音声有:歩く?働く?英語のwalkとworkの発音のコツを完璧マスター

英語の勉強はできても話せないと悩むあなたに ⇒ 英会話上達の本当のコツと3つの必殺練習方法!

この記事を読む時間: 4

働く?それとも歩く?

英語の walk(歩く)と work(働く)の発音、紛らわしくて難しいですよね。

あなたも、こんな経験があるのでは?

英会話が苦手な斉藤さん
僕も walk と work の発音、どうやっていいのか分からなくてイマイチ練習にならないや。。。
海外出張の多い吉澤さん
私もこの前の出張でこの単語を聞き間違われて、全然話が通じなくて困っちゃったわ。。。

英語の発音は、練習しないとできるようにはなかなかなりません。

でも、何をどうしているのか、知らないと練習もできないですよね。

そこで今回は、紛らわしい walk と work の発音の仕方を説明し、この2つの発音を攻略していきましょう。

紛らわしい英単語”walk(歩く)”と”work(働く)”の発音を聴き比べてみる

まずは、それぞれがどのような音になるのか聞いてみましょう。

発音は私(MUSASHI)です。

walk と work の発音

分かりましたか?真似できますか?

できっこないですよね。

聞いただけでできたら天才ですよ。

このブログなんて読む必要ありません。

発音の仕方を知らない状態で聞いても「なんとなく」しか分からず、まして真似しろって言われてもできないのが普通です。

ですので、ここでは「実際には何をどうやって発音しているのか」ということを説明しいきましょう。

“walk”の発音には”L”は入らない!

まず最初にお伝えするのは、walk には “L(エル)” の音は入らない、ということ。

え、だってLって書いてあるじゃん、と言われても知りません。

そういうもんですから。

じゃあ、どういう発音になるのか、というとズバリ

short-o(短い o)

です。

APA(American Phonic Alphabets:アメリカ発音記号)で書けば

/a/

となりますね(これは /a/ と書いてありますが、音としては short-o と言います)。

ですので、walk は発音記号で書くと /wak/ になるわけです。

この音についてはこちらの記事で説明していますが、例えるならば「お医者さんで口の中を見てもらってアーと言うとき」の音ですね。

“work”の発音は「アレ」の基本形

次は “work” の発音。

この音、何か口の中に「引き込む」感じの音でしたよね。

しかも、綴りには r の文字が!

そう、これは下の動画で説明されている r の発音、それも他の母音などがつかない r 発音の基本形そのものなんですよね。

ちなみに work は発音記号で書くと、/wərk/ になります。

こちらの記事で動画説明しているように、舌を「引き舌」のようにし、唇を突き出して基本通り発音するのがポイントです。

walkとworkの入った例文で発音を練習してみる

ではここで、あなたのために練習を用意しました。

こういうのは、単語だけ切り出して練習するのではなく、実際の文章、例文を使って練習するのが一番です。

それぞれ、walk と work が入っていますが、それ以外は変わっていません。

I walk to a burger shop

I work at a burger shop

ちなみにこの “burger” という単語の ur の部分と er の部分も、両方とも “basic-r” となりますので、or と一緒に r 発音の練習にもってこいですね。

そういえば昔、”burger worker” なんて単語を練習させられましたっけ・・・・(遠い目)。

まとめ:これらの発音は実は非常によく使われているのでおさえるべし!

いかがでしょうか。

今回練習した発音は英語発音の基本であり、非常によく使われる音なので、ぜひしっかり練習してほしいと思います。

ところで、何か気づきませんでしたか?

そう、綴りと発音が一致していないんですね。

al の発音には “l” は入らず、or も ur も er も同じ “basic-r” の発音になる。

英語は、歴史的な理由もあって「綴りと発音が一致しない」ことがよくあります。

一応は法則性がありますが、ローマ字や日本語のように「書いてある通りに読む」ということにとらわれないことが肝心です。

そういえば、日本語でも漢字の読み方は複雑怪奇ですから、それに比べれば優しいと思いますよ。

英語の発音を練習すればリスニングも向上し、英会話をマスターすることに近づきます。

がんばって練習していきましょう。

MUSASHI

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る