挫折してきた人でも6ヶ月で聞けて話せる?プライムイングリッシュをレビュー&評価

こんにちは!英会話教材バスターズ管理人、「海外サラリーマン むさし」です。

あなたは、いくら英会話を勉強しても話せない・聞き取れないコンプレックスを育てていませんか?

会社帰りに通っている英会話学校や、子供が寝付いた後で受けているオンラインレッスンで

「あー…アイ、えー、アイアム…うーんと…」

と、英語ではなく汗ばかり出てくる状態になって落ち込んでいませんか?

読めば分かる英語なのに「全然聞き取れない…」とショックを受けていませんか?

私にも経験がありますが、「努力しているのに話せない・聞き取れない」というのは、

努力している分だけ落ち込みも大きいものですよね。

プライムイングリッシュは、そんなあなたの「努力してるのに話せない・聞き取れない」という悩みに立ち向かう英会話教材です。

【プライムイングリッシュ】

制作:株式会社 ICE、サマー・レイン

プライムイングリッシュのレビュー:英会話に挫折した人も6ヶ月で聞けて話せるようになる?

このような悩みの原因は「英語脳」ができていないことにあるのですが、もっと根本の原因は

  • 英語の「知識」と「発音」がつながっていない
  • 英会話表現が「感覚レベル」に染み込んでいない

という点にあるんですね。

プライムイングリッシュは、この根本的な原因を独特なトレーニングで退治していく教材です。

この教材のトレーニング法は、日本では他に見ることがないほど独特なもの。

その詳しい内容について、独自の視点からの詳細レビューや実際に使ってみたことで分かった注意点と合わせて、ガッツリ掘り下げて紹介していきます。

プライムイングリッシュの内容

内容物:CD 12枚、導入テキスト1冊、教材テキスト6冊(その他に特典動画など)

制作者・教材の概要

プライムイングリッシュは、大手出版社「インプレス」の子会社である「株式会社 ICE」と

「笑っていいとも!」などの人気番組にも出演経験のある実力派アメリカ人講師「サマー・レイン」さんが制作。

他の英会話教材と違い、シェアハウスに暮らす人々の日常を通じてリアルな英会話を身につけるユニークな教材です。

12枚のCDに約200個の練習音声があり、1つのテーマを複数のステップに分けてじっくりと練習できます。

プライムイングリッシュの「3つの特徴」

プライムイングリッシュは「受身ではなく自分で口に出す練習」を重視している、ある意味スパルタな教材ですが、

そこには3つの大きな特徴が見られます。

それは

  1. 「聞く力」は「話す力」の裏返しとの考えから、「話す練習」によって「リスニング力」も鍛えていく
  2. 引き込まれるストーリーにより、暗記ではなく楽しんでリアルな英会話を身につける
  3. ただ単に練習するのではなく、説明によって「理解」して練習する

