【TOEIC対策】プライムイングリッシュは点数アップに役立つ?

この記事を読む時間: 4

TOEIC_block プライムイングリッシュはTOEIC対策に役立つ?

こんにちは!英会話教材バスターズ管理人、「海外サラリーマン むさし」です(プロフィールはこちら)。

この記事では「プライムイングリッシュってTOEIC対策に役立つの?」ということを考えていきます。

結論から言えば「TOEIC対策用ではないけど、役立つ面もある」ということなのですが、

それを掘り下げて解説していきたいと思います。

プライムイングリッシュはTOEIC用の教材ではないけど…

プライムイングリッシュは、登場人物の日常生活を通じて会話表現と発音を身につけていく教材です。

ですので、どちらかというとビジネス寄りの内容が多いTOEICとは、内容がけっこう違いますね。

では、TOEICの対策としてプライムイングリッシュが役に立つのか、具体的に見ていきましょう。

TOEICに出てくるボキャブラリーは?

まずはボキャブラリー。

先ほども書いたように、プライムイングリッシュは日常生活で使われる英語がメインです。

英語は平易な中学レベルの表現がほとんど

間違っても「ubiquitous(普遍的な)」なんて小難しい単語は出てきません。

だって、日常会話で「それはどこにでもあるよ」と言いたかったら

It’s ubiquitous.

なんて堅苦しい表現は使わずに

You can find it anywhere.

とかのほうが普通に感じますよね。

そのため、TOEICで使われる(というかTOEICでしか使われない)英単語は、自分で勉強する必要があります。

TOEICの文法問題は?

文法問題のコツは「感覚」

TOEICでは、正しい単語を選ぶ問題や穴埋め問題が出されますが、これらは文法力を問われる問題です。

その位置に入れられる単語の品詞(前置詞の後ろには名詞、など)と文の意味から、正しい答えを見つけるわけですね。

実際に、TOEICで高得点を取るためにはパッと正解を選べる必要があるのですが、

これは文法が(頭ではなく)感覚で分かっていることが重要です。

「なぜこの答え?」と聞かれて「それ以外だと気持ち悪い不自然な英語になるでしょ」と即答できるのが理想ですね。

プライムイングリッシュがこのような「文法力」をつけるのに役立つかというと…半分「YES」で半分「NO」です。

TOEICの文法問題に半分「YES」で半分「NO」の理由

NOの理由は、プライムイングリッシュには英文法そのものの説明はない、という点。

ですので、あなたが「英文法自体が分からない」という状態であれば、教科書で復習することをおすすめします。

反対にYESの理由は、そのようにある程度文法が分かっているのであれば、プライムイングリッシュで英語表現を

感覚レベルに染み込ませることで、パッと「自然な英語」が選べるようになる、という点ですね。

プライムイングリッシュは英語を「イメージ」と「音」で感覚レベルに染み込ませていきますので、このような効果が期待できます。

ですので、少なくとも中学レベルの英文法が分かっている状態であれば、TOEIC高得点の勉強用に使えると言えますね。

TOEICのリスニングには効果バツグン?

プライムイングリッシュは発音を身につけることでリスニングを上達させることができる教材です。

ただ聞くだけではなく、自分から「英語の音を処理する回路」を脳内に作っていくわけですね。

しかも、プライムイングリッシュの英語はTOEICで使われている音声よりも数段速い、非常に自然なスピードの英語。

ですので、プライムイングリッシュで生英語のスピードで聞き取れるようになれば、

TOEICの「ハッキリ、ゆっくり」した英語は、楽に聞き取れるはずです。

ただし、最初のほうで書いたように、TOEICとプライムイングリッシュでは出てくる単語が違いますので、

「え、今の単語なに?」と焦らないように、TOEIC特有の単語の学習は必要になりますね。

まとめ:プライムイングリッシュとTOEIC

以上をまとめますと、次のようになります。

  • TOEIC特有の英単語については、自分で勉強が必要
  • 文法については自分で勉強が必要。ただし、学んだ文法を感覚レベルに染み込ませるには役立つ。
  • リスニングには効果バツグン。ただし、単語は自分で学習。

特に日本人が苦手とするリスニングについては、日本では全く新しい効果的なアプローチですので、あなたが

「読めば分かるけど聞き取れない…」

という悩みを抱えているのであれば、試してみてはどうでしょうか。

返金保証もついていますので、リスクなしでお試しが可能ですよ。

返金保証つき・リスクなしでリスニング力を上達させる

↓ ↓ ↓

ネイティブのように聞ける・話せる。
話題の英会話教材
【プライムイングリッシュ】

また、私が実際に使ってみた感想や注意点については、こちらの

挫折してきた人でも6ヶ月で聞けて話せる?プライムイングリッシュをレビュー&評価

でガッツリ掘り下げて紹介していますので、こちらもぜひ参考にどうぞ。