英語の聞き取りの大事なコツ「英語を英語のまま理解する」2つの方法とは?

この記事を読む時間: 8

英語を英語のまま理解する力は英会話に必須

当サイト管理人、むさしです。

今回の記事では、英語の聞き取り上達に必須のコツ「英語を英語のまま理解する」方法を紹介していきます。

英語で何か言われたとき「速すぎて聞き取れない!」と思ってひるんだり落ち込んだりすることは、あなたにも経験があると思います。

これは、音として聞き取れない、ということもありますが、聞いた英語をそのまま理解していく力が必要とされることも、大きな原因です。

「え~と」と考え込まず、「ふんふん、それで?」とやれたら、英語の会話もスムーズで楽しくなりますよね。

そこで今回の記事では、この「英語のまま理解する力」の鍛え方について考えていきたいと思います。

また、私が独自に考案した、どこにも書いていない練習方法も紹介していきます。

英語を英語のまま理解する、とは

2種類の「英語のまま理解」する

英語を英語のまま理解する。

なにやら、英会話の奥義のように聞こえ、一生の仕事のように思えてしまいますが、これも分解して考えると鍛え方の糸口が見えてきます。

この「英語のまま理解する」ということは、実は次の2つの側面を持っているんですね。

それは、

  • 英文を「英語の語順のまま」理解する
  • 英単語・英語表現を「日本語に訳さずに」理解する

ということ。

では、それぞれについて、もう少し掘り下げて考えていきましょう。

英文を「英語の語順のまま」理解する

英語を英語の語順のまま理解する、ということは、英語を聞いてスムーズに理解するために絶対に必要な能力です。

実際の英会話では、頭の中で「え~と、これが主語で、これが・・・」などと考えている時間はありませんよね。

そして、英文を読むときに英語の語順のまま理解することができなければ、聞いたときにも当然理解できないわけです。

ですので、まずは英文を読むときに「英語の語順のまま」理解する練習をしていきましょう。

その場合の練習方法としては、次のような方法が挙げられます。

  • スラッシュリーディング
  • カッコ書きリーディング

それぞれについては、後ほど説明をしていきます。

英単語・英語表現を「日本語に訳さずに」理解する

もう一つの「英語のまま理解する」は、英単語・英語表現を「日本語に訳さずに理解する」ということ。

これは、英単語や英語表現の訳語がすぐに出てくる、ということとは違います。

そうではなく、英語を聞いたときに頭にイメージが描ける、ということなんですね。

このように「英語をイメージで理解・記憶する」ということを積み重ねることで、日本語に訳すプロセスを省略して英語の理解のスピードを向上させることが可能になっていきます

例えるなら、終点まで各駅に停まる鈍行ではなく、終点までノンストップの超特急に乗り換えるようなものですね。

英語をイメージで理解することで、日本語に訳すプロセスを省略し理解の速度が上がる

そのための方法としては、「想像力を駆使しながら英単語・英語表現を覚える」という方法が効果的です(具体的な方法については後述)。

では、英語を英語のまま理解する方法のうち、「英語の語順で」理解する方法から見ていきましょう。

英語を「英語の語順で」理解する

スラッシュリーディングとカッコ書きリーディング

英語を英語の語順のまま理解するには、まず「英語の語順感覚」を身につけることが必要です。

その方法として、スラッシュリーディングカッコ書きリーディング挙げられます。

スラッシュリーディングはよく目にする方法でしょう。

英文を「一定のつながりを持ったカタマリ」に区切って読んでいく練習ですね。

一方、カッコ書きリーディングは英文の構造を見抜き、重要な部分と飾りの部分をつかむ方法です。

それでは、それぞれの練習方法について説明していきます。

スラッシュリーディングで「意味のカタマリ」を把握する練習

スラッシュリーディングって?

スラッシュリーディングは、英文読解などで用いられる読み方で、長い文をいくつかのかたまり(チャンク)分けて読んでいく方法です。

この方法では、文を意味的につながっている単位に分けて理解していきますので、慣れてくるとどこがどのようにつながってくるのか感覚で理解できるようになります。

実際の英文で「スラッシュリーディング」を考えると

例えば、次の英文はちょっと長めですが、「どこからどこまでがセットになるか」を考えるよい例になると思います。

  • The company announced that it is going to go into some emerging markets expecting that it could achieve a higher growth.

この英文を、このようにチャンクに分けて読んでいきます。

私であれば

  • The company announced that / it is going to / go into / some emerging markets / expecting that / it could achieve / a higher growth.

という感じでしょうか。

日本語にすると

  • その会社は~と発表した / ~するつもり / ~に入っていく / 新興市場 / ~を期待しながら / ~を達成できるかも / より高い成長

という感じになりますが、これだと日本語に訳したとは言えないですよね。

でも、それでいいんです。

なぜなら、スラッシュリーディングは和訳するためのテクニックではないからです。

スラッシュリーディングは「英文和訳のためのテクニック」ではない!

