などでは教わらない重要な真実なんですが、実は英語は一定のリズムを守るために発音が犠牲になることもあるんですね。

その結果、音がきちんと発音されない「弱音化(適当発音でごまかされる)」という現象が起こり、それがあなたの「聞き取れない」につながってきます。

そのうえ、音があちこちでくっつく現象(リエゾンと言います)も起こりまくるので、スペル(から想像される音)とは違って聞こえ、

「読めば分かるのに…」

ということになってしまうわけなんですね。

誤解のないように言いますが、リズムや音声変化が大切、ということは「発音そのものは大切ではない」ということではありません

それぞれの音(16個の母音と24個の子音)の発音はもちろん大切ですし、練習して身につける必要があります。

でも、それと同じかそれ以上に大切なものがある、という話ですね。

実際の英語は音声変化でこんなに変わる

たとえばこのような音声があった場合、きちんと聞き取れるでしょうか。

「最初の “The plane(その飛行機)” と最後の “technology(技術)” は分かるけど、「途中はグシャグシャっと聞こえる…」と感じるのではないでしょうか。

ひょっとすると「『ステイルバー』テクノロジーってなんだろう…?」と疑問に思ったかもしれませんね。

実はこの音声は、

The plane uses a state-of-art technology.(その飛行機は、ある最先端の技術を使っている)

と言っています。

最先端の飛行機 英語の音声変化で"state-of-art technology" が「ステルバーテクノロジー」となってリスニングが難しい

「ステイルバー」と聞こえたのは「state-of-art(最先端の)だったんですね。文字で書いてみると、難しい単語は使っていません。

難しい単語は使っていないのに聞き取りが難しいのは、日本語とは違うリズムで読まれているうえに、次のような音声変化が起こっているから。

  • plane uses a が隣どうしくっつき「プレーニュージザ」に聞こえる
  • state の最後の t の音が弱くなって変化(弱音化)し、タ行ではなくラ行になる
  • state of art technology が隣どうしくっつき、「ステルバーテクノロジー」に聞こえる(art の t も次の technology に吸収されて消える)

こうやって説明してみると、均等なリズムで1音ずつはっきり発音する日本語よりも、かなり複雑な感じがしますよね。

このような

  • リズムの影響で、途中の音がはっきり発音されない(弱音化)
  • 音がくっついたり抜け落ちたりする(結合・脱落)

といった「音声変化」こそが、あなたが英語を聞き取れない大きな原因です。

発音の中でも、この「音声変化」を攻略することがあなたの英語リスニングを上達させる大切なカギ

繰り返しになりますが、【自分でもできるようになる】ことがリスニング上達の近道、ということですね。

ですので、このような「音声変化」、そしてその元となる「英語のリズム・イントネーション」もしっかり学んで練習することが、リスニングの上達には絶対に欠かせません。

実際に試した【リスニング教材おすすめランキング】

リスニング教材おすすめ

繰り返しになりますが、以上をまとめると次の3点が「リスニング教材の正しい選び方」として重要なポイントになります。

  • リスニングの上達=発音練習
  • きちんと基礎から説明がある
  • 発音だけでなく「音声変化」「リズム・イントネーション」も学んで練習できる

では次に、これらのポイントから私が実際に試した教材を比較したランキングを紹介していきたいと思います。

ここで比較するのは、次の5教材。

  • プライムイングリッシュ(Prime English)
  • ネイティブスピーク(Native Speak)
  • ファイナルイングリッシュ(Final English)
  • The American Accent Course(American Accent)
  • スタディサプリ(Study Supplement)

4番目の American Accent は外国の教材なので馴染みがないと思いますが、その他はどれも英会話学習者に人気の教材です。

それぞれの教材を、最初に挙げた選び方の基準にしたがって表にして比べてみると…

発音重視 説明 リズム・音声変化
プライムイングリッシュ ◎(根本から説明) ◎(超重視)
ネイティブスピーク ◎(根本から説明 〇(一応触れている)
ファイナルイングリッシュ 〇(練習法の説明あり) 〇(一応触れている)
American Accent ◎(根本から説明) ◎(超重視)
スタディサプリ △(根本的な説明なし) △(あまり触れない)

この表を見ると、内容に色々とバラつきが目立ちますね。

では、これらをランキング方式で紹介していきましょう。

1位~3位

1位【プライムイングリッシュ】

2位【The American Accent Course】
American Accent Courseの公式ページ

3位【ネイティブスピーク】


では次に、ランキング外の教材です。

ランキング外の教材

ファイナルイングリッシュ

18歳で単身渡米して苦労した俳優が、自分の経験を活かして作った英語発音教材。

俳優ならではの「非常にユニークなトレーニング法」を通じて、英語の発音をネイティブ並みに改善していきます。

その中には「体育の時間かよ!」と言いたくなるような練習法も…?


スタディサプリ 日常英会話

リクルートが制作した人気英会話教材。

スマホで手軽に練習ができることが大きなポイントですが、発音やリズム・音声変化などについての根本的な説明はなく、説明不足のまま「真似してやってみる」という点が欠点です。

自分の声を吹き込む機能もあるので、他の教材で発音を身につけた人が追加で練習するための「補助(サプリ)教材」としては効果的かもしれません。


上で紹介した教材は全て、私が実際に買って使っていますので、公式ページでは分からない真実の情報もお伝えすることができます。

また、質問などについては私の分かる範囲内でお答えしますので、こちらの問い合わせフォームからご連絡下さい(原則として72時間以内に返答します)。

リスニング上達にイチ推しの教材は【プライムイングリッシュ】

以上のように、英語のリスニングを上達させる教材を紹介していきました。

その中でもイチ推しは、1位の【プライムイングリッシュ】。プライムイングリッシュの特徴をまとめると、以下のようになります。

  • 「リスニング力=発音力」を根本に置き、口を動かして発音する練習を非常に重視
  • 英語の音だけでなく、リズムや音声変化といった「本当に大切なこと」まで踏み込んで学ぶことができる(日本では非常に少ない)
  • 単に「聞いて真似ましょう」ではなく、根本から説明(日本では非常に少ない)と独特の「スロー発音」により「きちんと理解したうえで練習」ができる

このように、プライムイングリッシュは、日本人の弱点であるリスニングに対して理論(リスニング力=発音力)と実践(説明や独自のスロー発音練習)の両面から効果的にアプローチしている【優良教材】。

また、発音の面だけでなく英語をイメージで理解する力も鍛えられますので、相乗効果でリスニングをグングン強化していくことができます。

私が実際に挑戦してみた感想・評価は、こちらの

プライムイングリッシュはリスニングの最終兵器?中身を徹底レビュー

で紹介しています。

良い点ばかりでなく注意すべき点などもしっかり指摘している「ガチレビュー」ですので、参考にどうぞ。

 クリックして 
 ランキングに戻る 

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加