より英語らしく話す独自メソッド【Final English】の特典付レビュー

変化の矢印 TOEICなどの勉強ができても英語が話せない人の「分かる」を「できる」に変える英会話教材 30日間英会話速習 Final English

英会話教材バスターズ管理人、「海外サラリーマン むさし」です。

勉強しても英語が話せない。

よく聞く話ですよね。

私も、TOEICの点数はそこそこ良かったのですが、アメリカ赴任になってから英会話で苦労して英会話恐怖症になった経験があります(今は克服済み)。

あなたの英語力の段階によって解決法は違ってきますが、私の場合には「発音練習」がズバリ効きました。

特に、現地のプロから「発音だけでなくトータルな意味で英語らしく話す」トレーニングを受けたことが、通じる、聞き取れる、という効果をもたらしてくれました。

頭の中の知識と音が結びついて、本当の意味で知識を英会話に使える、つまり「分かる」が「できる」になったわけなんですね。

そんな「トータルな意味で英語らしく話す」ための練習が盛り込まれた英会話教材が、野心的な名前の「30日間英会話速習プログラム:Final English」

30日間英会話速習 Final English公式ページ画像

30日で英会話習得って「ほんとかよ」とも思ってしまいますが、私の評価は次のとおりです。

評価:それなりにおすすめできる良教材

特に、勉強しているけれども英語が話せない、TOEICの点数は良くても英会話は苦手、という人におすすめです。

その理由を、詳しい内容と私の評価・感想、そして注意点とともに紹介していきたいと思います。

「30日間英会話速習プログラム:Final English」の内容

まずは、教材の概要、製作者の情報、そして教材の内容を紹介します。

「Final English」の概要

Final English は、英会話をマスターした俳優さんの英会話習得の体験をもとに作られた英会話教材。

「口と耳を英語モードにして音で身につける」ことをゴールとして、そこから逆算する形で必要なトレーニングが組み立てられています。

実際の内容は、英会話教材というよりは「英語発音教材」ですね。

そのため、他の英語発音教材とは違った俳優ならではの発音トレーニング(以下「俳優トレーニング」と命名)が盛り込まれているのが特徴です。

そのような発音練習の他、英会話習得の道筋を示した「英会話習得虎の巻」という教材も付いてきます(詳細は後ほど説明)。

またこの教材は、語学留学先として人気の高いフィリピンで、政府認可の語学学校で教材として採用された、ということでも話題になっています。

制作者の情報

30日間英会話速習 Final English 製作者 並木健太郎氏

この教材を作ったのは、俳優の「並木健太郎」さん。

オフィス・トップクラスという会社で演技指導、オーディション指導などをされています。

並木さんは17歳で渡米、日本人の全くいない環境で英語に苦しみ、猛勉強の末に英語をモノにした、という壮絶な経歴を持っています。

その過程で「やはり発音は大切だ」と実感し、この教材の作成につながっています.