実際には、スラッシュリーディングは「どこからどこまでが一つのカタマリか」を掴むものであり、日本語に訳すことは重要ではありません。

逆に、いちいち日本語に直していると分かりにくくなってしまうし、日本語を通さないで理解するトレーニングにならない、という問題もあります。

スラッシュで区切った後に「日本語に訳さずに」英文の内容をイメージしていくことが、英語を「英語の語順のまま」理解することにつながっていくわけです。

と、ここまで書いておいてなんですが、私自身は実はスラッシュリーディングというものを、あまりやってきていないんですね・・ハハハ。

それよりも、次に説明する「カッコ書きリーディング」おすすめの方法です。

カッコ書きリーディングで「英文の骨組み」を把握する練習

「カッコ書きリーディング」とは何ぞや?

カッコ書きリーディングというのは、英文を主要部分とそうでない部分(=装飾部分)にわけ、装飾部分をカッコで囲む読み方です。

もう少し細かく説明しますと、英文を主要部分と飾りに分けることで、最も重要な「何がどうした」の部分を把握する方法です。

何を隠そう、これは私が大学受験時代に発明した(というか思いついた)方法なんですね。

この方法で英文読解に取り組んでから、英文の骨組みを見抜けるようになり、英語の長文を読むことが楽になりました。

では実際に「カッコ書きリーディング」とはどのようなものか、実例で説明してきたいと思います。

「カッコ書きリーディング」を実際に使ってみると

また先ほどと同じ例文で考えていきます。

メインの部分、飾り(サブ)の部分をカッコで分けてみると次のようになります。

  • The company announced (that it is going to go into some emerging markets {expecting that [it could achieve a higher growth]}).

この文では、修飾語句が色々と付いてはいますが、結局「その会社は発表した(The company announced)」がメインの部分ですよね。

これがこの英文の「誰がどうした」の部分です。

そのあとに「何を?」の部分が続いているわけです。

この文の「何を?」は「新興市場に参入すること」。

そして「付けたし」として「~を期待しながら(expecting ~)」がくっ付き、さらに「何を?」部分である「高い成長を達成できること」が続くわけです。

感覚としては、「大事なものが先、付けたしは後」という順序でとらえると分かりやすいと思います。

英語のまま理解するための「英語の語順感覚」

この「修飾語が後ろから付く」というのは、ヨーロッパの言語、特にラテン系の言語には多く、英語も少なからずその影響を受けています。

大事な部分が前に出て、説明(飾り)は後ろから付く、という感覚を、様々な英文に触れて養っていくと、楽に英文の構造が見抜けるようになります。

結局のところ、英語に限らず会話を理解する、ということの根本は「何が(誰が)どうした」の部分です。

そして、その最重要部分を意識して真っ先に押さえる練習として、カッコ書きリーディングは非常に効果的な練習方法なのです(手前みそですが)。

では次に、英語を「日本語に訳さずに」理解する方法に進みます。

英単語・英語表現を「日本語に訳さずに」理解する

英語をイメージで理解するには想像力

英語表現を場面ごとイメージで覚えることで、英語をイメージで理解できるようになる

英単語・英語表現を日本語に訳さずに理解する、という方法として、「想像力を駆使しながら英単語・英語表現を覚える」という方法を紹介しました。

これはピンとこない言い方かもしれませんが、別の言い方をすれば、「英単語や英語表現の入った例文を、それが使われている場面のイメージごと覚える」ということです。

いや、もっと正確な言い方をすれば、「英文を、その場面をイメージしながら、覚えるぐらいまで繰り返し読む」ということになります。

もちろん、読むときには「音読」ですね。黙読ではいけません。

生の英語に触れることが上達の早道

生の英語で実際の使われ方を見る

生の英語に触れることは、自然界で実際に動いている動物の観察と同じ

単語集などで単語を学習することは、例えるなら魚や動物の模型を見ているようなもの。

一方、例文はその魚や動物が実際に動いている様子を見るようなものです。

ですが、実際に動いているとは言っても、水族館や動物園で見るのと、実際の自然環境で見るのとでは、その効果が違いますよね。

生の英語に触れることは、野生動物を自然環境で見るのと同じことになります。

生の英語に触れる意外な方法

ただし、生の英語と言っても、必ずしも英語の音声でなくてはいけない、とは限りません。

小説やコラムなど、ネイティブがネイティブ向けに書いたものを読むことも、実際に生きて動いている英語に触れることと同じです。

個人のウェブサイトなども、カジュアルな表現にあふれた格好の教材ですね。

この方法は、聞き取りのための英文ストックも兼ねて挑戦してみてほしい練習の一つです。

まとめ

ここまでの内容を、以下に3点でまとめます。

  • 英語の聞き取りには、「英語を英語のまま理解する」力が必要。
  • 「英語を英語のまま理解する」ということは、英語を「英語の語順のまま」理解する、という側面と、英単語・英語表現を「日本語に訳さずに」理解する、という2つの側面がある。
  • 英語の語順のまま理解するには、スラッシュリーディングやカッコ書きリーディングが効果的であり、日本語に訳さずに理解するには、小説などの音読が効果的。

英語を英語のまま理解できるようになると、速いと思っていた英語が実はそれほど速いわけではない、ということに気が付きます。

その気づきが自信を生み、あなたが英会話をモノにすることへ一歩近づくことになるのです。

あなたが英会話をモノにし、望む未来を手に入れることを、私は応援しています。

むさし

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る

トップへ戻る