という3つ。

特に1番目の「聞く力は話す力の裏返し」という点は、プライムイングリッシュを貫く基本的な考え方になっており、

練習は「自分で話す力」をつける内容が中心となっています。

プライムイングリッシュは「音声変化」をみっちり練習

人差し指を立てる女性 プライムイングリッシュでは音声変化をみっちり練習できる

プライムイングリッシュは、上で挙げた「聞く力は話す力の裏返し」、つまり、

リスニングは自分で話せるようになると聞き取れる

という信念に基づき、発音練習、特にネイティブ独特の発音ルールである「音声変化」をみっちりと練習できる教材となっています。

この点が「聞いて慣れましょう」的な他の教材と、大きく違っている点ですね。

プライムイングリッシュでは、実際の英語にありがちな

「エツァナポー(It’s an apple )」

「ヤワナゲロン?(You want to get on?)」

といった「ネイティブの発音」にも対応できるように練習ができます。

発音(音声変化)の練習を中心とした勉強法

プライムイングリッシュは、リスニングとスピーキングをそれぞれ

  • サンドイッチ練習法
  • 3ステップ練習法

という方法で学習していきます。

公式ページでも簡単に触れられていますが、詳しい内容やポイントは「導入テキスト」で説明されています。

「ゆっくり発音」がプライムイングリッシュの中心

リスニングで使われるサンドイッチ練習法は、「ゆっくり発音練習」を間に挟んだ3ステップに分けて練習を行います。

この「ゆっくり発音」がプライムイングリッシュの中心となる部分。

テキストや解説動画による説明が実際にどのように発音されているか、しっかりと理解することができます。

そして、理解したうえでゆっくり練習するため、音声変化をしっかりと身につけることができるわけですね。

発音練習にあたっては、上の写真のような「発音入りスクリプト」を使って練習をしていきます。

これを見ると分かるように、テキストでは発音がカタカナで書き込まれています。

カタカナと言っても「近い音」で書いていますから、「wonderful」が「ワンダフル」になるような「日本語発音」にはなりません

それどころか、「right」の発音が「ライト」ではなく「ゥラィ」なっているなど、

そのまま使える本格的な発音になっているんですね。

また、後で紹介する「特典動画テキスト」では、ネイティブ発音の根本ルールや日本人の苦手な音について、動画で分かりやすく説明されています。

「なりきり練習」でフレーズを定着

それに対して、スピーキングの3ステップ練習法は、セリフごとの練習を2通りした後に、

1人の人になりきって話す「なりきり練習」をする方法です。

ここでのポイントは最後の「なりきり練習」です。

引き込まれるストーリーに入り込んで練習することで、リアルな表現が「場面や情景とセットになって」染み込んでくるわけですね。

また、先にリスニングのパートで「音声変化」を学びますので、スピーキングでも発音に注意して練習することができます。

テキストでは「1週間1skit」を練習

プライムイングリッシュには24話のエピソード(skitと呼びます)が入っていますが、

テキストでは上の画像のように「1週間で1skitを学習」という予定になっています。

そのスケジュールでいけば24週間、約6ヶ月で全体が学習できる計算になりますね。

さらに導入テキストでは、下のような「1週間の練習スケジュール」まで載せてくれています。

これを見ると、毎日1ステップずつ、という感じになっているのが分かりますね。

個人的にはもう少しメリハリをつけたスケジュールでもいいかな、と思いますが、そちらは詳細レビューのところで紹介します。

なお、1つの音声トラックはだいたい5分前後、長くても10分以下。

ですので、数回繰り返して練習しても練習の各ステップは30分ほどになります。

英会話教材っぽくない「引き込まれる」ストーリーでリアルな会話表現を学ぶ

最初に紹介したように、プライムイングリッシュは普通の英会話教材のような「ブツ切り」の会話の寄せ集めではなく、

シェアハウスを舞台とした物語となっているユニークな教材。

その場限りの「John」や「Emily」などではない、個性と感情を持った登場人物の日常を通してリアルな会話表現を学んでいきますので

空港やレストランなどでしか使えないものではない、本当に普段の英会話に出てくる表現を学ぶことができます。

いくつか例を挙げれば、こんな感じの表現ですね。

  • I’m (not) really into ~ ~はとても好きだ、はまっている(notの場合:あまり好きではない)
  • I could really use ~ ~があればいいのになあ
  • I feel like ~ing ~したい気分です
  • Be/Go off to ~ ~へ出かける
  • Get pissed off (about ~)  (~について)怒る、むかつく

最後の表現はちょっと下品な単語が入っているので、使う場面に注意が必要ですが、

どれも「教科書には載っていないけれど普通に使われる表現」ばかり。

プライムイングリッシュでは、そのような表現がたっぷりと盛り込まれています。

練習をサポートする特典テキスト(発音・フレーズ解説)

正しい発音をサポートする特典動画テキスト

プライムイングリッシュ特典教材

この教材には、学習者が専用のサイトからアクセスできる動画や音声などの特典教材が用意され、

あなたの学習と練習をサポートしてくれます。

なかでも「発音王」サマー先生の発音解説動画は、他の英会話教材などと比べものにならないレベルの内容。

特に動画シリーズ2回目の動画は、ネイティブ発音の土台である「リズム」を、その根本まで掘り下げて説明している必見動画です。

また、日本人には難しい「R」と「L」をはじめ、日本人の弱点となる発音ついての動画も用意されており、

テキストのカタカナ表記を正しい発音に変えて練習する手助けをしてくれます。

フレーズ丸暗記から脱出するためのフレーズ応用テキスト

また厳選フレーズテキストでは、教材テキストでは解説されていなかった重要フレーズについても解説

練習用の追加音声や、フレーズを自分で使いまわすための応用例も紹介されています。

こちらの応用テキストでは、重要な表現について次のような形で「表現の骨組み」と応用例を見ることができます。

  • Let me +(動詞) 私に~させて、私が~しますよ
    (例)Let me carry something(私が何か持つよ).
  • Looks +(形容詞)/ Looks like +(名詞) ~のように見える
    (例)That dress looks great on you.(そのドレス、あなたが着るとグレートに見えるね)
  • Come up with +(名詞) (考えなどを)思いつく、考え着く
    (例)I want to come up with a unique name for my baby.(赤ちゃんためにユニークな名前を考えつきたい)

