英語の子音:Lの発音ポイントは舌を『押し出す音』!

この記事を読む時間: 3

英語の子音の発音:Lは押し出す音

英語の『発音』の個別練習シリーズ、今回は『実は発音の仕方が違う子音 L の音』について説明してきます。

日本人の考える L の発音方法は、実は英語の L の発音方法とは違う、ということがテーマです。

それでは、その違いを見ていきましょう。

※このブログの発音記号については、私の学んだ通りアメリカ発音記号(APA:American Phonic Alphabets)によっています。

Lの発音方法は色々あるが・・・

Lというのは、どの言語でも上あご(の辺り)に舌をつけて発音します。

日本語にはLは無い、と言われていますが、私に言わせれば日本語の『ら行』なんて、R よりも L に近い音ですね。

なぜ R で書き表すことを選んだのか、全く理解に苦しみます。

それはともかく、英語の L も『そんな感じ』でどうやっても発音できるのですが、正確に言うと英語の L の発音方法は日本人が考える方法とは違います。

日本語の場合『舌先を上あごにつける』ことによって発音しますが、英語の場合には『舌の真ん中を上の前歯に押し付ける』感じで発音します。

ちょっとどういうことか分からないかもしれませんので、図で説明すると舌の位置はこのようになります。

英語のLは上の歯に舌の真ん中を押し付けて発音する

このとき、『押し付ける』と書きましたが、実際には舌の力を抜いて自然に前歯4本分に広がるようにします。

そして舌先は、上下の前歯の間から下向きに見える形になります。これが L の口の形です。

ネイティブスピーカーの中には、『Lは舌先を歯で噛んで発音する』とまで言う人もいますね。

light、left、lake の発音

L で始まる音は、このように舌(の真ん中)をつけた状態から発音すればよいのですが、L で終わる音の場合には注意と練習が必要です。

Lの発音は『押し出す音』の意味

Lの前には英語発音で重要な『あの音』が入る

この記事のタイトルで『Lは押し出す音』と書きました。

その意味を説明する前に、L単体をどのように発音するかを説明します。

単体で “L” を発音する場合には、先ほどの説明のように舌の真ん中を上の前歯4本にベタッとつけるように発音します。

この発音を細かく見ていくと、実は /l/ の前に /ə/ が入ってきて、 /əl/ の形になっています。

Lの音は、単純に /l/ ではありません。その状態は舌が前歯にくっついた状態ですから、あとは舌を離すしかなく『エル』という発音は無理ですよね。

そのため、/l/ の前には小さい /ə/(baby-schwa)が入ってきて、/əl/ の形になるのです。

これが実は、L単体の正しい発音です。

Lで始まらない場合のLの発音

単語が L で始まる場合、単純に上で書いたように舌をベタッと付けた状態から発音します。

しかしそうでない場合、L が途中に入ったり L で終わる単語の場合には、このように /əl/ の音になります。

例えば、AppleGoogle の発音は、それぞれこうなります。

Apple: /aepəl/

Google: /guwgəl/

このとき、舌は口の中から上の前歯に向かって押し出されるように動き、最終的に舌の真ん中が(下向きに)上の前歯4本にくっつきます。

これが私が最初に書いた、口の奥から『押し出される』音です。

l-pronunciation_2

押し出すと言っても力強くやるのではなく、舌はあくまでリラックス。力を抜いてソフトにやるのがコツです。

これとは対照的に、は引き込む音になりますので、と の区別ができない!という人は、『押し出す動き』『引き込む動き』を意識して練習してみるといいでしょう。

Rの記事は現在作成中ですので、近日公開です。

MUSASHI

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る