【最強】英語リスニング教材は買うな!その理由とおすすめ上達法

この記事を読む時間:約 7 分

耳を澄ます女性 英語のリスニング教材よりもおすすめな上達のコツ2つ!

こんにちは!

約10年のアメリカ生活で、リスニングに苦しみながらも克服した経験を持つ海外サラリーマン むさしです。

今回は、英語のリスニングに悩む人向けに、「リスニング教材よりおすすめな確実上達法」をお伝えしていきます。

英語のリスニングは、日本人にとって最大の難敵の1つ。

あなたも

「読めば分かるんだけど英語で聞くと全く違う…」

とか

「どうしたら英語が聞き取れるようになるんだろう…」

と悩んでいるのではないでしょうか。

そんな悩みを受け、世の中にある色々な「英語リスニング専用教材」がありますよね。

ざっと調べてみたところでは

  • VOA Learning English
  • ヒアリングマラソン
  • レアジョブのリスニングアプリ
  • スタディサプリ
  • English Centeral

などが人気のようです。

他に、Youtubeや海外ドラマ、TEDなどを教材に挙げている人もいます。

でも実は、私自身がリスニングを克服した経験からすれば、このような教材は「英語が聞き取れないよ~」と悩む人にとっては

あまり意味がない

し、かえって遠回りになる、と私は考えています。

こう言うと「え?なんで?」という疑問が出るかもしれませんね。

そこで今回の記事では、リスニング教材をおすすめしない理由、リスニングの上達に確実・効果的なコツと、

とても大事な注意点について説明していきたいと思います。

英語のリスニング教材が意味のない理由

バツ印をする女性 英語のリスニング教材が意味のない理由

英語の聞き取りは〇〇だけではできない

上で挙げた英語のリスニング教材が意味がない理由。

それは、リスニング教材の多くは

「聞いているだけ」

だから。

実は英語を聞くだけではリスニングはできないんですね。

それは、私たちの脳の仕組に原因があります。

大人には大人の「リスニング上達法」がある

世の中では「英語は慣れれば聞き取れるようになる」と考える人はけっこう多いですよね。

でも実は、これができるのは脳が発達段階にある子供(12才ぐらいまでと言われています)だけ

この段階にある子供は特殊な能力(本能)を持っていて、聞くことで言葉を理解できるようになっていきます。

この時期のことを言語獲得の臨界期と呼びますが、これは脳が育ってしまった大人は無くしてしまった能力、つまり「無理な芸当」なんですね。

ですので、大人には大人に合ったリスニングの上達方法が必要になるわけです。

では、その方法とは?

それを次に詳しく説明してきます。

【最強におすすめ】な英語の聞き取り強化のコツ

笑顔と上向き矢印 英語のリスニング上達のコツ

英語のリスニングを確実に伸ばす2つの方法

これはちょっと驚く話かもしれませんが、確実・効果的に英語の聞き取りを伸ばすには、聞くことではなく

  • 正しい発音練習
  • 読解力の向上

が効果的です。

私も、長いことリスニングに(も)苦しめられたのですが、このような練習、特に発音練習にはとても助けられました。

ですので、「これが確実である」と自信をもっておすすめできます

その理由を、ここで説明していきたいと思います。

英語の聞き取りには2つの側面がある

実は「英語を聞く」ということは、次の2つのことから成り立っています。

  • 英語の「音」の理解
  • 英語の「意味」の理解

「音」として聞き取った英語の「意味」を理解する。

それが「英語を聞き取る」ということですよね。

ですので、英語のリスニングを上達させるには、これらの両方をそれぞれ伸ばす練習が必要になってくるわけです。

英語の「音」の理解の鍛え方

「読めば分かるのに…」となってしまう原因

まずは英語の音を聞き分ける「音」の理解

英語の15種類の母音発音24種類の子音発音といった、日本語にはない音や、英語特有の「音の変化」を聞き分ける必要があります。

例えば下のように相手に話してきたとします。

その時、下の絵のようにそれぞれの発音が聞き取れる、というのが「音の理解」です(下手な絵ですみません…)。

英語のリスニングのポイント「音の理解」

ここでの「saw」「ソー」に聞こえます(実際には日本語より大きく口を開けます)が、

日本人からすると「so(それほど、そんなに)」といった他の単語も、同じように「ソー」に聞こえてしまいますよね(so は「ソゥ」という二重母音ですが)。

【saw】の発音

【so】の発音

また、「dog」「ダッ(アとオの中間の音)」と聞こえることがあり、日本語の「ドッグ」というしっかりした発音とは違ってきます。

【dog】の発音

ここの聞き取りは日本人が苦手とするところで、私もそうでしたが

「読めば分かるんだけど…」

という状態になりがちですよね。

その原因は「頭の中に英語の音を処理する神経回路ができていない」こと。

ですので、その神経回路を脳に作れば解決です。

でも、どうやって?

それを、次に説明していきたいと思います。

頭に「英語の音を処理する神経回路」を作る方法

頭の中に英語の音を処理する神経回路を作るには、「自分で発音できるようになる」こと、つまり発音練習が確実かつ効率的な方法です。

言ってみれば、「相手のマネをすることで、相手の手の内を知る」という感じですね。

発音練習というと「難しそう」と思うかもしれませんが、やり方を学んだうえで練習すれば

「え、実はこんな単純なの?」とビックリするぐらいシンプルだったりします(練習は必要ですが)。

私の経験から言えば、2~3か月ぐらいで身についてくるはずです。

ですので、あなたが英語のリスニングで悩んでいる、特に

「読めば分かるのに聞き取れない…」

という悩みを持っているときは、発音練習が悩みを打ち破るカギと思って、発音に取り組んでみることをおすすめします。

英語の「意味」の理解の鍛え方

タブレットで英語を読む女性

聞き取れても理解できないと「ただの音」

音の理解によって英語を聞き分けられても、言葉の意味が分からないと「ただの音」で終わってしまいますよね。

そこで2つ目のポイントとして英語の「意味」を理解する力が必要になります。

もう少し具体的に言えば、先ほどの例のように

“I saw a dog running in the park yesterday.”

