B:それなりにおすすめできる英会話教材

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

それなりにおすすめできる英会話教材一覧

こちらは「それなりにおすすめできる」英会話教材の一覧です。

Yuki式英会話勉強法

Yuki式英会話勉強法の感想・評価

一部で人気のある英会話教材で「どのように英会話を身につけていくのが効果的か」ということを学ぶことができます。

不必要に長いと感じる部分もありますが、内容は正統派であり、私が当サイトでお伝えしている英会話上達法と一致している部分が多くある教材です。

【詳しいレビュー記事はこちら】

クリックして【Yuki式英会話勉強法】の詳しいレビューを読む

プライムイングリッシュ

リアルな会話を通じて生きた英会話を習得する、という触れ込みのプライムイングリッシュは、主張に筋の通った王道教材との感触が持てる教材です。

多少気になる点はあるものの、私の価値観に合った良教材と言えます。

【レビュー記事】

プライムイングリッシュは効果的な「王道英会話教材」の感触 その理由は?

パワー音読入門

英語嫌いを詰め込み勉強と音読によって克服した私にとって、音読は英語習得になくてはならないもの。

その音読が段々と普及しているようで、私も嬉しく思いますね。

この本は場面に入り込んで音読するための練習素材として大いに使えますが、練習に注意点があります。

【レビュー記事】

「パワー音読入門」で英語が話せるようになる?私の感想と注意点

英語の熟語「phrasal verb」を学ぶアプリ

英語を話すうえで、非常によく使われるのが phrasal verb と呼ばれる熟語です。

「give up = あきらめる」「go on = 続ける、進行する」などが有名な例ですが、英語には数えきれないほどの phrasal verb があります。

それらを楽しみながら学ぶためのアプリを3つ紹介しています。

【レビュー記事】

英会話に必須の熟語《phrasal verb》を学ぶアプリを色々と紹介!

All Ears English(ポッドキャスト)

こちらは、正確には教材ではありませんが、本当にネイティブが話す英語に触れる、知るための良い教材となります。

表現だけではなく文化的な面についても、ニューヨークとボストンからアメリカ人コンビが発信しています。

私は時々、このポッドキャストの書き取りに挑戦することがありますが、なかなかいいリスニングの練習になりますね。

【レビュー記事】

刺激的?英語表現と『あるもの』に触れられる英会話Podcast

Daily Dictation(Youtube)

こちらもYoutubeの動画チャンネルであり教材ではないのですが、英語を聞いて書き取る「Dictation(書き取り)」の動画です。

毎日、手を変え品を変え、色々な英語音声の書き取りに挑戦できます。

Dictationに挑戦したいけど、どこから始めれば…という人におすすめですね。

また、制作者のCoach Seanの話題豊富な解説も人気の理由のひとつです。

【レビュー記事】

Youtubeを使って毎日無料で英語の書き取りトレーニング

興味のある教材がありましたら、ぜひレビュー記事を覗いてみてください。


当サイト独自の5段階英会話教材レビューへ戻る

英会話にほえろ!トップページへ

トップへ戻る