Youtube動画を使って英語のリズムの練習をしよう!《And we lived in the same dorm too.》

この記事を読む時間: 3

Youtubeを使って英語のリズムを練習する
今回で3回目となりました、Youtubeの動画で英語のリズムを練習するシリーズ。

今回は前回、前々回で紹介したセリフの続きです。

練習記事一覧:

英語の発音を【簡単・確実】に良くするコツと練習方法シリーズ!《詳細解説付》

繰り返しになりますが、こちらの記事は『練習方法の紹介』ではなく『練習そのもの』ですので、ぜひしっかり練習に使ってほしいと思います。

また、英語のリズムを基本から学びたい、という場合には、こちらの記事をどうぞ。

プロ直伝!英語発音の本当のコツ、リズムとイントネーションの解説&練習方法!

動画で英語のリズムを練習:And we lived in the same dorm too

動画をもう一度見てみましょう。

動画は全体のうち23秒~36秒の部分です。

(動画を繰り返す時は、繰り返しのマークではなく、23秒のところにマーカーを合わせると自動的に再生されて36秒で止まります)

この場面でのセリフは次のようになっています。

Monica (M): Do you remember me from school?

Bill (B): Um, I’m sorry, but I don’t remember you. Did we study together?

M: Yes, and we lived in the same dorm too!

今回は、最後の “and we lived in the same dorm too!” を練習します。

英語を話すときに最初にすることはストレスの確認

段々とお馴染みになってきたかと思いますが、まずはストレスの確認です。

ストレスとリズムは切っても切れない関係にありますので、まずは一回一回確認していきましょう。

ストレスは

  • 名詞(代名詞を除く)
  • 動詞(Be動詞を除く)
  • 形容詞
  • 副詞

にあるので、この英文では4つ(lived、same、dorm、too)が該当します。

ちなみに dorm とは、dormitory(寮)の短縮バージョンです。

したがって、この英文は次のような強弱で読むことが分かりますね。

“And we lived in the same dorm too!”

全部で4拍になります。

まずはゆっくり音声から。

最初の”And we” は、本当に適当な発音で、リズムの手前にちょこっと付け加えただけ、みたいに発音されますよね。

次の “-ved in the” は3音節で、少し忙しいですね。

ガイドクリックに従って、リズムを守るように練習してみましょう。

コツは『適当発音』。ここをしっかり発音する必要はありません。

最後は same dorm too が1単語1拍で発音されて終了です(いずれも1音節の単語)。

では次に、自然なスピードで練習してみましょう。

ちょっと”lived in the” の部分で手こずるかもしれませんが、練習するうちにできるようになります。

ガイドクリックありでリズムにのって英語のセリフが話せるようになったら、ガイドクリック無しで話してみたり、動画に合わせて話してみましょう。

練習を始める前よりも、スラスラと話せることが実感できるはずです。

英語のリズムを練習することは、英会話上達の最大のコツ

このようにリズムに乗って話す練習をすると、英語を話すための体と脳回路がどんどんと作り上げられていきます。

そして英語のリズムに乗れるようになると、英語が驚くほどスムーズに口からでてきます。

そのうえで発音練習をしていくと、あなたは話す、聞くの両方を確実に上達させることができるのです。

次回からは、この動画を先に進めて練習をしていきましょう。

MUSASHI

前の練習動画を見る:Youtube動画を使って英語のリズムの練習をしよう!《Did we study together?》

次の練習動画を見る:Youtube動画を使って英語のリズムの練習をしよう!《My parents moved to the country》

練習動画一覧へ戻る:英語の発音を【簡単・確実】に良くするコツと練習方法シリーズ!《詳細解説付》

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る