と言われたときに、英語の語順のまま

  1. I saw(私は見た)
  2. a dog(犬)
  3. running in the park(公園の中を走ってる状態)
  4. yesterday.(昨日)

とパッと理解できる、という状態ですね。

英語を「パッと理解する」には

このような「英語をパッと理解する」力をつけるには「読解力」、特に

「英語をイメージで理解する」

力をつけることが効果的です。

上の例で言えば、下の絵のようなイメージが頭に浮かぶ、という感じですね。

私の経験から言えば、このような力をつけるには英語の「勉強」よりも

  • 話の流れがある英文(小説など)に入り込んで音読
  • 自分の手や口を動かして英作文をし自力で英文を作る練習

などが効果的です。

特に、私は音読によって英語の感覚が身につき「英語が英語のままスッと理解できる」ようになりましたので、

発音練習と音読をセットでおすすめしたいですね。

以上、英語のリスニングを確実に上達させる2つの必殺練習法を紹介してきました。

でも実は、先に書いたように発音練習については1点とても大事な注意点がありますので、次にそちらを紹介していきます。

注意!実は発音「だけ」練習してもダメ

驚く女性 英語の発音は「発音」だけではない

発音練習でリスニングを鍛えるときの注意点。それは

発音『だけ』練習しても効果は薄くなってしまう」

という点です。

どういうことかというと

英語特有のリズムやイントネーション、そして音声変化も同じぐらい大事

ということ。

それらも含めて「言語」なわけで、英語の場合にも「r」や「v」や「th」など「個々の【音】」の他に、

こういった「英語らしい話し方」も知っておかないと、実際の英会話の聞き取りでは対応できなくなってしまいます

英会話ではリズムが非常に大切

英語は発音よりリズム

これは日本の学校などでは教わらない重要な真実なんですが、実は英語は

「リズムは発音と同じぐらい大切」

な言語で、一定のリズムを守るために発音が犠牲になることもあるんですね。

その結果「きちんと発音されない音がある」、というか「ほとんどの音ははっきり発音されない」ことになり、

それがあなたの「聞き取れない」につながってきます。

そのうえ、音があちこちでくっついている(リエゾンと言います)ので、全く元の英語と違って聞こえ、

「読めば分かるのに…」

ということになってしまうわけですね。

実際の英語発音はこんなに変わる

例えば、次のように話された場合にしっかり聞き取れるでしょうか。

この音声は典型的な(アメリカ)英語の発音で、

ダトレイライブダタステイショニナマウンテンと、ところどころが強く、その他の部分はゴチャッとよく聞き取れない発音になってます。

実はこれ

The train arrived at a station in a mountain.

と言っているんですね。

このように、実際に英語を話す場合には、文字(からイメージする音)と実際の音は大きく違ってきてしまいます。

これが、英語のリスニングのカギとなる「音声変化」です。

英語リスニングのカギ「音声変化」

英語の音声は変わりまくり

音声変化とは、英語特有の「音の変化」のこと。

具体的に言えば、強く読まれる部分(上で大文字で書いた音)以外の部分(リズムの谷)は弱い適当発音になり、よく聞き取れません。

しかもこの「適当発音」は、1つの文の7割~8割にもなるんですね。

そのうえ、

  • train arrived at a(トレイライブダタ
  • station in a (ステイショニナ

といった「音のつながり(リエゾン)」も起こっています。

“It’s an apple”「イッツァナポー」になる、あれですね。

このように、

  • 音がはっきり発音されない(弱音化)
  • くっついたり抜け落ちたりする(結合・脱落)

といった「音声変化」が英語が聞き取れない大きな原因です。

この「音声変化」を攻略することが、あなたの英語リスニングを上達させるカギとなり、

音声変化を身につけるには、「正しい英語のリズム」の理解が絶対に欠かせません。

英語のリズムや音声変化を学ぶのは難しい?

そこでおすすめしたいのは、「きちんとした教材」できちんと学ぶということ。

知ってしまえば「思ったほど複雑ではない」ことなのですが、自己流の見よう見まねではかなり大変、というか無理です。

リズムや音声変化を学んで練習することは、パッと見は手間はかかるように見えますが実はずっと近道ですので、

しっかりと学んでみることを強くおすすめします。

でもちょっと、あなたを不安にさせるようなことを言いますと、一般に手に入る発音教材や英語学校などでは、

英語のリズムや音声変化などはほとんど学べないのが実情です。

なぜかというと、教える側がきちんと知らないから。

実は英語の発音というのは、単に「ネイティブスピーカーだから」教えられるというわけではなく、

専門的なトレーニングを受けた人でないと正しく教えられない領域なんですね。

特にリズムや音声変化については、彼ら・彼女ら自身も「正しく教わる」ということがほとんどありません。

「じゃあ、一体どんな教材を選んだらいいの?」

「変な教材を選んで失敗したくないなあ…」

そんな疑問や不安を持つあなたのために、私が自分で試したおすすめ教材を、こちらの 

【最新版】リスニングに効くおすすめ発音教材ランキング

で紹介しています。

ここで紹介している教材は、全て私が実際に手に入れて内容を確認していますので、

おすすめの点だけでなく良くない点・注意点までバッチリレビュー済み。

ぜひ参考にしてみて下さいね。