ミリオンボキャブラリー 東大卒の医学博士が生み出した英単語暗記法

英語発音のコツちょい補足:英語には強い音と弱い音がある?

この記事を読む時間: 3

英語の発音には強い音と弱い音

今回の記事は、英語発音のコツ、特に音の結合(リエゾン)の補足として、英語発音の中の「強い音」と「弱い音」について説明していきます。

音の「強い・弱い」と言っても、強く読むとか読まないとか、という話ではありません。

そうではなく、英語の音が生まれながらに(?)持っている強弱関係の話で、その影響で英語の発音が変わってきてしまう、ということについて説明していきます。

ただし、これはアメリカ英語特有の話だと思いますので、「自分は絶対アメリカ発音で話さないぜ!」という人には役に立たない記事かもしれませんが…。

なお「英語発音のリエゾン」については、こちらの記事で説明しています。

参考記事:《Have an apple?》英語発音で重要な「音の結合(リエゾン)」は実は奥深いのです

英語発音の「強い音」と「弱い音」とは?

英語の「強い音」は3つ、「弱い音」も3つ

この、英語発音の「強い音」「弱い音」とは、一体何なのでしょうか。

強い音は

  • snl の3種類

であり、弱い音とは

  • dtth の3種類

を指します。

いずれも子音で、下の記事で説明しているように上あご(upper pallet)で出したり、歯で出したりする音ですね。

英語の発音記号攻略のコツは『知る』こと。全体像を知れば上達も難しくない!【保存版】

また、s と書きましたが、実際には s に近い音として sh も同じく強い音に含まれます。

では、この英語発音の「強い・弱い」が、あなたの英語発音にどう影響するのでしょうか。

英語の「強い音」と「弱い音」が隣り合うと…

英語の弱い音は、強い音にかき消される

この強い音と弱い音、隣り合う(特に弱い音の後に強い音が来る)と弱い音が強い音にかき消されてしまう、ということが起こります。

例えば、handshake(握手)という単語では、弱い音である “d” の後ろに強い音である “sh” が隣り合っていますね。

しかも、d の前には n がありますので、d強い音2つに挟まれているわけです。

この場合、d の音ははっきり言って発音されません。

ですので、実際には han’shake のような発音になり、d のあった部分には音の空白ができる、ということになります。

他にも、n の後ろの th の発音が省略され、“in there”“down there” などは(あえてカタカナで書けば)「インネァ」や「ダウンネァ」のように発音されることもよくありますね。

ただ、th を省略しないで発音する人もいて、必ずしも消えて無くなるわけではなさそうです。

発音されないからといって音が無くなったわけではない?

ただし、注意が必要なのは、「発音されないからと言って、タイミングは変わらない」ということ。

どういうことかというと、n と sh の間には「あたかも d があるかのように」一瞬の間があく、ということです。

あえてカタカナで書けば「ハン シェイク」のような形でしょうか。

その一瞬の間によって、聞いている側は「発音が省略されているけど、本当は d があるんだな」ということが分かるわけです(実際には無意識に感じるという程度ですが)。

英語発音のルールは例外だらけ

しかし、ルール通りにはいかないのが世の中の常ですので、やはり例外がいくつかあります。

というよりも、英語発音に関しては「例外だらけ」という感じですね。

やはりルールが最初にあるわけではなく、みんながやっているのを観察したら「ルールらしきもの」が見つかった、というのが真相でしょう。

これらの例外については、また改めて書いていく予定です。

まとめ:英語の「子音のリエゾン」の入口として練習してみる

今回の記事は、本来は英語発音のリエゾンの中の「子音+子音」という難しいエリアの話になります。

ですが、実際に英語を音読したり話したりするときには非常によく出てくる話ですので、まずは「子音+子音」のリエゾンの入口として、練習をしてみてはどうでしょうか。

慣れてくると意識しなくてもできるようになりますし、英語を英語らしく発音していくことが楽になり、英会話をモノにしていくことにつながってきます。

あなたが英会話をモノにし、あなたの望む未来を手に入れることを、私は応援しています。

MUSASHI

ミリオンボキャブラリー 東大卒の医学博士が生み出した英単語暗記法

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る