このポッドキャストは英会話上達に役立つ、わけではない?

英語の勉強はできても話せないと悩むあなたに ⇒ 英会話上達の本当のコツと3つの必殺練習方法!

この記事を読む時間: 4

ECC 英会話 Podcasting は英会話上達に役立つわけではない?

英会話の練習にポッドキャスト。もうすっかりお馴染みの組み合わせですよね。

他の記事で書いたように、私はそれほどたくさんのポッドキャストを聞いているわけではありませんが、いくつか役立ちそうなものを選んで時々聞いてはいます。

参考記事:

刺激的?英語表現と『あるもの』に触れられる英会話Podcast
英会話の学習にポッドキャスト、今や定番ですね。 CNNなどの英語ニュースなども、英会話学習のサイトなどではよく紹介され...

今回は、そのようなポッドキャストの中から『ECC 英会話 Podcasting』をご紹介します。

あなたもご存じの大手英会話教室、ECC ウェブレッスンが配信中の人気ポッドキャストです。

</p> <p>http://www.eccweblesson.com/podcast/</p> <p>

英会話学校が作成、ということで、内容はとても充実してます。

しかしこのポッドキャスト、実は非常に役立つ場合と役立たない場合がありますので、内容の紹介と同時にその点についても触れていきたいと思います。

『ECC Podcasting』の特徴は?

このポッドキャストのウリ

『ECC Podcasting』の最大の特徴、それは『知っている単語でこんなに話せる』というキャッチフレーズに表れています。

難しい単語を覚えるのではなく、すでに知っているやさしい単語の組み合わせで、本当にネイティブスピーカーが使う表現を学習していく。そのようなポッドキャストです。

この『ECC Podcasting』では、日本人のDJ(久々に聞きましたね、この単語)の方と、おそらくはサンディエゴ育ちの日系アメリカ人の講師の二人三脚で、やさしい英語の慣用表現を1回に2つずつ学んでいきます。

ちなみに、この記事の執筆時点(2016年9月13日)での最新エピソードは、

  • knock it off (のける)
  • hand it to someone (手渡す)

の2つでした。

やさしいけど難しい?

こちらの記事でも書いているように、どのような言語でも『自然な表現』というものは、基本的にやさしい単語を使います。

ですが、外国人からすると柔軟的過ぎて分からない、そのような領域でもあるのも事実ですよね。

日本語で言えば『へそで茶を沸かす』とか『目に余る』のような慣用表現は、外国人には、いや日本人でも、聞いたことないものは分かりません(日本人の場合には問題があるかもしれませんが・・・)。

参考記事:

英会話道具箱11:have/get/make で自然な英語へレベルアップ!
ネイティブスピーカーの話す言葉は、英語であれ日本語であれ、基本的にとても自然です。 もちろんたまには堅苦しい表現や話し方も出て...

このポッドキャストは、そのような『知らなきゃ絶対に分からない』ような表現を、少し突っ込んだ背景や使い方なども含めて学習できる、とても良いポッドキャストです。

と、説明しておいてこんなことを言うのもなんですが、実はこのポッドキャストは、役に立つ場合と立たない場合があります。

『役に立たない?どういうこと?』と思っているあなたに、どのような場合に役に立たないのか、それを説明していきましょう。

『ECC Podcasting』が英会話上達に役立たない場合

このポッドキャストが向かない人

まずは、このポッドキャストが向かない人について。それは『自分で英文が作れない段階の人』です。

私の位置付けでは、このポッドキャストは英会話の基礎を固める、というよりは『自然な表現を学ぶ』、つまり『表現を洗練させる』ものです。

そのような表現というものは、基本という根や幹の上にある枝葉であり、根や幹ができていない場合には『ごく一部だけが流暢』という変な英会話になってしまいます。

簡単な英語でも英文が作れない、という段階の人にとっては、このような『ネイティブフレーズ』を学ぶ前に、自力で英文を作る力をつけることに取り組むべき、と私は考えます。

参考記事:

英語が話せない人が挫折しないために目指すべき第一目標とは
英語を流暢に話したいな・・・ そう思っても、そのような目標はものすごく遠くに見え、考えただけで気が重くなって挫折してしまいそう...
英会話学校でも話せない!その原因から解決する上達法を紹介
TOEICの点数が良くても口から英語が出てこない、という悩みも、英会話に関してよく目にする悩みですよね。 あなたも、思うように...

このポッドキャストが向かない用途

もう一点、今度は用途、目的の面です。

このポッドキャスト、というよりも通常ポッドキャストというものは、英会話の練習よりは『勉強用』の色合いが強いものです。

つまり、一方通行なんですね。

したがって、知識を仕入れるにはいいですが、それが定着するか、使えるようになるかは、あなたの練習にかかってくるのです。

英会話のポッドキャストは練習ではなく勉強

英会話ポッドキャストを聴いて得た知識を、使ってモノにするのは自分の練習次第


このブログでは何度もお伝えしているように、英会話はスポーツや楽器演奏と同じく実技科目です。

英会話のポッドキャストも、上で挙げたもののように100%英語ならばリスニングにも役立ちますが、日本語のもの、表現を仕入れるためのものは、『知っている』で終わらせず『できる』レベルまで練習して欲しいと思います。

あなたが『分かる』を『話せる』に変えていけるよう、このブログでは英会話上達に役立つ情報を発信していきます。

まとめ

ここまでの内容を、以下に3点でまとめます。

  • 大手英会話学校 ECC が配信中のポッドキャスト『ECC Podcasting』は、すでに知っているやさしい単語で様々な表現が学べるポッドキャスト。
  • しかし、英文を自分で組み立てられない段階にいる人は、このようなフレーズを覚えるのではなく、自分で英文を作る力をつけることが優先。
  • また、ポッドキャストは一方通行のため、知識を得るだけでなく自分で使えるまで練習が必要となる。

基礎のできている場合には、このようなポッドキャストは非常に役に立ちます。

そして使えるように練習することで、あなたは英会話をモノにしていくことができるのです。

あなたが英会話をモノにし、あなたの望む未来を手に入れることを、私は応援しています。

MUSASHI

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る