《当ブログは【じゃまなクリック広告ゼロ】ブログです》
 

賛否両論!7+English(七田式)の口コミ評判は信用できない説も?

この記事を読む時間: 7

七田式教育を応用した暗記系英会話教材 7+ english

こんにちは!「英会話教材バスターズ」管理人、むさしです。

「世界の七田式」を発展させ応用した、という触れ込みの【7+ English】という教材が、楽天などで1位や2位を争う評判のようですね。

でも、購入者の口コミや評判を調べてみると、「う~ん、微妙…」と思ってしまうのも事実。

特に「レビューを信用するな」という口コミもあったりして、「え、信用できないの!?」とビックリしてしまったこともあります。

この記事を読んでいるあなたもビックリしたかもしれませんが、この記事ではそんな【7+English(七田式)】の口コミについてまとめたうえで、私の考えをお伝えしていきます。

楽天で7+ English(七田式)の口コミ評判を調べると

レビューの数は1700件以上

楽天で人気の【7+ English(七田式)】。そのレビューは1700件を超えています(下の赤い囲み)。

楽天での7+English(七田式)の口コミ評判は1700件以上

レビューを書いている人だけで1700人以上ということは、けっこう売れているというでもありますよね。

そしてレビューの内訳を見てみると、こんな星になっています。

7+English(七田式)の口コミ評判の星分布 平均は4.2

星5つと4つが多い印象ですが、星1つや2つというのもそれなりにありますね。

ちなみに投稿者は、男性は40代と50代、女性は30代と40代が多かったです。

「参考になった」順にしてみると…

私はAmazonや楽天でレビューを見るときに、よく「参考になった」順にしてみることがある(というか確実にやる)んですが、そうすると面白いことが起こりました。

なんと、星1つのレビューがズラッと並んだんですね。上位10件中8件が星1つでした。

その内容(一部抜粋、改行・強調を適宜追加)を見てみると…

レビュー評価を信じてはいけないです。レビューキャンペーンをしっかり読んでいなかったのも悪いですが、こういうレビューを書いた人は5人に1人5000円のクオカードがもらえますって。

例文の紹介まである・・・そりゃ5000円欲しいからそちらの都合いいように書きますよ。

レビューに釣られて購入致しましたが、商品を開封した途端に騙されたことに気が付きました。

「レビューを書いて応募すれば、1000円。更に良いレビューを書けば5人に1人5000円のクオカードをプレゼントする」というチラシが同封されていました。ご丁寧に、どんなレビューを書いた方が、5000円に当選したかというレビューの見本付きで。

これではお金でレビューを買っているのと同じです。

なかなか上手な宣伝をされているので、5人に1人プレゼント(ほんとうかな?)という5千円分のクオカード目当て(もちろんハズレです)にゴマすりのレビューを最初に書いてしまいました

といった感じで「クオカード目当てでいいレビューを書いている」という指摘(や告白)が。

確かに、それだと「レビューを信用するな」という意見も理解できますね。

ちなみに星5つのレビューは

海外へはビジネスで年4から5回位行ってますが、行くたびに上達出来ればと楽しみです。

そのうち通訳さんも雇わなくてよくなればいいなと思ったりしています。

今までたくさんの英語教材を購入して、最後のほうまでやったのもありますが、理解できる程度で、英語が身につくまでにはいきませんでした。とっさに出てくるのは単語だけ。この教材は、身につく事に重点を置いているのが、ちょっと違うと思います。

まだ始めたばかりですが、頑張ってみようと思います。

移動時間を使って毎日コツコツ、年内でどれくらい変わるものか、チャレンジしようと思っています。

すぐに届いて、早速聞いています。

といった「これから取り組みます」というものが多く、「使ったらこうなりました」的なものは少ない感じがしますね(あるにはありますが)。

やはり皆さん、「届いてすぐ」レビューを書いているんでしょうかね…。

内容についてはこんなレビューも

さらに、上の「参考になった」レビューでは、内容についてこんなレビューも見られます。

私には覚えた内容を話す場面が理解できない内容が多々ありました。

例えば・・・

「私をここから出してください。」→どこにいる想定ですか?

「非有機生産物を食べないように気をつけて。」→非有機生産物ってなんですか?

「初めての人と会うなんて簡単です。」→これは日本語としてもどうなんですか?

「犬を洗うことは可能ですか。」→可能だと思いますけど、英語で誰に聞くのですか?

「あの騒がしい犬をどうするつもりですか。」→どのような時に話すのでしょうか?

覚えて良かったと思える実用的な英会話が身につくのかとても不安になってきました。

内容は。。。

ペットを飼った方がいいと思いますよ

結婚する事を考えた方がいいと思いますよ

あなたの体重を量らせて下さい

あなたのウエストを計らせて下さい

あなたの給料を教えていただけませんか?

うるせーばか!って言いたくなる内容で本気でこれいつ使える?

購入して大失敗でした!!!

