"> "> 英語体質になれる英会話教材?Yuki式英会話勉強法の感想&評価 | 英会話にほえろ!海外生活10年男がおすすめ教材をレビュー&比較

英語体質になれる英会話教材?Yuki式英会話勉強法の感想&評価

この記事を読む時間: 13

英会話にほえろ!管理人、むさしです。

「Yuki式英会話勉強法」という英会話教材が一部の学習者の間で人気なようですので、その内容を独自の視点からじっくりとレビューした感想と評価を紹介したいと思います。

Yuki式英会話勉強法の感想・評価

結論から書きますと、こちらは「英語体質になる勉強法を指導してくれる教材」です。

英語体質とは何か、実際の教材の内容はどうなっているのか、これから説明していきたいと思います。

Yuki式英会話勉強法の概要

まずは教材の概要、製作者の情報、内容を紹介します。

教材の概要

Yuki式英会話勉強法カバーページ
Yuki式英会話は、留学や海外生活をしないで英語を身につけたYukiさんという人の経験から生まれた教材です。

Youtubeと連動した教材で、DVDではなくYoutube動画を見ながら練習ができます。

制作者の情報

Yuki式英会話勉強法 販売者画像
Yukiさんは外資系の会社に勤務している会社員の方(現在も?)。

中学2年生で「英語が話せるようになりたい!」と思って英語の勉強に取り組み始めたそうです。

しかし家庭の事情から塾や留学などはせず、全く国内経験だけでTOEIC900点台を取り英語も話せるようになった、という

「国内で英会話マスター!」的シンデレラストーリーを体現しています。

その他の詳しい経歴や実績は不明ですが、確かYoutubeチャンネルを持っていたと思います。

教材の内容

Yuki式英会話勉強法はPDFファイルのテキストと約20本の動画で構成されています。

動画は、製作者のYukiさんが提唱する英語発音の練習のためのもので、教材内に書かれたサイトから登録することで視聴が可能になります。

テキストの内容は、次の通り5つの章に分かれています。

1. 前書き

あいさつや経歴の紹介です

2. Yuki式英会話勉強法とは

ここでは、実際の勉強法の前に「英会話学習の取り組み方」を説明しています。

言い換えれば「考え方」ですね。

具体的には次のような内容が説明されています。

  • 英語の勉強に「○○」は不要
  • 英語の学習に必要な「EmotionとStructure(感情と構造)」
  • いかにして自分のワクワク感を利用するか
  • 英語学習に最も重要なこと

最初の「○○不要論」の部分は、あなたにとって少し衝撃的かもしれませんね。

そしてその「○○」に頼らずに自分のモチベーションを引き出す方法を説明しています。

英語を身につけたいけれどモチベーションが沸かない・続かない人にはおすすめかもしれません。

3. Yuki式英会話勉強法 Step to success

ここからが実際の勉強法のステップで、本テキストで最も長いパートになります。

教材では、この勉強法は5つのステップからできていると解説されています。

  1. マインドセットを変える
  2. 英語アレルギーを取る
  3. 英語体質になる
  4. 3カ月でTOEIC 650点を取る
  5. 英語を使う場所で実践

一見すると普通のことを言っているように思えますが、実際には「言うは易く行うは難し」の類で、なかなか実行しづらいのではないでしょうか。

特に「英語体質になる」と言われても、「そんな方法があったら教えて欲しいよ」と思ってしまうかもしれませんね。

この章では、このそれぞれのステップについて、具体的に「何をどうするか」を分かりやすく説明しており、

その中でも肝心な「英語体質になる」部分は、更に4つのPhase(段階)に分け掘り下げて説明しています。

4. モチベーションを維持する方法

英語や英会話を勉強しているときに直面する「モチベーション問題」への対処法を挙げています。

けっこう数が多めで「よくこれだけ挙げられるなぁ」というのが正直な感想です。

5. 終わりに

この教材のフォローアップ、追加特典(教材内に含まれている)の説明です。

メールによる質問・フォローアップの仕方やメルマガの紹介などが載っています。

また、追加特典としては、次のようなものが含まれています(一部抜粋):

  • あなたに合った海外ドラマ一覧
  • TEDの見方・使い方
  • 役に立つ英語フレーズや名文など

それでは、内容を紹介しましたので、内容のレビューへと進みたいと思います。

Yuki式英会話勉強法の感想・評価

ここでは、上で紹介した教材の内容を独自の視点でレビューした感想と評価を紹介していきます。

1. 教材の位置づけ

英会話習得の3段階

まずは、この教材の位置づけです。

この教材は、下の図の英会話習得の第1段階と第2段階の「勉強法」を説明したものです。

英会話の上達は3段階に分かれていて、下から順に積み上げることが必要

あまり語られることが無い話かもしれませんが、英会話の上達は上の図に示すような3ステップからできています。

まず最初は単語や文法などの基礎知識を身につける「基礎体力(第1段階)」、そして学んだ知識を使えるように練習する「技術練習(第2段階)」、最後に実際に使う「実戦(第3段階)」です。

英会話というものは、これを下からきちんと積み上げることが、面倒でも上達の近道になります。

正確際には英会話の教材ではない?

