『パワー音読入門+あること』で英語が話せるようになる?

この記事を読む時間: 6

パワー音読入門

今回の記事では、私があなたにおすすめしたい本、第2弾『パワー音読入門(横山カズ著)』を紹介します。

第1弾はこちら:

あなたの英会話上達に役立つ超良書『英会話上達法』
今回の記事では、自分が出会った本の中から英会話上達に役立つ本を紹介しようと思うのですが、考えてみれば私は、あまり英語や英会話に関する...

この本は、私がこのブログで主張していることに近く、あなたの英会話練習の手助けとしておすすめできる本です。と同時に、この本にも足りない部分、もっと入れて欲しい点があるのも事実です。

そこでこの記事では、『パワー音読入門』がどのようにあなたの英会話練習に役立つのか、足りない部分はどうやってカバーするのか、その点について考えていきたいと思います。

『パワー音読』があなたの英会話上達に役立つ点

この本は、私が主張する『英語が話せる道すじ』に近い

私が『パワー音読』に出会ったのは、先ごろ出張で日本へ戻ったときでした。

日本滞在中は本屋めぐりが楽しみな私は、例によって本屋をブラブラしてときに、この本を見かけました。

後で調べてみると、日本では最近(?)音読が流行しているとのこと。まったく日本の事情から離れてしまい、全然知りませんでした。

パワー音読入門を購入

出張中に立ち寄った本屋で『パワー音読入門』を発見、購入


音読の本がある、ということに少し驚いたものの、大学受験時に音読の効果を発見してからの『絶対音読主義者』である私は、すぐ手に取ってみて非常にビックリしました。

『その通りだよ、音読だよ!』というのが、正直なところでしたね。

ここでは、私が『これだ!』と思った点を3つ、紹介していこうと思います。

『英語を口に出す』が基本と位置付けている

まず、この本は音読の本です。ということは、『英語を口に出す』ことを中心に置いています。

このブログでも何度もお伝えしている通り、英会話は体を動かして習得する『実技科目』です。そのため、まずは『普段から実際に英語を口に出す』ことを練習の基本と位置付けているのですが、この本も全く同じことを主張しています。

このような点は、日頃スポーツや楽器を習ったり楽しんだりしている人には、分かってもらえる感覚でしょう。

実技科目は体を動かすことが基本

実技科目は体を動かすことが練習の基本


また、スポーツなどでは『体づくり』が必要となりますが、英会話でも音読によって必要な筋肉と神経を鍛える『体づくり』が重要であり、この本は英会話のための体づくりに適しています。

参考記事:

ズバリ、英語の勉強ができても話せない人に必要な1つの事
TOEIC は英語力を測る試験として定着している今日ですが、一方で英会話力とは関係ない、という意見も聞かれます。 私個人の経験...

感情を込めて、入り込んで読むことをすすめている

次の点は、『感情を込めて音読する』という主張です。私はそれを『英文に入り込んで音読する』という言葉で表現していますが、このことは音読の効果を高めるために重要なことです。

感情を込めたり、英文に入り込むには、場面を思い浮かべる想像力を使う必要があります。

そのようにして場面を思い浮かべて英文を読むと、話の流れ、自然な区切り方などの読み方が身体で分かってきます。

そして、繰り返して音読することで自分が英文の一部になる感覚を得られ、英語の構造がしっかり体に刻み込まれ、自分で使い回せるようになるのです。

また、そのような形で自然な英語を音読することで、自分の中に生きた英語を蓄積していくことができ、英会話力の急上昇を得ることもできます。

参考記事:

英会話力が伸びない・・英会話力を急上昇させる秘策とは?
この記事を読んでいるあなたは、英会話力を伸ばそうと努力していることと思います。 でも、英会話の練習をしているけれども、伸びてい...