例文の太字が( )に対応する部分ですが、その部分をルール(品詞)に従って入れ替えることで、

フレーズ丸暗記ではなくフレーズを使い回す練習をすることができます。

返金保証・送料について

開けた後でも返金保証つき

プライムイングリッシュには、到着してから14日間の返金保証期間が設けられています(開封後もOK)。

ですので、万が一自分に合わないな、という場合には、開封後でも返金を請求することが可能できます。

返金の請求はメールで連絡し、返信に従って配送するだけ。

一部の教材のように「平日の営業時間中に電話」などという面倒はないのでシンプルですね。

日本国内は送料無料

プライムイングリッシュは、残念なことに海外発送には対応していないのですが、

日本国内であれば送料無料で配送してくれます。

以上、公式ページには書いていない情報も含めて、プライムイングリッシュの内容を紹介しました。

続いては、私自身の詳細レビューです。

プライムイングリッシュの詳細レビュー・評価

私自身のプライムイングリッシュの評価・感想は

ここでは、プライムイングリッシュを独自の5つの視点から評価していきます。

チェック1:あなた練習に対するサポートは?

【4.8点/5点満点】

まずは、あなたの練習をしっかりサポートするか、という点。

練習の重視、取り組みやすさ、説明などですね。

プライムイングリッシュは「しっかり練習」を重視した教材

プライムイングリッシュは「受身ではない」ことをポイントとする教材で「しっかりとした練習が大事」と言い切っています。

そのため、テキストでは何種類もの練習用音声、特典では応用練習教材を用意。

あなたにしっかり練習させる教材となっています。

個人的には、導入テキストに書いてあった練習スケジュールではなく、メリハリをつけた練がいいかな、と思います。

例えば、教材内容のところで紹介したように「1日1ステップ」ではなく、

「ゆっくり発音練習(トラック3)」と「なりきり練習(トラック7・8)」を2日ずつに増やす

という感じの練習がおすすめですね。

この2つがプライムイングリッシュの心臓部ですから、そこを集中的に行うとより効果的となります。

プライムイングリッシュは難しすぎず取り組みやすい教材

使われている英語は中学校レベル

プライムイングリッシュで使われている英語は、日常生活の会話ですので難しい単語や表現は出てきません。

ニュースなどを題材とした教材だと、出てくる単語が難しくて挫折する可能性も高くなりがちですよね。

でもプライムイングリッシュの場合には、ほとんどが中学生レベルで済んでしまいます。

その点から、プライムイングリッシュは非常に取り組みやすい教材と言えます。

ただし基礎レベル(中学1~2年)の英語力は必要

これは1つ注意が必要な点なのですが、この教材では「発音の仕方」や「フレーズの使い方」の説明は多い一方、

中学校の教科書レベルの内容(基本単語、基本文法)などは説明されていません。

ですので、基礎レベル(中学1~2年程度)の英語力は必要になります

ただ、開封後でも返品が可能ですから、「自分には合わないな」と思ったらサクッと返品してしまうのも一つの手ですね。

プライムイングリッシュはきちんとした説明がある教材

先生と生徒 プライムイングリッシュは説明が豊富な教材

きちんとした説明というのは、大人の英会話学習には欠かせないポイント

この点も、私が英会話教材を評価するときに重視する点です。

世の中には、説明のない「フレーズの寄せ集め」「聞くだけ」という英会話教材も多いですが、

説明なしでは「ただなんとなく練習」という意味のない練習になってしまいます。

その点、プライムイングリッシュは全体を通して、次のような「きちんとした説明」が用意されています。

  • 「導入テキスト」の中で、練習のポイントを説明しており、「何を」「どのように」練習すればいいのか分かる
  • 教材や特典では使われている英語表現の骨組み、そしてどう使い回していくのかという応用も説明。
  • 特典動画では、英語の発音を根本まで掘り下げて説明

このような説明によって、「ただなんとなく練習」というムダを防ぎ、効果的に練習していくことができます。

チェック2:発音への取り組みは?

