英語の母音の発音:同じに聞こえる『3つのア』を区別しよう!

この記事を読む時間: 7

日本人には同じに聞こえる英語の『3つのア』の練習

英語の『発音』の個別練習シリーズ、まずは日本人にとっての弱点の1つ、英語の『3つのア』について練習していきましょう。

この3つの音、日本人には全部同じに聞こえる、という、ウルトラマンに出てくる三面怪獣ダダ並みの難敵ですね。

でも、一見区別は難しそうであるものの、きちんと学んだうえで練習すれば難しくはありません。

まずは相手を知ること。それが発音上達のコツの第一歩です。

(注:発音記号については、私の学んだ通り アメリカ発音記号(APA:American Phonic Alphabets)によっていますので、他の本やサイトとは異なる可能性があります)

英語音(発音記号)の全体像については、こちらのページからどうぞ:

英語の発音記号攻略のコツは『知る』こと。全体像を知れば上達も難しくない!【保存版】

英語の発音記号攻略のコツは『知る』こと。全体像を知れば上達も難しくない!【保存版】
このブログでも何度もお伝えしていますが、英会話上達法の基本は英語を実際に口を出すことであり、発音練習は英会話練習の基礎技術です。 ...

英語の『3つのア』とはどんな音?

今回は3つの『ア』、つまり、日本人には全部同じ『ア』に聞こえる3つの別々の音、について説明していきます。

それぞれ、発音記号で書けば/a//ae//Λ(Vの逆立ち)/ ですね。

名前で書くならば、順番に“short-o”“short-a”“wonderer’s voice” になります。

実はヤッカイな英語発音:short-o

まずは、short-o から説明していきましょう。

この音はちょっとヤッカイです。

というのは、short-o と言いつつ発音記号は /a/で、音も『ア』に近いからです(ちなみに、国際発音記号(IPA)の表記では/o/となり、イギリス英語では『オ』に近い音らしいですが)

Short-o は病院で口を大きく開いて診てもらうように

それはともかく、これはどのような音かといいますと、『お医者さんで口の中を見てもらうときに『アー』と言うときの音』です。

大きく、できれば上下の歯の間に指が2本入るぐらいに口を開け、喉の奥から『アー』という音ですね。

short-o の発音

この音のイメージ単語は “dog”。口を大きく縦に開けて発音します。

dog

また、“hotdog” など、/a/ が連続する単語を並べて練習してみるのも、良い練習方法です。

a hotdog

日本人に馴染みは深いけどできない英語発音:short-a

次は、日本人にとっても『アメリカ発音』の代表でもあるshort-a(/ae/)の音です。

日本人にはなじみが深いですが、実は苦戦する音でもあります。

日本語では口を横に開くことはあまりありませんので、最初は口がつってしまうかもしれませんね。

Short-a は口を横に開いて羊のマネ

これは上の short-o とは逆に、横に口を開く音です。

音のイメージとしては、『羊のように神経を逆なでする(annoyingな)音』ですね。

羊が出す『メェェェ』という、あの音です。あのイメージで、ニカッとした笑顔で『エ』と『ア』の中間の音(エの口でアと言う)を出し、羊の真似をしましょう。

short-a の発音

この音のイメージ単語は “cat”。口を横に広げ、ニカッとした笑顔で発音します。

cat

慣れてきたら、“cats in the bag” など、/ae/ を連続して含む言葉で練習してみましょう。

cats in the bag

ちなみに英語では、”a cat in the bag” は『秘密・サプライズ』という意味で使われ、事前にネタばらししてしまうことを “taking the cat out of the bag” と言ったりします。

日本人には馴染みの薄い音、wonderer’s voice(悩み声)

最後は、wonderer’s voice(悩んでいる人の声=悩み声?)です。

この名前は私が付けたのではなく、私の教わった発音矯正トレーナーが使っていた名前をそのまま使っているだけです。

Wonderer’s voice は決められなくて悩んでいるときの声

これは、決断できなくて『う~ん、どうしよう』と迷って(wonderして)いる人のこと。

そういうとき、口を半開きにして『ぅ~』とはっきりしない声が出ますよね。

そのように、口を少しだけ開けて半開きにして、唇をすぼめずに(リラックスさせて)『ぅ』と言うときの音になります。

wonderer’s voice の発音

この音のとき、口は半開きですがすぼめてはいけません。口をすぼめると、別の音(/u/)になってしまいます。

この音のイメージ単語は “fun”。口を半開きにして発音しましょう。

fun

慣れてきたら、“fun in the sun” など、/Λ/ の連続で練習してみるといいでしょう。

fun in the sun

英語の『3つのア』をミックスして発音練習をしてみる

英語の『3つのア』の発音を比べてみると・・・

さて、『3つのア』を見てきたところで、それらを混ぜて練習をしてみます。

その前に、3つを比べて見てみましょう。

  • short-o(/a/)は縦に指2本、大きく開いて『ア』 単語のイメージは “dog”
  • short-a(/ae/)は横に開いて羊の声 単語のイメージは “cat”
  • wonderer’s voice(/Λ/) は、口をほんの少しだけ開いて、答えにくい質問されたときのように『ぅ』と言うときの発音 単語のイメージは “fun”

ここまではいいでしょうか。

帽子とカップを持った警官

この3つをミックスして練習するために、次のような単語の組み合わせを発音してみることにしましょう。

“cop、cap、cup”

片手に帽子、もう一方の手にカップを持った警官がイメージできますよね。

発音は次のようになります。

cop、cap、cup

それぞれの音を見てみると
・ cop /kap/ short-o
・ cap /kaep/ short-a
・ cup /kΛp/ wonderer’s voice

となりますね。

最初はゆっくりでもいいですから、それぞれ大げさに違いをつけて発音してみましょう。

なお、警官のことを “cop” というのは、日本語で言うと “サツ” とか “ポリ” とか言う感じですので、あまりいい言葉ではありません。

仲間内の会話以外では使わないほうが無難ですね。

正しくは “police officer” という表現になります。

実は今回の記事の内容は、そのままでは使えない、かも

以上で、英語の『3つのア』の発音を説明してきました。

と、ここまで書いておいてアレですが、実は今回の記事の内容は、そのままでは実際に使えない可能性があります。

どういうことかと言うと、英語では『文字=発音』という法則は成り立たないためで、あなたが『この字はこの音』と覚えてしまうと、正しい発音にならない危険性があるのです。

例えば、cat とか bagashort-a(/ae/)ですが、fatherashort-o(/a/)の音になります。

また、hotdogo は short-o(/a/)ですが、brothermothero は wonderer’s voice(/Λ/)です。

この辺りは下手に掘り起こすと『ルールなき世界』に突入してしまう可能性があり、全ての単語について説明することは不可能です。

大まかな法則(と例外)については、今後別の記事で説明していく予定ですが、今は『英語ではスペルと発音は一致しない』ということを、頭の隅に置いておいて下さい。

あなたが発音練習をする場合には、まず単語の発音を調べて練習していきましょう。

それが現段階では一番安全な発音練習の方法です。

まとめ:『3つのア』は発音できるようになると聞き分けられる

さて、今回の『3つのア』、区別はつくようになりましたか?

はじめは難しいですが、練習を重ねるうちに音を処理する脳回路ができてきて、発音の上達と同時に聞き取りも向上していきます。

発音練習は、話す力と同時に聞く力も鍛えられる非常に効果的な英会話上達法であり、英会話をモノにする近道でもあるのです。

ぜひ、しっかり練習をして、英会話をモノにしていってほしいと思います。

MUSASHI

英語の音(発音記号)の全体像に戻る

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る