私も、この点については完全に同意ですね。

教材の内容

CDとDVD合計5枚、テキスト2冊のボリューム

30日間英会話速習プログラム FINAL ENGLISHの中身

Final English の中身はCD1枚+DVD3枚、テキストが2冊、そして付録DVDとなっています。

けっこうボリュームがありますね。

最初のCDは「英会話習得虎の巻」という学習ガイドで、DVDは準備編、母音発音子音発音です。

テキストには、これらの内容が文字で書かれています。

また、付録DVDには英会話基本フレーズが収録されていて、独特のリズムに合わせて練習することができます。

それでは、内容の詳細です。

CD:英会話習得虎の巻

このCD(とテキスト)では、30日間の勉強プラン例や英会話習得の7つの心得、そして「ゴールデンルール」が説明されています。

特に、この「虎の巻」では英会話習得を飛行機の離陸に例え、きちんと離陸するためにはどうすればよいか、を説明しています。

このようなマインドセット系の話は精神論になりがちですが、この「虎の巻」は具体的・現実的で、飛行機の例えは「上手いこと言うなぁ」と感心しましたね。

DVD 1:英会話のための準備編

こちらは、この教材のウリでもある「俳優トレーニング」が収録されています。

「英語らしく話す」練習ですね。

DVD1枚がまるまる使われています。

このような英語の発声の練習は他の英会話教材にも含まれていますが、この教材では中心に置いてあるだけあって、かなり本格的です。

例えば、顔の動きのトレーニングも…

30日間英会話速習 Final Englishの発声練習1

このような普通のものから

30日間英会話速習 発声練習2

このような練習まで行います(似たような練習は他にもあります)。

また、顔の動きだけでなく床に寝る、という練習も入っています。

30日間英会話速習 Final English練習3

体育の授業か?と思ってしまう面もありますが、俳優ならではの本格的なトレーニングと言えますね。

DVD 2&3:母音・子音の発音練習

こちらでは、それぞれ母音と子音の発音を練習します。

公式ページに練習動画のサンプルがありますが、その動画にあるように

音⇒単語⇒英文

の順番で練習をしていきます。

この最後の英文の発音練習のところでは、音楽に合わせてリズムに乗って発音をしていきます。

このように英語のリズムを意識した練習も、「トータルな意味で英語らしく話す」練習の一環です。

私もアメリカで受けたトレーニングで、このような練習を重ねたことを思い出しますね。

ただ、公式ページではCG映像による舌の位置の説明、とありましたが、私の持っている教材には入っていませんでした。

私が購入してから改訂されて入ったのかもしれませんが、今のものに入っているのかは不明です。

付録DVD:英文フレーズ初級編

こちらのDVDでは、英会話の初級フレーズをリズムに乗せて練習していきます。

例えば、次のようなフレーズを練習することができます。

  • 挨拶のフレーズ
  • 質問するときのフレーズ
  • 反応するときのフレーズ
  • 褒めるフレーズ

この教材に全般的に言えることですが、英文での発音練習(特にリズム練習)ではこちらが言い終わるまで時間を取って待っていてくれます。

ですので、いちいちDVDを止めて練習する、という必要はなく、教材と同じペースで話す練習ができます。

また、英文全体の形はそのままにして一部を変える「パターン練習」が多いのも特徴で、自分で文を組み立てる助けになりますね。

その他の特徴

購入から100日以内であれば返金可能(条件あり)

この「Final English」には、購入から100日間であれば返金を請求できます。

ただし条件があり

  • 30日間の集中トレーニングを全てこなしていること
  • 90日間、毎日1時間以上練習を行うこと
  • スカイプによる指導を1回は受けていること
  • メールによる相談を3回は行っていること

が条件となります。

実際にトレーニングを行っているかどうかを証明する方法については不明ですが、私は返金の請求を行っていませんので、実際の対応は不明です。

スカイプによる直接指導(無料特典あり)

この教材では、購入者特典として「ネイティブ講師によるスカイプ直接指導」が付いてきます。

このスカイプ指導は有料のサービスなのですが、特典として初回が無料となります。

以上が教材の概要ですが、これを踏まえて内容の感想・評価をお伝えします。

「30日間英会話速習プログラム:Final English」の感想&評価

それでは、実際に私の判断基準から見て「Final English」がどのような教材なのか、を評価していきます。

教材の位置づけ

英会話上達の3段階

まずは「教材の位置づけ」です。

この教材は英語の発音教材であり、学んだ知識を使える状態にするための練習となりますので、下の図の「第2段階(技術練習)」にあたります。

英会話の上達は3段階に分かれていて、下から順に積み上げることが必要

あまり語られることが無い話かもしれませんが、英会話の上達は上の図に示すような3段階からできています。

まず最初は単語や文法などの基礎知識を身につける「基礎体力(第1段階)」、そして学んだ知識を使えるように練習する「技術練習(第2段階)」、最後に実際に使う「実戦(第3段階)」です。