【4.8点/5点満点】

次は、発音への取り組みを評価してきます。

プライムイングリッシュは発音を練習の土台としてとらえおり、「正しい努力の本質」をきちんと理解している教材です。

この点が、私がプライムイングリッシュを最も評価している点ですね。

なぜ発音練習が重要なのか、その理由を次に紹介してきたいと思います。

発音練習は英会話習得に効果的

日本ではここまで発音練習を重視している教材はあまり(というか全く)見られませんが、

英会話の習得に発音練習は非常に効果的

です。

それは、きちんと発音練習をすることによって

  • 英語の音を理解する神経回路が脳に作られる
  • 持っている知識が頭の中で正しい音に結び付く

という効果があるからなんですね。

特に重要な点は2番目の「知識と音がつながる」という点。

頭の中で英語の知識と音が結び付いていくと、英語を話すことだけでなく聞くことも大きく変わります。

具体的には、聞いた音から単語が思い浮かび、英語を「音で理解」できるようになっていきます。

発音練習は英語脳への近道

発音練習は英語脳への近道

英語が音で理解できるようになると、今までの

「読めば分かるんだけど…」

という状態から

「聞いて分かる!」

という状態に変わっていくことができます。

また、耳だけでなく口も英語モードになりますので、思ったことがスムーズに口から英語で出てくるようにもなり、

「英語脳」に近づいていくことができるわけですね。

この「発音練習を重視」という点が、日本で出ている多くの英会話教材と比べ、私が大いに賛成しているポイント。

これは大切な話なので強調しておきたいのですが、発音練習は英語脳への近道です。

プライムイングリッシュはネイティブ発音ルールを「基礎から説明」

しかも、プライムイングリッシュが他の教材と大きく違うのは「基礎からきちんとした説明がある」という点。

特に解説動画では、「発音の土台」であるリズム、そしてリズムの根本の「ストレス(強弱ルール)」まで掘り下げて説明されています。

普通は「英語の発音って難しい…」と思いがちですが、それはきちんと説明されていないからなんですね。

プライムイングリッシュにはこのような発音の説明もしっかりありますので、きちんと発音を学んで練習すれば

2カ月程度で変化が感じられるようになります。

欲を言えば、リズムのもとである「強く読む場所(ストレス・アクセント)」の位置がテキストに書いてあると、もっとよかったですね。

この点については、音声から聞き取りながら、自分でテキストに書き込んでみることをおすすめします。

チェック3:リスニングへの効果は?

【5点/5点満点】

発音のところでほとんど語り尽くしてしまったので繰り返しになりますが、

リスニングには発音練習が効果絶大

です。

そして、プライムイングリッシュでは「ネイティブ発音の根本」からの説明をもとに練習することで、きちんとしたリスニング力が身についていきます。

ただ、教材の音声はかなり「リアルな英語」なので、最初に聞いたときは

「これ、大丈夫かな…」

と不安になるかもしれませんね。

でも、相手の手の内を知って自分もできるようになると、リズムに乗ってリスニングはグングン伸びていくので、心配は無用です。

チェック4:自分で話せる応用力はつく?

