これぞオーストラリア英語?豪政府がこだわった問題表現とは

この記事を読む時間: 3

オーストラリア英語として政府がこだわった問題表現とは

今から数年前のことですが、衝撃的な広告を見かけたことがあります。

それはオーストラリア観光局が作成した、オーストラリア観光の宣伝ポスターでした。

その中では、オーストラリアのビーチを背景に、ビキニの女性が立ってこちらを向いています。

そして大きな文字で『あなた、一体どこにいるの?』という意味の英語が書いてあるのですが、その表現が騒動を巻き起こしたのでした。

私も初めてみたときには、『こんなの正式に出しちゃっていいの?』と思ってしまったほどです。

騒動のもととなったオーストラリア流表現とは

その表現とは・・・。

“Where the bloody hell are you?”

というものです。

“the bloody hell”・・・直訳すれば『血まみれの地獄』ですね。これは、いったいどこに』という感じに “Where” を強めるために入れる表現です。

単純に “Where are you?” と言わず、“Where” などの疑問詞の後に強める意味の言葉を入れること自体は、英会話ではよく見られます。

“Who in the world wants a product like this?”

であれば、いったい誰がこんな製品欲しいと思うんだ?』という『誰が』を強める言い方になりますし、アメリカでは

“What the heck is this?”

と、“heck” を使うことも多いですね。

まずい言葉を2連発

ただ、やはり人前で使っていい言葉といけない言葉があり、“the hell” というのは単語自体でもアウトですし、使うと悪態をつく言い方になったりするので、当然いい言葉ではありません。

“Who the hell are you?”

と言えば、見知らぬ相手に対して『てめぇは一体誰だ』と聞いているような感じになりますし、

“What the hell is going on!?”

であれば、『まったく、どうなってんだよ!?』と状況や相手に悪態ついてる感じですね。

さらには、イギリス系の英語で使われる強めの言葉 “bloody” が入っています。

これはイギリス英語では “very”“pretty” と同じく強めの言葉として使われる場合があります(It’s bloody good. など)が、あまりいい言葉として見られてはいません。

その2つの『良くない』単語が入ってしまっているわけですから、世間、特にイギリスでは苦情や抗議があったそうです。

オーストラリア政府の意地

しかしオーストラリア観光局は『これは非常にオーストラリア的な表現であり、他の言葉では置き換えられない』と言って、この表現を取り下げなかったとのこと。

さすが、と言っていいのかどうか、良く分かりませんが・・・

ちなみに当時、オーストラリア観光局は、

http://www.wherethebloodyhellareyou.com/

というサイトまで立ち上げており、この表現にかけた本気さ(?)を知ることができますね。

http://www.wherethebloodyhellareyou.com/

このアドレスは今でも有効ですが、今では当たり障りのない観光ページへ移動します。

うーん、やはり今では問題あり、という判断になってしまったのでしょうか・・・。残念。

以上、小ネタでした。

MUSASHI

追記:この記事を書いた後、記事一覧で確認したら、なんと記事が消えていました!

ない、時間使って書いた記事が、どこにもない!思わず、口にしてしまいましたよ、

“Where the bloody hell has it gone!?”

と。。。

幸い、なぜかゴミ箱に入っていたのを発見したので、すぐさま戻して事なきを得ましたが・・・あぶない、あぶない。

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る