初心者も安心!失敗しないための英会話教材の選び方&おすすめランキング

この記事を読む時間: 5

考える女性 初心者も失敗しないための英会話教材の選び方&おすすめ

日本人の英語・英会話の悩みを反映し、世の中に登場する数多くの英会話教材。

でも数多い英会話教材の中には、あなたの時間とお金と労力をムダにするだけの教材が多いのもまた事実です。

あなたも、そんなダメ教材を手に入れて後悔してしまった経験があるのではないでしょうか。

私にも経験がありますが、そのような教材を手にしてしまうと、教材に対してだけでなく自分に対しても腹が立ってきますよね。

では、一体どんな教材が本当に効果のある教材なのか。

それをお伝えすることは簡単ですが、その前に「教材を選ぶうえでの考え方と基準」という、より大切なお話をしたいと思います。

英会話教材を選ぶ考え方

プロフィールでも紹介していますが、私は現時点で10年以上英語圏(アメリカ、シンガポール)で生活しています。

当然、仕事も生活も、ほぼ英語(日本語は日本人同僚や家族との会話のみ)となりますが、最初の数年は英会話に非常に苦労しました。

それはもう、英会話恐怖症になるぐらいに英語で話すのがストレスになってしまったものです。

そこで色々な練習を試したのですが、やはり効果のある方法効果のない方法が存在します。

残念ながら、全ての練習が効果がある、というわけではないんですね。

そしてそこには、実は一定の共通点があるのです。

聞き流すだけで英語がペラペラになる?

聞き流すだけで英語が話せるようになる?

今でも多い「聞き流すだけで」や「1日〇分〇〇するだけで」というキャッチコピー。

これらに共通するのは次の2つの点:「簡単ラクラク!」というアピールと「受身」という点です。

でも本当に英語が話せるようになるんでしょうか?

残念ながら、私の答えは「No」です。

脳が成長段階にある子供(12~14才ぐらいまで)であれば、脳が一生懸命英語を吸収して身につける能力を持っています。

でも、脳が成長してしまった大人の場合には「勉強して理解して練習する」というプロセスが絶対に必要なんですね。

実を言うと、私も聞くことで英会話を上達させようとか考え、英語のドラマを流しっぱなしにしていた時期があります。

でもそのような受身の姿勢では、英語が口から自然と出てくるどころか聞き取りも上達しませんでした

まぁ、この経験が本当に効果のある練習法への気づきになった、という点ではムダではなかったのかもしれませんが…。

教材や英会話学校が英語を話せるようにしてくれる?

私の意見を率直に言いますと、英会話教材やスクールがあなたを話せるようにしてくれるわけではありません

これらは、あなたの練習の手助けをしてくれるに過ぎないもの。

ここに過剰な期待をしてしまうと、失敗してしまう可能性が高くなります。

では、あなたを話せるようにしてくれるものとは?

それは、あなた自身の練習、それも受身ではなく「自分で学び理解して練習する」という積極的な練習です。

そのような積極的な練習こそが、大人になった(=脳の成長期を過ぎた)あなたが英語脳を手に入れるカギになるわけですね。

英会話教材の本当のあり方とは

そのような考えから見れば、英会話教材のあり方は自然と見えてきます。

まず、あなたを受身にしないこと

そして、あなたが理解したうえで練習を続ける手助けをすること

このことによって、あなたが自由に英語で話せる応用力をつけられるようになるわけなんですね。

これらをふまえて、私は英会話教材を次の5つの視点から評価しています。

英会話教材を選ぶ5つの基準

チェックリスト

次の5つの点が、私が効果のある英会話教材を選ぶうえでの基準になります。

  1. 取り組みやすい教材か
  2. きちんとした説明があるか
  3. リスニングへの効果は?
  4. スピーキングへの効果は?
  5. 返金・その他

では、1つずつ説明していきたいと思います。

1:取り組みやすい教材か

まずは取り組みやすさ

これは、挫折せずに練習を続けることにつながります。

複雑な操作が必要だったり、内容が単調で興味が持てない、といった理由で練習に集中できない教材では、効果が薄くなります。

2:きちんとした説明があるか

次はきちんとした説明

先にも触れましたが、大人の場合には子供とは違い、英会話を自然に身につけていくことはできません。

しかし大人の場合には「説明を受けて理解する」ことができるという大人の利点がありますので、説明は大人の英会話習得には絶対に欠かせないものとなります。

3:英語の聞き取りに効果があるか

英会話の習得で多くの人が苦労するのがリスニング

一方的に話すだけでなく相手の話すことも聞き取れないと、コミュニケーションにはなりませんので、重要なポイントですよね。

私自身も英語の聞き取りに悩み、そして克服した経験から、本当に聞き取りに効果がある教材かを評価します。

4:スピーキングへの効果

リスニングと同じく重要なポイントは「自分で話す応用力がつくか」という点。

これこそが英会話習得の目標でありながら、多くの英会話教材が失敗している点なんですね。

このような力が付くためには、実はそれなりの努力と練習が必要とされます。

私の判断基準としては、このことから逃げずに正面から取り組んでいるか、そしてその努力を助けることができているか、その部分を重視して評価しています。

5:返金・その他

英会話教材に限らず、自分に合わないかも…というときには、返金があるかどうかは気になりますよね。

返金の有無は内容に対する自信の表れとも言え、内容に自信のある制作者は返金制度を付ける傾向にあります。

また、その他に考慮すべき点があれば、それらも評価に入れていきます。

では、以上の基準から評価した当ブログのおすすめ英会話教材ランキングは?

当ブログおすすめ英会話教材ランキング

発表します!

第1位:プライムイングリッシュ


第2位:自力で話せる英会話【Advanced Beginner】


第3位:英語発音で悩む日本人のための【ネイティブスピーク】

上の教材は全て、私が実際に買って使っていますので、公式ページでは分からない真実の情報もお伝えすることができます。

自分に合いそうだな、と思う教材があったら、それぞれのリンクをクリックしてレビューを読んでみてくださいね。

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る