【5点/5点満点】

4番目は、自由に話すための応用力についての評価です。

英会話表現の使い回しの説明や練習も

プライムイングリッシュは、基本的には英会話表現を感覚レベルに染み込ませる教材

でもそれだけでなく、使い回し方の説明や使い回すための応用練習が用意されています。

そのことによって、身についたフレーズを形を変えて練習して自分のものにしていくことができます。

特に、他の教材のように「これはこういう意味です」「こういうときはこう言います」という説明だけではなく、

  • この表現は文法的にこういう形になっている
  • なので、ここをこう変えることで使い回すことができる

という、本当に使い回すための説明がされている点が、高く評価できるポイントとなります。

個人的には、身につけたフレーズを使って自分に英語で話しかけてみる「口頭英作文」をすると、

もっと効果的に英語が話せるようになるので、この教材とあわせておすすめですね。

丸暗記などのお手軽ニーズには合わないかも

半面、「丸暗記して旅行ですぐ使う」といったお手軽ニーズには向かないかもしれません。

一応、バーでの会話のシーンもあるにはありますが、バーテンダーさんに

「チップを期待するなよ」

とか言ってますし、実際に使ったら大変なことになりますよね(笑)。

たしかに、プライムイングリッシュはそのような「お手軽教材」ではないのは事実です。

それは事実ですが、その分じっくりと取り組むことで「付け焼刃ではない本物の英会話力」がつく内容となっています。

なので、この点については減点の対象にはしていません。

チェック5:その他

【4.5点/5点満点】

開封後もOKの返金保証付き

教材の紹介にも書いたとおり、プライムイングリッシュには開封後も14日間の返金保証が付いています。

14日間あれば、テキスト全体をザっとみて内容やレベルをチェックしたり、最初の方のスキットをいくつか試してみるには十分な時間ですよね。

これは「買ったけど合わなかった」ということを防ぐ、大きな安心になります。

海外配送は未対応だが国内は送料無料

なお、国内であれば関係ないのですが、プライムイングリッシュは海外発送には対応していません

私の場合には、実家に配送してもらい姉に頼んで送ってもらいました。

その点がちょっと面倒で、残念といえば残念でしたね。

ただし、国内の場合には送料無料、コンビニや郵便局で到着後の後払いも可能です

プライムイングリッシュの良い点と注意点

ここまで紹介してきたプライムイングリッシュですが、注意点は次の通りです。

  • 聞き流しではなく、自分の能動的な参加が必要。受け身な人には向かない
  • 基本的な単語や文法は説明されていないので、基礎レベル(中学1~2年程度)の英語力は必要
  • 丸暗記して旅行や出張ですぐに使いたい、というお手軽ニーズには合わない

ですので、次のような人にはおすすめできません。

  • 受身の姿勢で英会話を身につけたい人
  • 英語力が非常に低い人、中学レベルの英語でも苦労する人
  • 英会話=フレーズ丸暗記だと考えている人

上とは逆に、良い点・メリットは以下の通りです。

  • きちんとした発音練習で、頭の中の知識が正しい音と結びつきネイティブ発音でも聞き取れるようになれる
  • 引き込まれるストーリーを使って練習することで、英語の感覚を感じられ暗記に頼らずに表現が身についていく
  • きちんとした説明と練習によって、フレーズを理解したうえで使う練習ができる

プライムイングリッシュがおすすめできる人は、次のような人ですね。

  • 中学レベルの英語は分かる人
  • しっかり練習をする時間(1日30分~1時間)を取れる人
  • 受身ではなく自分で練習をする意欲のあるひと

では最後に、プライムイングリッシュの総合評価へ進みます。

プライムイングリッシュの総合評価

総合得点(平均):4.8/5点

総合評価:イチ推し優良教材

「一生懸命勉強しても英語が話せなくて落ち込む…」

「英語が話せればもっと楽しんだり活躍できるのに、と悔しく感じる…」

そのような悩みや苦しみに対する答えが、今回レビューした【プライムイングリッシュ】

プライムイングリッシュを一言で表現すれば

「英会話を【音】と【イメージ】で感覚に染み込ませる教材」

です。

具体的には、まず発音練習を中心に置くことで、あなたの頭の中の「知識と音の壁」を取り払います。

そして英語を文字ではなく「音で」理解する練習と同時に、

話の流れに入り込んで「なりきり練習」をすることで、今度は英語をイメージで理解する練習をしていきます。

またこれらの練習にはきちんとした説明があるため、「なんとなく練習」というムダはありません。

その結果、あなたは

  • 英語を聞いてイメージがパッと浮かぶ(=聞き取れる)
  • 浮かんだイメージを相手に伝わる音と表現でスッと伝えられる(=話せる)

ということが感覚的にできる、いわゆる「英語脳」の状態になっていくわけですね。

そして、【プライムイングリッシュ】はそれを可能にしてくれる教材です。

プライムイングリッシュにかかる費用は、1日にジュース1本分程度。

内容は少しスパルタかもしれませんが、それだけの金額で英語脳を手に入れて英語が自由に話せるようになるのであれば、

あなた自身の未来への絶好の投資となりますよね。

「う~ん、でも本当に効果があるのかな…?」

と不安に思うあなたのために返金保証もありますので、

心配な場合にもリスクなしでその効果を体感できる点も安心ですね。

返金保証付きで「聞ける・話せる」英語脳を手に入れ、英会話を身につける

↓  ↓  ↓

教材コレクターはもう終わり。
あなたが手にする最後の英会話教材
【プライムイングリッシュ】

疑問点などについては、私の答えられる範囲で回答しますので、こちらの問い合わせフォームからご連絡下さい(原則として72時間以内に返答します)。