1日5分の「集中聞き」ゲーム?【アリスの英語】レビュー&評価

この記事を読む時間:約 3 分

こんにちは!「英会話教材バスターズ」管理人、むさしです。

今回は、日本人が苦手な「聞き取り」に的を絞り、聞き流しではない「集中聞き」によってヒアリング力を身につけるという【アリスの英語】という教材を紹介します。

結論から言うと3つの疑問が残る教材ですが、まずは教材の内容を紹介したうえで詳しく説明していきたいと思います。

【アリスの英語】の内容

今回紹介する【アリスの英語】は、1日5分「集中して」聞くことによって30日後には英語が聞き取れるようになる、という触れ込みの教材です。

聞き流しとは逆に「集中して」聞くことがポイントなのですが、この教材では集中せざるを得ない仕掛けである「ゲーム」仕立てになっているのが特徴です。

また、教材の名前から分かるように「不思議の国のアリス」を題材として使用しています。

【アリスの英語】レビュー

リスニング教材【アリスの英語】の3つの疑問

先にも書きましたが、この教材は「集中して聞く」という練習のための教材です。

確かに集中し意識して聞かないと、英語の聞き取りの練習にはなりませんから、これは正しいアプローチだと思います。

私も時々、英語の音声を聞いて書き取る「ディクテーション」をしていますが、かなりの集中力を必要としますね。

ただ、この【アリスの英語】の公式ページを見る限り、私は次のような疑問を持ちました。

  1. 音声が聞き取れても意味が理解できない場合もあるのでは?
  2. ゲームで使用されている部分の音声がは聞き取れるようになっても応用がきかないのでは?
  3. 題材が古くて使えない表現が多いのでは?

では、それぞれ見ていくことにしましょう。

聞き取った英語が理解できる?

まずは、このゲームで集中して音が聞けるようになるとしても、それだけで英語を「聞いて理解」できるのか、という点。

リスニング教材とおすすめ上達法の記事(英語リスニング教材の効果は?私がおすすめしない理由と本当の上達法)でも紹介しているのですが、英語を聞き取るには「音を理解」したのちに「意味を理解」する必要があります。

そう、聞いた英語の意味が分かるようにならないと、英語を聞き取ったことにはなりませんよね。

これは結局、英語を読んでパッと理解できる、という読解力が必要となりますので、そもそも英語力の低い場合には「音の聞き取り」だけ鍛えても意味がないと言えます。

公式ページでは使われている英語についての説明もある、と書いてありますが、きちんと体系立てて説明しているのか不明ですので、取り組む前に中学レベルの英語力はあった方がいいように思えます。

教材の音声以外も聞き取れるようになる?

次は、使われている音声以外のものが聞き取れるか?という点。

集中して聞くのはいいのですが、この教材の音声だけ聞き取れても会話には役立ちませんよね。

この点、この教材の練習方法はかなり体当たり的、悪く言えば「とにかく慣れましょう」的なアプローチに思えます。

でも「英語の音」についての説明が全くない状態で「とにかく慣れましょう」というやり方は、英語の音そのものを理解できるわけではなく、その「音声」が聞き取れるようになるだけです。

このようなアプローチで説明のない教材も多いですが、私は効果があるとは思えませんし、実際の経験上も効果はありませんでした。

やはり、英語のリスニングにも体系的な説明と理解が必要になるんですね。

このような体当たり的な方法では、実際の会話など教材以外の音声への応用はけっこうきびしいのでは、と思ってしまいます。

使われている題材は古いのでは?

最後は、使われている題材の問題。

皆さんご存知の「不思議の国のアリス」は19世紀、つまり100年以上前に書かれたお話です。

実は英語は日本語以上に変化が激しい言語でして、けっこう使われている表現が違ったりします。

例えば

  • 「If ~(もし~なら)」の代わりに「should ~」という形が使われている
  • 「Do you have ~ ?(~を持っていますか?)」の代わりに「Have you ~?」という表現が使われている

など、色々と違う古臭い英語なんですね。

今こんな話し方をしたら「え?いつの時代の人?」みたいに思われてしまいます。

また、そのような古い題材では、最近の英会話で使われるような表現を学ぶことができない、ということにもなってしまいます。

そのような点でも、この教材でリスニングや英語表現を学ぶのはどうかな、と疑問に思ってしまいますね。

リスニング教材は意味がない?

ダメだしする女性 英語のリスニング教材はおすすめしない?

実を言えば、私は自分の経験からも、このような「リスニング教材」は意味がないと考えています。

このようなリスニング教材って、根本的な「音の理解」につながらないことが多いんですよね。

私もアメリカ生活でリスニング(というか英会話全般)で苦しんだ経験がありますが、実はリスニングの上達のヒントが別のところにあったのには驚きました。

リスニング教材についての考え方、そして聞き取りの上達法については「英語リスニング教材の効果は?私がおすすめしない理由と本当の上達法」の記事で詳しく紹介していますので、リスニングを上達させたい人はそちらの記事もぜひどうぞ。