Youtube動画を使って英語のリズムの練習をしよう!《They must be very happy there》

この記事を読む時間: 5

Youtubeを使って英語のリズムを練習する
さて、Youtubeの動画で英語のリズムを練習するシリーズも今回で5回目になりました。

今回も前回紹介した動画のセリフを進めてみましょう。

今回は、ちょっとリズムに乗るのが難しいかもしれませんが、頑張って練習しましょう。

今までの練習記事一覧:

英語の発音を【簡単・確実】に良くするコツと練習方法シリーズ!《詳細解説付》

英語の発音を【簡単・確実】に良くするコツと練習方法シリーズ!《詳細解説付》
英語の発音を良くしたい、英語の発音を良くするためのコツや練習方法を知りたい。 このページを見ているあなたは、そのような英語発音...

また、こちらの記事では、英語のイントネーションとリズムが基礎から学べます。

プロ直伝!英語発音の本当のコツ、リズムとイントネーションの解説&練習方法!

プロ直伝!英語発音の本当のコツ、リズムとイントネーションの解説&練習方法!《英語発音の基礎シリーズ2》
英語発音のコツをお伝えする『通じる英語発音の基礎シリーズ』。 今回はいよいよ『英語のイントネーションとリズム』について、詳しく...

動画で英語のリズムを練習:Oh, they must be very happy there.

それでは前回の動画を見てみましょう。

動画は全体のうち1分19秒~1分28秒の部分でしたね。

(動画を繰り返す時は、繰り返しのマークではなく、1分19秒のところにマーカーを合わせると自動的に再生されて1分28秒で止まります)

この場面でのセリフは次の通りです。

Monica (M): No, my parents moved to the country.

Bill (B): Oh, they must be very happy there.

M: Yes, they enjoy it very much.

今回は、2番目の “Oh, they must be very happy there.” を練習していきましょう。

まず最初にストレスの位置を確認しよう

では最初に、ストレスの位置の確認をしましょう。毎度おなじみですね。

ストレスは以下の4種類+感嘆語にあるのでした。

  • 名詞(代名詞を除く)
  • 動詞(Be動詞を除く)
  • 形容詞
  • 副詞

今回のケースでは、この条件に当てはまるのは

“Oh” “very” “happy” “there”

の4つですね。

途中にある “they must be” は

  • they=代名詞
  • must=助動詞
  • be=Be動詞

ということで、いずれもストレスはありません。

そのため、どの単語もリズムの谷間で『弱く・低く・短く』適当発音で流されます。

今回の音声練習では、この “they must be” を1拍の後半部分に押し込めて発音する、というのが課題と言えば課題になりますね。

それでは、ゆっくり発音から聞いて練習してみましょう。

慣れてきたら、通常のスピードで練習です。

実際の動画の音声では、“they must be” の部分で多少リズム通りになっていない感じになっているのに気が付くと思います。

ですが、それは『英会話練習ビデオ用にゆっくりはっきり話しているから』ですので、あなたが練習するときにはあくまでリズムを最優先、を心がけましょう。

英単語間のリズムの強弱

今回の動画では “very happy there” の部分で、“happy” 部分を前後の単語よりも強く(&高く)発音しました。

それはなぜでしょうか。少し考えてみて下さい。

分かりましたか?

種明かしをしますと、他の2つは副詞、”happy” は形容詞だからです。

前回の練習記事で、英文の中での単語間の強弱関係を説明しました。

再度説明しますと、一つの英文に複数の単語がある場合(普通はそうですが)、その強弱は

  1. 名詞(nouns)
  2. 動詞(verbs)
  3. 形容詞(adjectives)
  4. 副詞(adverbs)

の順になります。

ですから、形容詞である “happy” が、副詞である他の2つよりも強く(&高く)発音されることになるわけです。

ストレスのない(弱い)長母音の発音

今回の例では、『ストレスの無い長母音』が出てきました。

それは “very “happyy の部分です。他にも “be” もそうですね。

通常は、長母音ですので長く伸ばして発音されますが、ストレスが無い音節の場合には schwa に変化(減音化)しないまでも『弱く・短く』発音されます。

その結果、あえてカタカナで書けば “happy” は『ハッピー』ではなく『ハッピ』と伸ばさない音として聞こえることになります。

また、“be”『ビ』という、ごく短い音になります。

いつものクセで伸ばして発音しそうになりますが、それをやるとリズムが崩れたりするので要注意。

ただ、これはあまり意識しすぎなくても、強く読むところをしっかりと『強く・高く・長く』読めば、その反動で『弱く・低く・短く』発音されるます。

ですから、気を付けるのであれば強く読む方を意識しましょう。

今回の音声は両方とも、強く読むところ(ストレス)とそれ以外(ノンストレス)の落差を、意識的に大きくしていますので、練習のときにもこれぐらい差をつけて練習してみましょう。

特に、“very happy there” の部分は、それぞれの単語の中でも強弱をはっきりつけているので、ぜひ真似してみて下さい。

ストレス部分をしっかり強く。そして発音を多少犠牲にしてもリズムを守る。

これが通じる英語発音の本当のコツです(もちろん、発音自体も非常に大切ですが)。

次回は、このセリフの先を練習していきます。

MUSASHI

前の練習動画を見る:Youtube動画を使って英語のリズムの練習をしよう!《My parents moved to the country》

次の練習動画を見る:Youtube動画を使って英語のリズムの練習をしよう!《They enjoy it very much》

練習記事一覧へ戻る:英語の発音を【簡単・確実】に良くするコツと練習方法シリーズ!《詳細解説付》

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る