本気で英語を話せるようになりたい人必見!4倍速上達法とは?

この記事を読む時間: 7

刀を持つ男性 本気で英語を話せるようになりたい人のための上達メソッド

~ 英会話に本気な美紀さんの決心 ~

登場人物:美紀さん(英会話を身につけて活躍したい野望系女子)、Bob(私の元同僚のアメリカ人、やや辛口)

美紀
ねえ、むさし。私、決心したの。
むさし
え、なななな何を?

(もしかして、僕に告白とか!?)

美紀
私、本気で英語を話せるようになる!
Bob
Miki、お前いつも同じこと言ってないか?
むさし
なるほど(ちょっとガッカリ)

でも本気で話せるようになるって言っても、まずは何からやるの?

美紀
いや、それが、その…実はよく分かんないの。

何かいい方法ない?

Bob
なんだそりゃ。決心だけか。
むさし
いや、決心だけでも立派だよ。

もし本気で英語が話せるようになりたかったら、ふつうの4倍の速度で習得できる上達方法を教えてあげるよ。

基礎を固めて、英語脳を鍛え上げるトレーニングだね。

美紀
え、ほんと!?そんな方法あるの?
むさし
むさし、ウソつかない。

でも僕自身が試してみた経験からは、場合によっては合わない人もいるかもしれない上達法だから、その辺も含めて紹介していくね。

本気で英語を話せるようになりたい人の上達メソッド

単語を並べただけの英語を卒業する

英語で話す2人の女性 カランメソッドはきちんとしたフルセンテンスの英語で答える訓練

本気で英語が話せるようになりたい人の「4倍速上達法」

その名も「カランメソッド」と言います。

聞いたことが無いかも知れませんので簡単に説明しますと、カランメソッドとは「他人からの質問にきちんとした英語で答える」ことを繰り返す練習法です。

ポイントは「きちんとした英語」という点。

具体的に言うと「単語を並べただけではなくフルセンテンス(きちんとした文)で答える」ということです。

この「フルセンテンスで英語を話す」ということが苦手な人が多いですよね。

「えーと…」などと言いながら単語をポツポツ並べただけの英語になってしまう例を、私もたくさん目にしています。

それは文法が使えるレベルまで体に染み込んでいないのが理由なのですが、その結果「知ってる単語の羅列」レベルの英会話になってしまうんですね。

これを克服するには、英語のルール、つまり英文法に従って英文を組み立てる練習を、意識的かつ多く積み重ねる必要があります。

このことによって、英文法をキッチリと体に染み込ませていくことができて、通常の4倍の速さで英会話が習得できる、という結果が出ているわけですね。

英語モードで集中する特訓になる

カランメソッドでは、フルセンテンス以外にも「質問と同じ文法構造で答える」というルールがあるのですが、実際に体験してみるとけっこう難しかったりします。

これはどういうことかと言うと、例えば

Do husbands in this country help their wives?

と聞かれたら、普通は

「Yes, they do.」

とか答えてしまいますが、カランメソッドではそれはダメで

「Yes, husbands in this country help their wives.」

と、省略しないで言う、ということなんですね。

実はこれが地味に大変で、段々長い文になってくると途中が抜けて指摘されたりしていました。

大変ではあったのですが、これが「英語モードで集中する特訓」になるな、と感じましたね。

簡単に見える質問であっても集中して聞かないといけないですし、なによりも日本語で考えている時間はありません

言っている内容を頭の中でイメージして英語で理解し、文法知識を使って英語の答えを作って口から出す。

その繰り返しによって、英語モードで集中し英語脳を鍛え上げていくことができるわけですね。

ただし、最初に書いたように「向き不向きがある」上達法ですので、その点を紹介していきたいと思います。

この練習メソッドが向く人、向かない人

〇と× カランメソッドのメリット・デメリット・向いている人

英語に限らず、どのような練習でも「向いている」「向いていない」というのがありますよね。

それでは、この「カランメソッド」が向いていない人から見ていきたいと思います。

この上達メソッドが向いていない人

カランメソッドによる練習が向いていない人は、次のような人です。

  • 中学レベルの英語が全く分からない人
  • そこまでトレーニングしたくはない人

カランメソッドは、どちらかというと「今までに学んだ知識をしっかり定着させて使う練習」ですので、基本的な文法が分からないと練習の効果も薄くなってしまいます。

また、とにかく「パッと答える」練習ですので、もっとじっくり説明を聞きたい、というタイプの人には向かないかもしれません。

この上達メソッドが向いている人

逆に、カランメソッドは次のような人にが向いています。

  • 中学レベルの英語は(完璧ではなくても)一応分かっている人
  • 英語の勉強はしているけど話せるようにならない人
  • きちんと英語を自分の武器や相棒として使えるレベルに鍛えたい人

やはり「勉強しても話せるようにならない」というのは、深刻な悩みですよね。

そのような人に必要なのは、まずは基本を「考えなくてもできる」レベルまで練習すること。

そのような状態になったら、あとは表現を磨いていくだけですから、驚くべき速さで上達できるわけなんですね。

では、この4倍速上達法をどうやって習得すればいいのか、その方法を説明していきます。

4倍速メソッドの習得方法は?

基本は「対面で講師にしごかれる」

このような「質問に対して英語でパッと答える」というコンセプトの独習用教材も、世の中にはあります。

しかしカランメソッドでは、講師が直接問いかけや解説をしてくれることが重要になるんですね。

そのような練習のため、オンラインでカランメソッドの無料体験ができる英会話スクールがいくつかありますので、紹介してきたいと思います。

オンラインで無料体験が可能な英会話スクール

現在のところ、私は次のオンライン英会話スクールで、カランメソッドの無料体験を受けてみています。

  • ネイティブキャンプ
  • イングリッシュベル
  • Ays English(アイズ・イングリッシュ)

これらのスクールはそれぞれ特徴があるのですが、無料体験のときの経験をふまえて、おすすめ順にランキングにしてみました。

それがこちら!

第1位:ネイティブキャンプ(Native Camp)

第2位:イングリッシュベル

第3位:Ays English(アイズ・イングリッシュ)

こちらで紹介したスクールの無料体験を受けてみると、「英語脳」が刺激されて英語の基本が自分の中に染み込んでくることを感じることができるはず。

そして基礎さえ固まってしまえば、後はいくらでも応用が利くわけです。

実は基本を固めることが、英会話フレーズの暗記や無意味な聞き流しなどよりも、英会話習得の本当の近道でもあるんですね。

あなたが本気で「英会話をモノにしたい」と考えているなら、カランメソッドはおすすめできる英会話習得方法です。

トップへ戻る