この「Yuki式英会話勉強法」は、正確に言えば「英会話の教材」ではなく「英会話の勉強法の教材」となります。

英語自体の説明(基礎文法)もありますが、基本的には「このような勉強法をしましょう」という説明が主体です。

ですので、実際に勉強するための教材は自分で用意する必要があります。

また、この教材を読んだからといって、英語力や英会話力がつくわけではありません。

その意味では「教材」というよりも「勉強ガイド」のような位置づけになりますね。

範囲としては第1段階と第2段階をカバーしていますので、ここで書かれている内容を実践して力を付けたら、

英会話学校へ行ったり英語環境に飛び込んだりすることも平気になるはずです。

私個人としては、この教材に従って勉強をするのであれば、まずは中学校の英語の教科書を用意します。

2. 教材は分かりやすい?詳しい解説は?

実は「読みにくい」教材

まず最初に言いますと、この教材は「読みにくい」本です。

章のタイトルの表示などの問題なのでしょうが、読んでいるうちに全体の中での位置を見失って迷子になることがあります。

ですので、そのような「読みにくさ」を承知しておかないと、読んでいるうちに「うーん、読みづらい!」と言って放り投げてしまうかもしれません。

個人の好みなのかもしれませんが、ページの上や下のほうに「第〇章」などと入れたり、

見出しの字体をもっと大げさに変えると分かりやすかったと思います。

掘り下げる部分はしっかり掘り下げて説明されている

そのような見た目の読みづらさは置いておいて、内容はどうなのでしょうか。

この点については、説明が詳しい部分とあっさりな部分に多少ムラがあるように思えますね。

例えば「英語体質になる」の部分はけっこう詳しく書いていますが、「TOEICで650点を取る」の部分はあっさり気味、といった感じです。

実際、私から見てもTOEICに向けた勉強というのはあまり書く内容のないテーマですので、

TOEIC関係の部分は「実際の試験での得点テクニック」が中心となっています。

また、この「英語体質になる」という部分が、実はYuki式英会話勉強法の核の部分なのかな、と個人的には思いますが、

より具体的には次の項目を重視しています。

  • 発音
  • 基礎英文法
  • ドラマやTOEICで勉強
  • 英文読解・英作文

そして、それぞれの項目について、基本的な考え方から具体的な練習方法まで、かなり掘り下げて説明しています。

事実、この教材のページの大部分はこの「英語体質になる」パートに使われています。

特に、英文読解・英作文については、不慣れな人にも分かりやすく書いてあるなぁ、と思いました。

また、ここで挙げている項目についても、私が重視する項目と同じで大いに同感でした。

面白いのは、ドラマでの勉強を英文読解や英作文の前に持ってきている点で、これは普通とは逆の順番ですよね。

この部分についてはYukiさん自身の「カスケードの逆転」という考えがあり、読んでみると「なるほど」と思わせる内容でした。

発音部分の説明については要注意

このように掘り下げて説明している「英語体質」パートですが、発音については注意が必要です

というのは、英語のそれぞれの音(発音記号・フォニックス)の説明については、一覧と音声のリンクを載せて「こちらから音声をチェックして真似して覚えましょう」という方法をとっているからなんですね。

公式ページでは「3カ月でネイティブに通じる発音を手に入れる」と書いてありますが、私はこのような「見よう見まね」では身につかないと考えています。

英語には日本語には無い音がたくさんありますし、やり方の分からないものは練習自体できません。

それは、目の前で見た手品を見よう見まねでマネしようとするのと同じ。

よっぽど観察力のある人でないと、普通は無理ですよね。

ですので、私としては英語発音をしっかり身につけるには発音専用の教材で基礎から学習することをおすすめします。

やはりこの教材だけでは、きちんとした英語発音は身につかないと思います。

発音記号以外の発音項目についても理屈面の説明が欲しい

また、この教材では発音記号以外にも「英語らしく話す」練習を重視していますが、その部分について理屈面からの説明が不足気味に感じました。

確かに動画などの練習には含まれていますが「なぜそうなるのか」が分からないと、自分で話す時に再現できなくなってしまいます。

そうすると、「練習の音声は英語らしく発音できるけど、自分で話すときはダメ」という困ったことにもなってしまいますよね。

これはこれで困ったことになるので、その解決策について後ほど説明していきます。

3. スピーキングへの効果は?

