初心者も安心!効果的で失敗しない英会話教材の選び方は?

この記事を読む時間: 6

考える女性 初心者も効果的な英会話教材の選び方&おすすめランキング

こんにちは!英会話恐怖症を克服した会社員、むさしです。

今回は、教材選びに迷う人向けに「失敗しない英会話教材の選び方」について紹介していきます。

日本人の英語・英会話の悩みを反映し、世の中に登場する数多くの英会話教材。

でも英会話教材の中には、あなたの時間とお金と労力をムダにするだけの教材が多いのもまた事実です。

私にも経験がありますが、そのような教材を手にしてしまうと、はげしく腹が立ちますよね。

では、一体どんな教材が本当に効果のある教材なのか。

それをお伝えすることは簡単ですが、その前に「教材を選ぶうえでの考え方と基準」という一番大切な話をしたうえで

私がおすすめする英会話教材トップ3を紹介したいと思います。

※「能書きはいいからおすすめを!」という場合には、こちらのリンクからおすすめ英会話教材ランキングへジャンプできます。

効果のある英会話教材を選ぶ考え方

プロフィールでも紹介していますが、私は現時点で10年以上英語圏(アメリカ、シンガポール)で生活している会社員です。

当然、仕事も生活も、ほぼ英語(日本語は日本人同僚や家族との会話のみ)となりますが、最初の数年は英会話に非常に苦労しました。

それはもう、英会話恐怖症になるぐらいのストレスになってしまったものです。

そこで色々な練習を試したのですが、やはり効果のある方法効果のない方法が存在します。

残念ながら、全ての練習が効果がある、というわけではないんですね。

特に、私の経験から言えば、次に挙げていくような練習法や考え方は効果がありません

聞き流すだけで英語がペラペラになる?

聞き流すだけでは英語が話せるようにならない

今でも多い「聞き流すだけで」や「1日〇分〇〇するだけで」というキャッチコピー。

これらに共通するのは次の2つの点:「簡単ラクラク!」というアピールと「受身」という点です。

でも本当に英語が話せるようになるんでしょうか?

残念ながら、私の答えは No です。

脳が成長段階にある子供(12~14才ぐらいまで)であれば、脳が一生懸命英語を吸収して身につける能力を持っています。

でも、脳が成長してしまった大人の場合には「勉強して理解して練習する」というプロセスが絶対に必要なんですね。

実を言うと、私も聞くことで英会話を上達させようとか考え、英語のドラマを流しっぱなしにしていた時期があります。

でもそのような受身の姿勢では、英語が口から自然と出てくるどころか聞き取りも上達しませんでした

まぁ、この経験が本当に効果のある練習法への気づきになった、という点ではムダではなかったのかもしれませんが…。

大人は「聞くだけ」では英会話を身につけることはできません。

教材や英会話学校が英語を話せるようにしてくれる?

私の意見を率直に言いますと、英会話教材やスクールがあなたを話せるようにしてくれるわけではありません

これらは、あなたの練習の手助けをしてくれるに過ぎないもの。

ここに過剰な期待をしてしまうと、失敗してしまう可能性が高くなります。

では、あなたを話せるようにしてくれるものとは?

それは、あなた自身の練習、それも受身ではなく「自分で学び理解して練習する」という自発的な練習です。

特に「勉強と理解」は、大人の英会話の根本だと私は信じています。

なお、簡単な英文(中学レベル)が自分で作れない人は、英会話学校へ行ってもムダと私は考えています。

そのような状態の場合には、相手と実践的な練習をする前のレベルですから、

まずはきちんとした教材を使って、自分で練習することがおすすめですね。

教材やスクールはあくまで「練習の手助け」。

本当に役に立つのは「あなた自身の自発的な練習」です。

簡単な英文が自分で作れない人は、英会話スクールへ行くよりも、まずは教材を使って自分で練習してみる。

本当に効果のある英会話教材とは

指さす男性 本当に効果のある英会話教材とは

そのような考えから見れば、本当に効果のある英会話教材は自然と見えてきます。

私の考えでは、次の3つの条件が大切になってきますね。

条件1:あなたを受身にしない

まず、あなたを受身にしないこと。

きちんと自分で練習する教材となっているか?ということですね。

これは大きな声で言う人が少ないかもしれませんが、英会話の練習には「練習量が絶対に必要」です。

条件2:あなたに説明して理解させる

その次は、あなたが理解し定着させる手助けをすること。

これは、

きちんとした説明や定着させるための工夫があるか?

ということですが、大人が自由に英語で話せる応用力を身につけるには、「説明と理解」が絶対に必要となります。

大人の英会話学習には、体当たりな「習うより慣れよ」ではなく、

理解して練習する「習いながら慣れよ」が正しい上達方法となるんですね。

条件3:発音練習を重視

このことに加え、私は発音練習への取り組みも重視しています。

実は発音練習は、話すときだけではなく英語の聞き取りにも絶大な効果のある練習方法なんですね。

発音をきちんと学び正しく練習することによって、あなた脳の中の知識(単語や表現)が正しい音とつながり「英語脳」に近づいていく効果があるわけです。

読み書きと違い英会話は全て「音」ですから、音を重視して練習する方が何倍も上達が速いのは当然ですよね。

本当に役立つ英会話教材とは

  1. あなたを受身にせずに練習させるもの
  2. きちんとした説明で理解させるもの
  3. 発音練習を重視しているもの

英会話教材に対する「5つの評価基準」

上に書いたような教材を探すため、私は英会話教材を次の5つの基準からレビュー・評価しています。

  1. あなたの練習をサポートする内容か(練習量、取り組みやすさ、説明など)
  2. 発音への取り組みは
  3. リスニングへの効果は
  4. 自分で話せる応用力がつくか
  5. その他(あれば)

以上が私の評価基準ですが、これらの基準から評価した当ブログのおすすめ英会話教材ランキングがこちら

↓ ↓ ↓

1位【プライムイングリッシュ】

2位【Simple English/Magic 81】

3位【Advanced Beginner】

上の教材は全て、私が実際に買って使っていますので、公式ページでは分からない真実の情報もお伝えすることができます。

また、質問などについては私の分かる範囲内でお答えしますので、こちらの問い合わせフォームからご連絡下さい(原則として72時間以内に返答します)。

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加