量が必要、という事実を隠さずに伝えている

最後の点は、『英会話の習得には量が重要』という大切な事実を隠さずに伝えている点です。

最近、英会話は英語に関するウェブサイトなどを色々と見てみますと、『手軽に』とか『初心者でもラクラク』などという言葉が目につきますね。

本音を言えば、ホントかよ、と思ってしまいます。

誤解のないように言いますと、私は楽しく英会話を習得する、ということには賛成です。楽しければ続きますし、結果もついてきます。

ですが、実際に身につけるにはそれなりの練習量が必要、ということを隠して『楽ちん』ということだけを強調すれば、『結局身につかなかった』という結果を繰り返す人を量産するだけでしょう。

その点、この本では『地道に量を重ねることが必要』ということを隠さずストレートに伝えており、本気で英語を話せるようになりたいあなたの力になる本です。

英会話の習得には地道に量を重ねることが必要

英会話の習得には地道に量を重ねることが必要


ただ私は、必ずしも『努力=苦行』ではないと考えています。

昨日の自分より少しでも進歩した自分を素直に喜ぶ、知らなかったことを知ったことを喜ぶ、などの工夫で、『努力=楽しみ』に変えることはできます。そして楽しめれば、ぐんぐんと結果が出てきます。

そのように自分をノセてやる気にさせる方法について、次の記事で詳しく説明していますので、参考にしてみて下さい。

参考記事:

英会話におけるマインドセット、あるいは『精神論』について
英会話と精神論、かっこよく言うと『マインドセット』。 英会話に関する書籍やサイトなどでは、よく見られるテーマですよね。 ...

『パワー音読入門』に足りない点

『音読の仕方』についての説明が少ない

ここまでで『パワー音読入門』の良い点について書いてきましたが、ここからは『もっとこうだったらいいのに』と感じた点を述べていきます。

私が強く感じたのは、『音読の仕方』についての説明が少ない、ということです。

感情を込め、自然に読めるまで繰り返す、ということは書いてありますが、実際に英語をどのように読むのか、リズムやイントネーションはどのようになるのか、ということについては、あまり詳しく触れられていません。

『音声を聞けば分かるじゃないか』と思うかもしれませんが、それでは『見よう見まね』による発音練習と同じです。

それでは自己流の『なんとなく』の発音しか身につきませんし、さらに悪いことには崩れた形で定着してしまう危険性もあります。

脳が発育段階にある小さい子供であればともかく、大人がきちんと身につけたいならば、まず基本を学ばないと練習のしようもないのです。

基本を知らずに見よう見まねで発音練習は危険

基本を知らずに見よう見まねで発音練習しても『なんとなく』しか身につかない

見よう見まねではなく、発音の基本を知ったうえで音読する

世間では『ネイティブの発音を聞いて真似しましょう』という、役に立たないアドバイスがよく見受けられます。

繰り返しになりますが、見よう見まねによる発音練習は、身につかないどころか崩れた形が定着する危険性もあるため、避けるべきです。

この『パワー音読』で練習するにあたっても、いきなり見よう見まねで音読するのではなく、発音の基本を知ったうえで練習すれば、あなたの英会話は正しい道に乗って進んでいきます。

英語発音の『発音記号以前の基本』については、こちらの記事で詳しく掘り下げて解説していますので、まずはこちらを読んで練習してから音読に取り組んでみて下さい。

参考記事:

プロ直伝!発音記号より簡単に英語発音をよくする矯正のコツ《英語発音の基礎シリーズ1》
今回の記事では、リスニングと並び日本人にとって大きな壁となっている、英語発音をよくする矯正のコツを紹介します。 あなた...

上の記事で基本が身につき、さらに本当に通じる英語発音を身につけたい場合には、ぜひしっかりとしたトレーナーや教材を選ぶことをおすすめします。

きちんとしたトレーナーや教材を選んで練習すれば3カ月~半年で通じる発音は身についてきます。

機会があれば、どのようなトレーナーや教材を選ぶべきか、記事にして紹介したいと思います。

まとめ

ここまでの内容を、下に3点でまとめます。

  • 『パワー音読(横山カズ著)』は、英語を口から出すことを基本に置いており、英会話の正しい身につけ方を示している良書。
  • ただ、音読の仕方、英語を読む際のリズムやイントネーションの説明があまり無く、見よう見まねでの音読となってしまう。
  • 見よう見まねによる英語発音は、崩れた形が定着してしまう危険性がある。きちんとしたトレーナーや教材を選んで練習すべき。発音記号以前の英語発音の基本については、リンク記事を参照のこと。

私は英語や英会話に関する本はあまり持っていないのですが、この本は迷わずに買った数少ない本です。

ただ、音読の仕方の説明については不満もあり、あなたの音読効果を高めるためにも、それをカバーする記事を紹介しました。この本と発音練習により、あなたの英会話力は大きくアップしていくはずです。

あなたが英会話をモノにし、あなたの望む未来を手に入れることを、私は応援しています。

MUSASHI

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る