この教材では「英語力の無い人がどうやって英語が話せるようになるか」がテーマですが、他の初心者向けの教材とは方向性が大きく違います。

私の観点では、この「Yuki式英会話勉強法」は非常に正統派の方法を取っており、きちんとやれば確実にスピーキングに効果があるはずです。

他の「初心者向け英会話教材」と大きく違うところ

この教材と他の初心者向け教材の大きな違いは、上にも書いたように「発音」「英文法」「英作文」を重視している点です。

初心者向けの英会話教材では「文法も発音も必要ない!とにかく例文をマネしましょう!」というのが多いですが、

そのような教材では結局「小手先の英会話力」しか身につかず、本当に英語を自由に使う力は身につかないんですよね。

その点、「Yuki式英会話勉強法」で説明されている方法は正統派で私の考と非常に近く、その内容には大いに同意します。

文法、発音については少し補強が必要

ただ、文法については「最低限これだけ」と項目を絞って説明していますが、私自身は中学校で習う英文法全体を入れてもよかったかな、とも思います。

また、繰り返しになりますが、発音については発音に特化した教材できちんと学習することが必要です。

4. リスニングへの効果は?

この教材は、どちらかというとスピーキングに重点をおいており、積極的に「英語を聞く」という練習はドラマを見るぐらいです。

しかし、「発音」と「英文読解」という、間接的に英語の聞き取りに大きく影響する(音的な理解と意味的な理解)

というよりも必須の項目が盛り込まれています。

英語のリスニングは、英語を聞いているだけでは上達しないんですね。

ですので、きちんと発音と英文読解を身につけることで、リスニングもしっかりと向上します。

ただ、繰り返しになりますが、この教材では英語発音はしっかりと身につかないと思いますので、発音部分については英語発音に特化した教材の使用がおすすめです。

5.  その他

重要項目をたくさん挙げ過ぎ

この教材では、「○○を○○する方法」という類のものが多く挙げられています。

例えば「間違い英語マインドを変える方法」や「英語アレルギーを取る方法」「モチベーションを維持する方法」などですが、

どれも数が多いです。

間違い英語マインドなどは16個ありますし、英語アレルギーを取る方法は8つ、モチベーション維持の方法は20個もあります。

こんなに一度に言われたら、覚えきれないしできっこないですよね。

できれば3つ、多くても5つぐらいに厳選してほしかったところです。

ですので、あなたも「うぇぇ、こんなにある」と思わずに、自分に合いそうなものを3つだけ選んでみることをおすすめします。

いや、別に私が年をとって覚えられなくなってきているわけじゃないですよ…。

メールでのフォロー指導が受けられる

この「Yuki式英会話勉強法」では、Yukiさんによるメールでのフォロー指導が受けられます。

ただ本で勉強するのではなく、このような教材で勉強する利点はフォローにある、と私も考えていますので、この点についてはプラスですね。

その他、会員専用のページからフォローアップのコンテンツにもアクセスできる利点もあります。

内容は良いことを言っているが、実際に英会話を教えてくれる教材ではないので価格は疑問

この教材は、英会話教材ではなく「英会話の勉強法を教えてくれる教材」です。

ですので、これだけで英会話が習得できるわけではありません。

そのため、価格については「?」と思ってしまうかもしれません。

私個人としては「とにかく英会話の勉強法が分からないから、それが1つにまとまってたらお金払ってでも教わりたい!」という状態の人にはおすすめかも、とは思います。

しかし「勉強するのは自分」であり、教材が話せるようにしてくれるわけではない、という意識が前提ですが。

Yuki式英会話勉強法が向いている人

以上の特徴から、Yuki式英会話勉強法は次のような人に向いています。

  • 中学レベルの英語も不安な人
  • 英語の勉強の仕方が分からない人、お金を払って勉強法を教わる準備のある人
  • 英会話を身につけたいけどモチベーションが沸かない・続かない人
  • ただの教材ではなくフォロー指導も受けたい人

では、以上をふまえた総評へ進みたいと思います。

総評

評価:3点(5点満点中)/まあまあ良教材

厳密には「英会話勉強ガイド」だが、正統派な英会話上達法を指導してくれる教材

実際に使う英語教材は自分で用意する必要がある(中学教科書がおすすめ)