具体的には、第2段階には口頭英作文や発音練習が、第3段階には実際の英会話(英会話学校を含む)が該当します。

英会話というものは、これを下からきちんと積み上げることが、面倒でも上達の近道なんですね。

英会話上達に絶対に欠かせないこと

ここで挙げた中でも、第2段階は学んだ知識を実際に使えるようにする練習であり、実は英会話習得のカギでもあります。

今まで英語を学習したり、英会話スクールに行ったりしても英語が話せるようにならなかった人は、この「技術練習」の部分が圧倒的に足りていません。

単語や文法を覚えることばかり一生懸命だったり、まだ実戦に行く段階ではないのに英会話スクールという「準実戦」に行って爆死したりするわけですね。

私の経験から得た結論としては、英語の発音はこの第2段階の中でも特に重要ですので、あなたも絶対に取り組むべき練習、と考えています。

教材は分かりやすい?詳しい説明は?

独自の「英語らしく話すための練習」が非常に充実

この「30日間英会話速習プログラム:Final English」は、単に「発音記号の発音のしかた」だけでなく、「実際に英語を話すときにきちんと通じるように話す」ための練習が豊富にそろっています。

特に体づくりである「俳優トレーニング」はDVDを1枚丸ごと使って説明されています。

最初は「体育の授業か?」と思うほど大変かもしれませんが、続けていくうちに効果が実感できるようになってきます。

このようなトレーニングを別途プロから習おうとするとお金がかかりますので、そのような本格的な発声練習を探している人には、お得ポイントかもしれませんね。

「英会話を習得する方法」は具体的で納得できる内容

また、この教材には「30日間で英会話を習得するための取組み方」を解説するテキストとCDが付いています。

通常、この手のものは単なる精神論で終わることが多いのですが、この内容は単なる精神論ではなく具体的で納得できるものでしたね。

発音練習の大切さに対する考え方、英語ではなく英会話の上達の方法などは私が経験から得たものと近く、実際に英語環境で苦労した人ならではの気付きが盛り込まれています。

ただし、後ほど触れますが、この方法は「ある程度英語は分かる」という人に有効だと思います。

全く英語力ゼロの人が「英語の基礎から」身につける方法、というよりも、勉強しても話せない人が練習をする方法、という方が正しいでしょう。

発音の練習では実演者の口元のアップで動きを説明

この教材では、母音や子音の発音練習の際に、実演者の顔全体に加えて口元のアップが表示されます。

ですので、その動きを見ながら(教材では手鏡で自分の口を見ることを推奨)発音の練習をすることができます。

ただし、CGによる舌の位置の説明は私の持っているものの中には見当たりませんでしたので、口の中の動きは分かりにくいのが難点と言えば難点ですね。

スピーキングへの効果は?

英語発音の練習量が豊富

この「Final English」は、他の教材に比べて英文の発音練習が多めです

しかも、英文が話された後、同じだけ待っていてくれる(後ろではリズムが流れている)ので、いちいちDVDを止めて復唱して再生して、という手間がかかりません。

また、さらっと英文をなぞるだけでなく、同じ文でも単語を入れ替えたりして、使える英語として身につけさせる工夫も見られます。

ネイティブ講師によるオンライン指導あり

その他、Final Englishではネイティブスピーカーの講師によるオンライン指導も受講可能。

こういった「身につけさせる工夫」という点は、他の英語発音教材よりも優れていると言えますね。

「発音」「発声」以外にも英語らしく話すための練習が盛り込まれている

これは日本ではあまり語られることはありませんが、通じる英語を話すためには「発音」以外にも大切なことがいくつかあります(「発声」はその1つ)。

私が発音矯正のトレーニングを受けたとき、最初の講義からこのことを叩き込まれました。

私の意見では、これは英語らしい「発声」よりも大切ですね。

この教材では、「発音」「発声」に加えて、この点を重視した練習が含まれていて、DVDの映像や音声に合わせて練習を重ねることができます。

ただ、その点についての説明が「少し違うかな」と思う点がありますので、その補完として当サイト独自の特典補助テキストを用意しました。

このオリジナル補助教材で補完すれば、練習の効果が倍増して「通じる英語発音」が身につきやすくなります。

リスニングへの効果は?