という「これって、いつ使うの?」という疑問や

返品も考えましたが、商品が悪い物とは限らないと気を取り直し、勉強してみることにしましたが、600フレーズを覚えた現在も英会話ができる状態にはなっていません。

600フレーズのほとんどが、疑問形や質問形で、それを全て覚えても、会話が成り立つはずがないと当たり前の事に気が付きました。

という「根本的に会話に結び付かない」という意見も見られました。

それにしても「うるせーばか!」という言葉、感情がとてもよく表れてますよね。

私の「7+ English(七田式)」の感想・評価

首をかしげる女性

このような賛否両論のある【7+ English(七田式)】ですが、私は「パターンを覚えても使いこなせない」という結果になりがちな教材だと感じました。

それは「暗記」に重点を置いて、大人の英会話学習に必要な「説明と理解」が足りない可能性があるからです。

理解するための説明が無いと表現を使いこなせない

教材内容の詳細は未確認なのですが、他の使用者の人の口コミでは覚えるフレーズが列記された「フレーズ集」のようなもので、例文でつかわれている表現の説明は少ない印象を受けました。

また、これは憶測ですが、文法的な解説などで「理解させる」説明も不足しているのでは、とも思います。

例えば、この教材で紹介されているパターン(下の図)の中に “That’s what ~”“That’s why ~” という表現が別々のものとして挙げられているのですが、

実はこれらは文法的には根が一緒なんですよね。

7-plus english 表現リスト一覧

これらは「(疑問詞ではなく)関係副詞の what や why」ですが、関係副詞について理解ができれば

  • 物事の場合は what
  • 理由の場合は why
  • 場所の場合は where
  • 時の場合は when

などと使い回しができるわけで、いちいち別のパターンとして覚えなくてもいいんですよね。

そのように「理解すること」が大人の英語学習には必要なのですが、それを無視して「フレーズ暗記」をしても効果は薄くなってしまいます。

このような点からも、この教材は英語の基礎力の無い人には効果の薄い教材では、と感じましたね。

表現パターンを身につけることは有効だが…

英語表現の本当の使い方

私は「英会話フレーズ丸暗記」には反対ですが、「英語でこう言いたい!」というための表現パターンを自分の中に持っておく、ということは有効だと考えています。

言ってみれば「英会話の部品」「表現の枠組」を取り揃えておく、ということですね。

例えば、相手が言ったことに対して「それ、よさそうだね」という意味の

It sounds great.(主語の It は省略可能)

という表現があるのですが、この「Sounds ~」という言い方は、後ろに形容詞を置くことで、何かが「~に聞こえる」という表現の形(枠組)です。

ここでは「よさそう」でしたが、「興味深いね」とか「ひどそうだね」と言いたければ

Sounds interesting.(interesting = 興味深い)

とか

Sounds terrible.(terrible = ひどい状態)

とか、後ろの形容詞を変えることで使い回せるわけですね。

さらに、見た目のこと言いたければ「Sounds(~に聞こえる)」じゃなくて「Looks(~に見える)」を使えば、表現を変えて生み出していくことができます。

「理解と定着」が英会話上達の王道

これは非常に大切な話なのですが、実はフレーズ丸暗記なんてムダなことをするのではなく、このような「表現の枠組の理解と定着」こそが英会話上達の正しい道すじなんですね。

これを無視して丸暗記に走ると、覚えたこと以外は言えない「発展性のない」状態になってしまいます。

また丸暗記などではなく、ストーリー性のあるもので学んでいくことで、情景や感情などとセットになって頭に入るので定着の効果をとても高めることができます。

ですので、話の流れのある題材で表現を定着させ、枠組を理解したうえで使ってみる練習、という方法が最強になるわけですね。

決して丸暗記だけで英会話が身につく、というものではありません。

しかし公式ページの内容や他の人の口コミなどを参考にすると、【7+English】は私が反対している「フレーズを丸暗記する」ことが教材の内容のように見受けられます。

ですので、フレーズを覚えても「そのフレーズ以外のことは言えない」という結果になる可能性が高いかもしれませんね。

大人の英会話学習に必要なこと

英語で話す2人の女性

楽に英語が話せるようになりたい!と思っていると、どうしても「フレーズを覚えるだけ!」というキャッチフレーズに飛びつきがちになってしまいますよね。

でも繰り返しになりますが、大人の場合には理解して練習するというプロセスがないと、しっかり自分の中に染み込んでこないので、表現パターンを自分のものにはできません。

結局のところ英会話というのは英作文の連続。

どうしてそうなるのか、どう使うのか、を理解しないと、単なる「音の暗記」で終わってしまい使うことができなくなってしまうんですね。

そのように「きちんと理解して応用する」力をつけるには、プライムイングリッシュのような「きちんとした説明でリスニングもスピーキングもしっかり練習できる」教材で、理解したうえで実際に自分の口を動かして練習する方が効果的です。

実際に使用した感想などは挫折してきた人でも6ヶ月で聞けて話せる?プライムイングリッシュをレビュー&評価で徹底的に掘り下げて紹介していますが、

こちらは「暗記に頼らない定着」によってリアルな英語表現を染み込ませ、さらに説明や応用練習で使えるようにしていく、という大人の上達法に沿った英会話教材

私は普段から丸暗記では英語は話せないと考えていますので、特に「暗記系教材」で挫折してきた人には、このような「大人のための正しい英会話学習」を考えた教材がおすすめですね。

トップへ戻る