大爆笑?コテコテのシンガポール英語でiPhoneがしゃべると《いろいろな英語》

英語の勉強はできても話せないと悩むあなたに ⇒ 英会話上達の本当のコツと3つの必殺練習方法!

この記事を読む時間: 4

シンガポール英語「シングリッシュ」は英語の訛りじゃない別言語

英語は世界の共通語、と言われて久しいですが、これだけ多くの人に話されていると、人の数だけ英語がある、と言ってもおかしくはない状態ですね。

特に、英語を母国語とする人よりも、英語を他国の人との「共通語」として使う人の方が多いのが今の世界ですから、それぞれの母国語の影響を受けた英語が話されています。

今回紹介するのは、シンガポールの公用語(の一つ)とされている英語が、現地ではどのように話されているのか、というのをユーモラスに紹介した動画です。

もしシンガポール英語未体験なら、目が点になってしまうはず。

シンガポール限定「Simi」搭載iPhone発売!

まずはこちらの動画を見てもらいましょう。

これは、シンガポールから配信されている “Mr. Brown Show” というポッドキャストのある回を、視聴者が字幕を付けてYoutubeにアップロードしたものです。

この中では、「シンガポール限定のiPhoneに、シンガポール訛りの音声アシスタント『Simi』が搭載されていたら」という設定で、ユーザーとSimiの会話が繰り広げられています。

シンガポール英語って○○みたいに聞こえる

これを聞いて、あなたは「これって英語?」と思ったはずです。

ええ、私も最初そう思いました。

というか、これってまるっきり「中国語」ですよね。

これがシンガポール英語「シングリッシュ(Singlish)」です。

シンガポールに旅行や出張した人は分かると思いますが、街のレストラン(ホーカー)などで食べようとすると、店のおっちゃんやおばちゃんがこういう話し方をするので

「いや、中国が話せないんだけど」

とか言ってしまって、あとで

「あれ英語だったんだよ」

と教えられる、ということはよくあることです。

シンガポール英語を分析してみると・・・

シンガポール英語は英語とは別言語?

このシンガポール英語、通称「シングリッシュ」と呼ばれるものは、「シンガポール訛りの英語」とは違います。

全く別の、新しい言語、と言う人もいるぐらいに違います。

それに対して「シンガポール訛りの英語」とは、内容的に正しい英語ですが、シンガポール特有の発音やイントネーション・リズムで話される、というものです。

シングリッシュは、イギリスやアメリカの英語には無い文法、他の言語(福建語、潮州語、広東語、タミール語、マレー語)からの借り物、など、英語と現地語のごちゃまぜ、いわゆる「クリオール言語」です。

特に文法については、中国語の文を英単語で置き換えただけ、みたいなことがあります。

日本人が、「私は学校に行く」と言おうとして

「アイ・スクール・ゴー(I school go)」

と言う、みたいな感じですね。

このごちゃ混ぜ感がシンガポールの「他民族・多言語国家」としての歴史であり、シングリッシュを独自の文化として誇りにしている人もいます。

シンガポール英語の訛りは?

それに加えて、シンガポール英語にも特有の訛りがあります。

この訛り、というか、訛りというものは「特有の話し方」なのですが、音とイントネーション・リズムの2つから成り立っています。

そしてそれは、普段話している言語の音とイントネーション・リズムが他の言語に持ち込まれることで起こるわけですね。

シンガポール英語の中国語の影響しかり、私達の日本語訛りの英語しかり。

シンガポール英語の場合には、中国語やマレー語の影響から(日本人の英語と同じく)1音1拍に近いリズムで話されます。

そして、やはりイントネーションも英語と違うところを強く読んでいて、全体として単語を尻上がりで発音している感じがします。

上の動画の最初の方でも

dinner (ディナー

の発音が

dinnerディナー

になったりしています(動画の50秒のところ)。

それにしてもSimiはウザい

関係ないですが、この動画を見て思ったのは「こんなiPhoneあったらやだな」ということですね。

最初のところなんか

ユーザー:Simi, read me my messages(Simi、私にメッセージ読んでくれ)

Simi:Har?(ハァ?)

とか言われちゃうわけです。

私だったら、その瞬間にiPhone破壊しそうになる自信がありますね。

その他にも

ユーザー:What is the weather now in Singapore?

(今のシンガポールの天気は?)

に対して

Simi:Hot lah. If not hot then raining lah. Your house no window cannot see outside ar?

(暑いに決まってんだろ。暑くなかったら雨だ。あんたんちは窓が無くて外見えないのか?)

とか、いちいちカンに触る言い方してくるんです。

極めつけはコレ。

ユーザー:What is the price of a resale 5-bet flat in Bishan now?(Bishanの中古5LDKマンションの値段は?)

って聞いたら、こんな答えですよ。

Simi:No need to check lah. You can’t afford one!(どうせ買えないんだから、チェックする必要ないだろ)

リアルでこんなこと言われたら、血圧が300まで行きそうですね。

もちろん、これはコメディなので、実際のシンガポール人がこんな失礼な物言いをするということでは、全然ありません。

そこのところは誤解なきよう。

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る