この教材のテキスト内で書かれており、私自身も実感していることは「英語発音の上達はリスニングの上達に直結する」ということ。

英語の発音を学んで自分もできるようになることで、頭の中に英語の音を処理する回路が作られ、聞き分けが可能になるわけです。

逆に言えば、発音練習なしのリスニング上達は時間のムダなんですね。

私も発音練習に取り組んでいたある時、英語の聞こえ方が変わってきて、英語の電話でも困っていない自分を発見して驚いた経験があります。

「自分で発音できない音は聞き取れない」と言った人がいますが、まさにその通りです。

受身のリスニング対策ではなく、しっかり発音を学んで身につける発音練習こそ、実は近道の「攻めのリスニング対策」であり、リスニングに最も効果のある練習方法です。

その他

英語力ゼロから「30日で英会話習得」という期間設定は現実的ではないかも

この教材の売りである「30日で英会話をマスター」というのは、英語力ゼロの人には現実的ではありません。

と言うのは、この教材は発音練習教材ですので、英単語や英文法など、英文を組み立てる方法を教えてくれるわけではないからです。

このような「英語の基礎(=中学レベルの英語)」については、自分で学んで身につける必要があります。

ただ、この教材で英語口・英語耳、そして英語脳を手に入れれば、上達が格段に速くなることは確かではありますね。

私個人の感覚から言えば、中学レベルであれば60~90日ぐらい毎日一生懸命やると英語が染み込んでくるはずです。

ですので、英語力ゼロの人はそれぐらいの日数を見ておき、この教材と並行して中学英語の復習をすると挫折しなくて済むと思います。

次は、上に書いたこの教材のデメリット・メリットのまとめです。

Fianl Englishのデメリット・メリット

それでは、この教材のデメリットとメリットをお伝えします。

デメリット

ネイティブスピークのデメリットは以下の通りです。

  1. 英語らしく話す方法について、一部説明が微妙(オリジナル補助教材で補完)。
  2. 30日間という期間設定は、英語力ゼロの人には現実的ではない。60~90日ぐらいで考えるのが現実的。
  3. 口の動きは分かるが口の中の動きが分かりづらい。

メリット

ネイティブスピークのメリットは以下の通りです。

  1. 英文の発音練習が多めで使い回す練習もたっぷり。ネイティブ講師のスカイプ指導もある。
  2. 合理的な英会話習得の道筋、取り組み方も学べる。
  3. 単なる発音だけでなく、実際の会話で英語らしく話すための独自の「俳優トレーニング」もセット。

Final Englishが向いていない人・向いている人

向いていない人

この教材は、次のような人には向いていません。

  • 中学レベルの英語が分からない人(読んでも分からないレベル)
  • 「発音」だけ学びたい人
  • 毎日練習できない、する気の無い人

向いている人

この教材は、次のような人に向いています。

  • 中学レベルの英語は読めば分かるぐらいの人
  • 発音だけでなく、トータル通じる英語発音で話したい、または話す必要がある人
  • 毎日1時間程度の練習時間が取れる人

では最後に、以上をふまえた総評です。

総評

総評:それなりにおすすめできる良教材

  • 英語耳、英語口になることで持っている知識と音を結び付け、英会話習得を加速することができる教材。
  • 発音だけでなく、トータルな意味で「通じる英語」を身につけることができる。
  • ただし、英語そのものを学ぶ教材ではないので、中学レベルの英語は自分で身につけておく必要がある。

