iPhoneのSiriで英語発音チェックしたら新発見があった話

この記事を読む時間: 4

iPhoneのSiriで発音をチェック
こんにちは、むさしです。

ご存じのように iPhoneには “Siri” という音声認識ソフトが搭載されてますよね。

実はつい最近まで使ってみたことがなかったのですが、ふと「これで英語発音チェックしたらどんなだべ?」と思いついたのでやってみました。

その結果…自分の英語発音に新発見をしましたので紹介したいと思います。

Siriは自分の英語発音を聞き取ってくれる?

もう世に出て長いですが、iPhone(4以降?)に搭載されている “Siri” というソフトがあります。

話しかけるとそれに応じて調べ物をしてくれたり、メッセージに返信してくれたりする、という「音声入力」ソフトですね。

今回は、それを使って「自分の発音はiPhoneちゃんに通じるの?」を試してみました。

では「Siri で遊ぼう大実験」、行ってみましょー!

Siri起動!

まずは、ホームボタンを長押しして Siri を起動します。

iPhone 6 以降だと “Hello, Siri” というだけで起動するらしいですが、私のはまだ 5S なので、音声で起動はできません。

おっと、その前に “Siri” の使用言語を「英語(アメリカ)」にしておかないといけないですね。

下は起動直後の画面。

I’m not sure what you said there.(何言ってるのかちょっと分からないんだけど)

と言われてしまいました。

いや、まだ何も言ってないんですけど…

英語ではっきりした女性の声なので、なんとなく怒られているような気分になりましたね。

「もっと言って!」と心の中で思ったかどうかは秘密です。

色々な英文の発音をSiriで試してみた結果!

気を取り直して、Siri に話しかける私。

とりあえず「ちょっと調べてこい」的なものを試してみました。

How many countries are there in the world?(世界には国がいくつある?)

答えは「206」だそうです(定義も書いてあります)。

続いては、How big is the earth?(地球はどれぐらい大きい?)

…なんか夏休みの宿題をやってる小学生のような気分になりましたが、だいたいは私の意図する英文が音声で入力できているようです。

ちなみに

Working sucks, doesn’t it?(働くって超つまんないよね)

と愚痴を言ってみたら、下のような反応が返ってきました。

たしなめられているのか同情されているのか、今一つ分かりませんが、もはや音声による操作と言うよりもただの会話になってますね…。

このように、基本的に Siri は私の発音を聞き取ってくれましたが、どうしても聞き取ってくれなかった英単語があったんです

どうしてもSiriが分かってくれなかった「あの単語」の発音

Siri がどうしても認識してくれなかった英単語。

それは… “Trump”

そう、現在のアメリカ大統領 Donald Trump ですね。

実験の中で

Is Trump a good president? (トランプ大統領って良い大統領?)

と聞いたら、こんな風になりました。

なぜか “Trump” の単語だけ違ってますね。

しかも、最初の字からして違うし…。

「どーなってるの!?」と思ってしまいました。

なぜこの単語の発音は認識されない?

ほかにも “Trump” を含む英文を言ってみましたが、みな同じように “prompt” などに変換されてしまいました。

この原因は色々考えられますが、大きくは次の3つでしょう。

  1. トランプ政権の意向により、Trumpを含む音声入力が許可されないようにiPhone のOSが変更された
  2. iPhone が壊れてる
  3. 私の発音が正しくない(かも)

私としては1番が最有力、2番が次に濃厚だと信じているのですが、万が一3番の場合の可能性も考えて実験を続けてみました。

試しに Trump氏 の象徴でもある “Trump Tower” と発音してみると…

Prom power に変換されてしまい、なぜかカナダの電力会社の情報が出てきてしまう始末。

それじゃないんだ、Siri さんよ…。

じゃあ “Tower” だけだったら?

なんと、これも “Power” として聞き取られてしまいました!

どうも一連の結果から考えると、私の場合 “t” の音が先頭に来た場合に “p” として認識されてしまうみたいです。

口を閉じて発音しているわけではないので “p” に聞こえるわけはないんですが、音が弱いんでしょうかね。

Siri を使うには、もっと息を強く吐いて発音する必要があるかもしれません。

普段の英会話(人間相手)ではこんな聞き間違いをされたりしないんですけどね…。

ということで、Siri を使ってみたことで興味深い発見をした、というお話でした。

まとめ:Siriは英語発音のチェックに役に立つ?

いかがでしょうか。

今回は iPhone に搭載されている Siri を使って英語の発音をチェックして気付いたことを紹介しました。

機械なので人間の認識に比べると融通の利かないところがありますが、それでもSiri は自分の英語発音を試してみるのに役に立ちますね。

なかでも自分の英語発音の特徴というかクセを知ることができたのは、意味があったなぁと思います。

あなたも、一度お試しあれ。

むさし

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る

トップへ戻る