英会話上達の強い味方!必須熟語”phrasal verb”をおさえよう

この記事を読む時間: 4

phrasal_verbs_small

日本語でも同じですが、英会話でも熟語や慣用表現を知ることは上達法の一つですね。

その言語を母国語にする人達がよく使う表現、というものは、その言語の魂でもあります。

もちろん、こちらの記事にも書いているように、そういったネイティブ流の表現を覚えること自体が英会話練習ではありません。

英会話上達のためには、それ以前に身につけるべき力があります。

参考記事:ネイティブ英会話フレーズの暗記はムダ?本当の上達法とは

ですが、上の記事でも触れているように、ある程度は覚えておくと英会話上達に役立つ「英会話の部品」があります。

その一つが、今回紹介する英語の熟語、“phrasal verb” です。

英会話力の向上に役立つ”phrasal verb”とは?

phrasal verb は英語の熟語

phrasal verb という言葉、あまり馴染みがないかもしれませんね。

これは、読んで字のごとく verb、つまり「動詞」です。

直訳すれば「フレーズ的動詞」になるんでしょうか?

これは、動詞に前置詞などがくっついてある特定の意味を表すようになった語句、つまり「熟語」ですね。

例えば、give up という言葉は、「あきらめる」という意味ですよね。

何かを人にあげるわけでも、上にあげるわけでもありません。

この場合、give にも up にも「あきらめる」という意味はないのですが、この組み合わせではそのような意味になるわけです。

このような「動詞+前置詞=熟語」という組み合わせのことを、英語では phrasal verbs と呼びます。

そしてこういった phrasal verb は、ある程度文法通りの英語が話せるようになって自分の表現力を広げる段階で覚えていくと、非常に便利です。

代表的なphrasal verb

このような phrasal verb、英語では非常によく使われます。

例えば:run into ~ = ~に出会う

  • look up ~ = ~を(辞書などで)調べる
  • come up with ~ = (結論やアイディアなどに)たどり着く
  • bring up = 話題として取り上げる
  • check out = 精算する

などなど、きりがないぐらいにありますね。

これらの表現について、「なぜ」と問うことは無意味です。

これはそういうもの、と割り切って覚えましょう。

英会話上達のためにphrasal verbを身につける方法

この phrasal verb が使えるようになると、英語を話すことや聞いて理解することが楽になってきます。

そのように phrasal verb を身につけるには、仕入れる、定着させる、という2段階が必要になります。

phrasal verbの仕入れ方

まずは、phrasal verb を自分の中に取り入れる、仕入れる方法です。

インターネットで検索すると、このような phrasal verb の一覧が載ったウェブページなどがたくさん見つかりますので、そのような方法で探すのも効率的でしょう。

しかし私のおすすめする方法は、phrasal verb だけに限りませんが、文脈の中で覚えていく方法、つまり「英語の読書」です。

表現集などの、切り取られた標本のような形ではなく、実際にその表現が使われている現場を見て理解する。

そのような形で英語表現に触れると、英語表現の使われる場面ごと記憶に残りますので、定着度合いが高まります。

こちらの記事では、読書を通じた英会話上達法について説明しています。

【参考記事】

英会話力が伸びない・・英会話力を急上昇させる秘策とは?

phrasal verbの定着方法

さて、身につけたい phrasal verb を見つけたとしても、それだけでは道半ば。

しっかり使えるようにならないと、知識は知識で終わってしまいます。

練習して、知識を技術に変えていく必要があるわけですね。

その方法と言えばもう、口頭英作文しかありません。

英会話学校で練習を…と考えているかもしれませんが、英会話学校は質・量ともにスピーキング練習にはなりません。

やはり自分で、自分に対して英語で話しかけてみる、という練習を繰り返すことが肝心です。

いわば、「英会話のシャドーボクシング」ですね。

ポイントは「実際に英語を口に出すこと」。

実際に口に出すことで、表現が口と耳になじんでいき、脳に刻み込まれていくのです。

題材はなんでもいいでしょう。仕事のこと、日常生活のこと、たった今目にしたこと、考えたこと、などなど。

「何でも英語で自分に説明してみる」というチャレンジをしてみると、あなたの英会話力は劇的に向上して、英語が口から出てくるまでの時間が短縮されていきます。

それに加えて発音練習をすれば、あなたは立派に英語が話せるようになるという寸法です。

基礎からきちんと学べば、通じる英語の発音はあなたが考えるほど難しくなく、2~3か月、長くても半年程度で身につきます。

そして努力に対して非常に大きなメリットがあるんです。

【参考記事】

即効果あり!英語の発音練習に取り組む3つのメリットとは

まとめ

いかがでしたか。

今回は、英語の熟語 “phrasal verb” について説明しました。

繰り返しになりますが、phrasal verb が使えるようになると、英語で話す、英語を聞いて理解する、ということが楽になります。

ですので、ある程度文法通りの英語が話せるようになったのであれば、このような表現を使えるように練習して、英会話をどんどんとモノにしていきましょう。

あなたが英会話をモノにし、あなたの望む未来を手に入れることを、私は応援しています。

むさし

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る

トップへ戻る