私が「1億人の英文法」をおすすめしない理由とおすすめの参考書

この記事を読む時間: 3

1つを選択 1億人の英会話をおすすめしない理由と、おすすめの英会話参考書

むさしです。

英会話を上達させたいけど「英文法が苦手で…」という人はけっこういますよね。

そのような場合には、知識としてではなく使うことに徹した勉強と練習をすればいいと思いますが、「どうやって?」ということもまた悩みの種だったりします。

英文法の参考書として、世間では「1億人の英文法」という本がすすめられていますが、私の感触では

「ちょっと英会話練習にはおすすめできないかも…」

という感想を持っています。

今回は、なぜ「1億人の英文法」は英会話練習用におすすめできないか、そして、私のおすすめの参考書は何か、をお伝えしていきたいと思います。

私が「1億人の英文法」をおすすめしない理由

「1億人の英文法」は細かすぎる

この本に対する私の第一印象は「うわっ、細かすぎ!」ということでした。

もちろん、深く掘り下げて書いているのはいいことですし、「英文法をきちんと理解してほしい」という思いで書かれている本だとは思います。

でも「英会話で使う」ということを考えたときには、ちょっと細かいことを書きすぎ、と感じたのも事実ですね。

特に「英文法は苦手」という人には、情報量が多すぎて消化不良や文法嫌いの悪化を招いてしまうのではないかな、とも考えました。

英文法をより深く学びたければおすすめ

とは言え、多くの人に愛されている「1億人の英文法」、ダメな本だとは思いません。

英文法を学びたい、より深く理解したい、というときには非常に役に立つ本だと思います。

英文法の知識をしっかりつけたい、という場合には大いに役に立つはずです。

ただ、「英文法が苦手な人が英会話の入門用に使うには、ちょっとヘビー過ぎるかな」ということなんですね。

そして、私が「1億人の英文法」の次に手に取ってみた「おすすめ英文法参考書」がこちらです。

英会話の練習におすすめの英文法参考書

必要な事項に絞り、使うことに重点が置かれた参考書

それはこちら、「基礎がため 一生モノの英文法」という本です。

おすすめの英文法参考書「一生モノの英文法」の表紙

後で調べたらこの本には上級編もあるようですが、私が見たのは初級編「BASIC」の方ですね。

見た瞬間「おお、これは」という、感動にも似た思いを感じました。

こちらも本屋でザっと読みなので申しわけないのですが、私の印象としては

  • 最低限必要なことに絞られている
  • 使うことに重点が置かれている

という点がいいなと思いましたね。

今度出張で日本に帰ったときに、もう少し細かくレビューしたいと思います。

ちなみに、この「一生モノの英文法」に関しては、アマゾンのレビューでは平均して星4つがついており、なかなか好評のようです。

英文法を「勉強」するよりも「使う練習」を

こちらの記事でも書いているように、英会話に基本英文法は必要です。

【参考記事】

英会話に英文法は必要ない?いいえ英文法はあなたの友達です

ですが、それは「細かい文法知識を勉強する」ということではないんですね。

それよりも基本的な英語の仕組・ルールを理解して、それを使えるように「練習」することが重要です。

その観点から、上で紹介した「一生モノの英文法」は英会話に役に立つ参考書だと感じました。

また、中学レベルの基本英文法をしっかり理解して使えるようにする教材としては、「Advanced Beginner」という教材がおすすめです。

Advanced BeginnerのCanの講義

こちらは英語の基本的な仕組・ルールをしっかり固めて自分で使いこなす方法を動画で学べる教材です。

基礎のない初心者でも、基本文から自力で応用する力が身につき、自分で英文が作り出せる「一歩進んだ初心者(Advanced Beginner)」を目指します。

【紹介記事はこちら】

自力で話せる「上級初心者」?Advanced Beginnerとはどんな英会話教材?

まとめ

いかがでしたか。

今回は「1億人の英文法」を英会話練習用におすすめしない理由と、私がおすすめする英文法参考書を紹介しました。

途中にも書きましたが、英文法は知識を覚えるのではなく「基本的な使い方を学ぶ」ことが重要です。

細かい文法知識を追い求めるよりも、そのような「基本事項の使い方」を教えてくれる参考書や教材で、しっかりと英会話を上達させていってほしいなと思います。

むさし

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る

トップへ戻る