私にも経験がありますが、英語を勉強しているのに話せない、というのはとても辛い状態です。

しかし英語力ゼロではなく「英語の勉強は問題ないけど英会話はちょっと…」という場合には基礎はできてますから、英語口・英語耳になることで30日程度で話せるようになるはずです。

私としては、勉強しても英語が話せるようにならなかった人にこそ取り組んでほしい教材です。

一度英語耳、英語口になってしまえば自分でどんどんと英語表現を吸収して成長することができます。

英語発音を身につけてリスニングが上達すると、ふと耳にした英語表現をつかまえて自分のものにできるんですよね。

また、あなたの英会話習得をさらに加速させるための特典として「アメリカ英語必出表現100」も用意しています。

その他、教材の一部の内容を補強する「オリジナル補助教材」を用意していますので、次にその詳細を紹介します。

教材を補強する「オリジナル補助教材」

英語を話すときに重要な「あること」

実はこのネイティブスピークには、発音以外にも英語を話すうえで非常に重要な「あること」が練習に盛り込まれています。

ですが、その「あること」の説明が「ちょっと違くない?」と感じたのも事実。

というよりも、もっと突っ込んで理屈などの説明をした方が身につきやすいのに、というのが私の考えです。

そこで、その点を補強するために特製の「オリジナル補助教材」を用意しました。

この補助教材は、英語を話すうえで重要となる「あること」の理屈を知り、あなたが使いこなせるようになるための「マル秘マニュアル」

内容は、実際に私がアメリカで受けた発音矯正トレーニングで叩き込まれた数万円の価値のある有料級の情報です。

その内容の一部を紹介すると…

  • 英語の音は○○させないと英語に聞こえない
  • 英語を話すうえで最も重要な「ある音」と使い方とは?
  • あなたがネイティブの英語を聞き取れない本当の理由と対策
  • 本当に「英語らしく話す」ための要素と優先順位

などなど

ここに挙げたのは、内容のほんの一部です。

この補助教材は、本教材である「30日間英会話速習プログラム Final English」の効果を補強し、あなたの英語発音を「より本物」にしてくれます。

私が厳選した「アメリカ英語必出表現100」

また、あなたの英語表現を「より本物」にするために厳選した「アメリカ英語必出表現100」も、今だけ限定で用意しています。

これは私のアメリカ生活を通じて出会った「本当によく使われる表現」ばかりを集めたものですので、あなたの英会話の上達を大きく助けるはずです。

オリジナル補助テキストの入手方法

補助テキストは、簡単な3ステップで入手することができます。

ステップ1:リンクをクリックして公式ページへすすむ

「オリジナル補助テキスト」を入手するには、まず一番下のリンクをクリックして公式ページへ進んで下さい(国内版と海外発送版があります)。

ステップ2:確認画面で「オリジナル特典」が表示されていることを確認

このページから公式ページへ進んだ場合、確認画面ではこのように「紹介者からの特典」という記載があるはずです(クリックで表示します)。

ネイティブスピーク オリジナル特典そうなっていない場合には、間違ったリンクを使用した(国内版と海外発送版があります)、または別のページやサイトにアクセスしたことが考えられます。

まずは、正しいリンク選択からやり直してみて下さい。

それでも表示されない場合には、お使いのブラウザのクッキーの設定に問題がありますので、クッキーを有効にする、削除してみる、などの操作を行ってみて下さい。

ステップ3:マイページから特典入手ファイルをダウンロード

補助教材を入手するには、購入後に購入者ページにログインし、「購入履歴」のページから14日以内に特典入手ファイルをダウンロードします(14日を過ぎるとマイページからダウンロードできなくなります)。

そしてダウンロードしたファイルに従い、記載されたアドレス(URL)にアクセスしてオリジナル補助教材の請求を行って下さい。

クリックして公式ページへ進む【国内版】

クリックして公式ページへ進む【海外版】