ミリオンボキャブラリー 東大卒の医学博士が生み出した英単語暗記法

素朴な疑問:”Excuse me”は他の人と一緒の時は”Excuse us”?

この記事を読む時間: 3

Excuse me は他の人と一緒のときは Excuse us?

海外に行ったとき、誰かに質問しようと思って声をかけたり、あるいは人の間を通ろうとする場合に “Excuse me” とよく言いますよね。

この表現は、文字通り読むと『私の失礼を許して下さい』という感じですが、ここでは『私の』になっています。つまり、許してもらうのは『あなたひとりだけ』になるわけです。

これって、他の人と一緒にいて『私たち』のときは、“me” ではなくて “us” に変えないといけないの?という素朴な疑問が沸いてきますよね。

今回の記事では、そこのところについて私の経験からの答えと、偶然見かけた個人的には衝撃的だった表現を紹介します。

『私たち』の場合には “Excuse us?”

他の人と一緒に『通して下さい』という場合

結論から言うと、自分ひとりではなく他の人と一緒にいる場合には “Excuse us” になります。

例えば、あなたが他の人と旅行中に海外の街を散策しているとして、進んでいる方向に人混みがいて通れない、という場合などですね。

他の人と一緒に人混みを通り抜けるときは "Excuse us"?

他の人と一緒に人混みを通り抜けるときは “Excuse us”?


そこを通りたいのはあなたひとりではなく、一緒にいる『私たち』なので、『ちょっとすみません、通して下さい』という場合には “Excuse us” と言いながら通って行く人が多いです。

私も他の人と一緒の場合、気が付く範囲ではそう言うようにしています。

“Excuse me” には、こんな応用があった!

この “Excuse me” の表現、『私』でも『私たち』でもない、別の単語を使うこともできます。私がダラスかどこかの空港で見かけた、個人的には衝撃的だった例を紹介しましょう。

空港の内部では、荷物を運んだりするために電動の自動車が走っていますよね。時々飛行機に乗り遅れそうになっている人を乗せて、けっこうなスピードで走ったりもしています。

そのような場合、当然ながら人をかき分けて進んでいく必要があるのですが、ある時そのような光景に出くわしたとき、その電動自動車を運転していた係員の人は “Excuse a cart. A cart is going through.” と言いながら進んで行っていました。

エアポートの電動自動車が人混みを通るとき "Excuse a cart." と言って通っていた

エアポートの電動自動車が人混みを通るとき “Excuse a cart.” と言って通っていた


考えてみれば通っているのは車なので、『車を通して下さい』の意味で “Excuse a cart.” と言ってもおかしくはないな、と思いますが、その時は衝撃的でしたね。

『Excuse me 以外の言い方にも使えるんだ!』と目からウロコが落ちる思いでした。

“me” 以外の単語を使う “Excuse ~” の例

“me” 意外の単語を使う他の例としては、“Excuse my language/French.” という言い方があります。

これは、何か口汚いことを言った後で『あ、汚いこと言ってごめんなさい』と、(謝る気のない)謝罪をする表現です。まあ、確信犯的に汚いこと言った後の締めセリフですね。

"Excuse my French" は汚い言葉を使った後に『ごめんなさいね』的に使われる言い方

“Excuse my French” は汚い言葉を使った後に『ごめんなさいね』的に使われる言い方


なぜ French なのか、というのは一種の ethnic stereotype なのでしょうが、日本人がうかつに使うと地雷を踏みそうな気がするので、使うなら language の方が無難でしょう。

この表現を間違えるとどうなる?

ここまで書いてきておいて言うのもなんですが、間違っても問題ありません。

使い分けられればそれに越したことはないでしょうが、英語のコミュニケーションに支障をきたすわけでもなく、あなたの社会生活が崩壊するわけでもありません。

ですので、今回の記事は『英会話に関するどうでもいい話』ということで、小ネタとして読んでもらえれば結構です。

他にもこのような『どうでもいい話』があれば紹介していきたいと思います(そればかりのブログでは困ってしまいますが)。

MUSASHI

ミリオンボキャブラリー 東大卒の医学博士が生み出した英単語暗記法

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る