英語が必要だったり、話せるようになりたかったりしても「どこから手を付けていいか分からない」ということで悩む人も多いですよね。

今回紹介した「Yuki式英会話勉強法」は、英会話そのものではないですが、

そんな悩みを抱えているあなたに「英会話の勉強のしかた」を教えてくれる教材です。

Yuki式英会話勉強法は「英語体質」になるための教科書

他の初心者向け英会話教材のように「とにかく例文をマネて覚えましょう」などというのではなく、

理にかなった方法で「どのように勉強するのか」を指導してくれます。

特に「英語体質になる4段階」の部分では、英語を話すうえで絶対に必要となる能力を鍛える方法を説明していますので、

この教材の指導に従ってこれらの力を鍛えれば、小手先の「カッコいいネイティブ表現」や「レストランで注文する方法」などではない、本当の英会話力が身につきます。

英語体質になってしまえば後は楽

一見すると遠回りのように見えるかもしれませんが「急がば回れ」の通り、結局はこれが英会話を身につける近道なんですね。

この英語体質なしでは、いくら英会話学校へ行っても英語環境にしても、なかなか英会話は上達しません。

逆に英語体質になってしまえば、あなたの耳が、口が、そして脳が勝手に英会話を吸収してくれるのです。

この点が「Yuki式英会話勉強法」の大きなポイントであり、私が良いと思う点でもあります。

このように紹介してきた「Yuki式英会話勉強法」ですが、英語の発音部分について

少し補強が必要な部分がありますので、その点を補強する方法について説明したいと思います。

教材の内容を補強する「英語らしく話す発音のコツ」

さて、ここまで紹介してきた「Advanced Beginner」ですが、スピーキング・リスニングの両方に関わる重要技術である「英語らしく話すコツ」について、

本教材を補強するための「オリジナル補助テキスト」を作成しましたので紹介したいと思います。

Advanced Beginnerを補強する「オリジナル補助テキスト」

英語を話すときに重要な「あること」

英語を話すうえで発音と並んで重要な「あること」この「Yuki式英会話勉強法」には英語らしい話し方についての練習はあるのですが、発音以外に英語を話すうえで非常に重要な「あること」については補足の説明が必要かもしれない、と感じました。

先にも書いたように、英語を話す・聞くためには英語の「音」以外にも身につけるべき重要なポイントがあるのです。

そこで、その点を補強するために特製の「オリジナル補助テキスト」を作成しました。

この補助テキストは、英語を話すうえで重要となる「あること」の理屈を知り、あなたが使いこなせるようになるための「マル秘マニュアル」

内容の一部を紹介すると…

  • 英語の音は○○させないと英語に聞こえない
  • 英語を話すうえで最も重要な「ある音」と使い方とは?
  • あなたがネイティブの英語を聞き取れない本当の理由と対策
  • 本当に「英語らしく話す」ための要素と優先順位

などが説明されています。

ここに挙げたのは、内容のほんの一部です。

この補助テキストで英語を話すときの重要ポイントを身につければ、あなたの口はスムーズに動くようになり、英語で話すストレスが激減します。

また、ネイティブの「本当の話し方」と同じことができるようになるため、自然なスピードやリズムで話された英語にも対応できるようになります。

その他、あなたの英語表現を「より本物」にするために厳選した「アメリカ英語必出表現100」も、今だけ限定で用意しています。

オリジナル補助テキストの入手方法

補助テキストは、簡単な3ステップで入手することができます。

ステップ1:リンクをクリックして公式ページへすすむ

「オリジナル補助テキスト」を入手するには、まず一番下のリンクをクリックして公式ページへ進んで下さい。


ステップ2:確認画面で「オリジナル特典」が表示されていることを確認

このページから公式ページへ進んだ場合、確認画面ではこのように「紹介者からの特典」という記載があるはずです(クリックで表示します)。

Yuki式英会話勉強法 オリジナル特典

そうなっていない場合には、別のページやサイトにアクセスしたことが考えられます。

まずは、下のリンク選択からやり直してみて下さい。

それでも表示されない場合には、お使いのブラウザのクッキーの設定に問題がありますので、クッキーを有効にする、削除してみる、などの操作を行ってみて下さい。

ステップ3:マイページから特典入手ファイルをダウンロード

補助教材を入手するには、購入後に購入者ページにログインし、「購入履歴」のページから14日以内に特典入手ファイルをダウンロードします(14日を過ぎるとマイページからダウンロードできなくなります)。

そしてダウンロードしたファイルに従い、記載されたアドレス(URL)にアクセスしてオリジナル補助教材の請求を行って下さい。

クリックして公式ページへ進む

トップへ戻る