海外に行けばすぐに英語が話せるようになる?英語圏で生活する私の経験と現実

この記事を読む時間: 7

海外に行ったらすぐに英語が話せるようになる?

何年も英語を勉強していても一向に英語が話せるようにならない。

そのような悩みにぶつかり、

「日本で英語を勉強していても、英語は話せるようにならない」

とか

「海外に行けばすぐに英語が話せるようになるかも」

と考えていませんか?

こう言ってはなんですが、それは幻想です。デタラメです。嘘っぱちです。

私がその証拠です。

私は TOEIC でそれなりに高得点を取ってアメリカに赴任しましたが、英語が話せるようになるには数年の苦労を必要としました。

たしかに、英語オンリーの環境を有利に使える人もいるでしょうが、逆に私のように英会話恐怖症になる人もいます。

その違いはどこにあるのか。英語環境を有利に使うには何が必要なのか。

今回の記事ではその点について考えていきたいと思います。

海外に行けばすぐに英語が話せるようになる、のウソ

『英語ペラペラでしょ』と言われて困る

私はあまり言われませんが、海外で暮らしている(いた)日本人や留学経験者から聞くことの一つに、『英語ペラペラなんでしょ、と言われて困る』というものがあります。

そうです、困るんです。

勝手な想像をされ、『人の苦労も知らないで・・・』という気持ちになります。

ひょっとすると、こういう場合の『英語ペラペラ』は『ネイティブスピーカーと間違われるレベル』という超高度なレベルを指しているのかもしれません。

でもそれは、最初から思いっきり高望みですよね。

しかし、そこまでいかなくても、『海外に行く=英語が話せるようになる』ではない場合が非常に多いのです。

もちろん、謙遜で『いや、全然』と言う人もいますよね。

その一方で、何年住んでいても簡単な英会話で詰まってしまう人、ガチャガチャなブロークンイングリッシュが染みついてしまう人が山ほどいます。

そして私のように英会話恐怖症になる人もたくさんいます。

これが現実です。

海外に行く=話せるではない

海外に行っても英語が話せるようにならない理由

私は『日本人には英語が話せるようにはならない』とは思いません。

他の人にできるんだったら、自分にだってできるはず。

自分にできるなら、あなたにもできるはず。

私はそう信じています。

ですが同時に、日本人(の多く)は『英語を話すための準備、練習が足りない』とも感じています。

例えば、中学の英語も分からないまま留学する、とか、テストの点数はいいけど実際に口を動かす練習をしてこなかった(私のケースですね)、などです。

そのような準備不足、練習不足のまま海外に出て、ぶっつけ本番で実戦に臨んで爆死、というパターンが多いのではないでしょうか。

少なくとも、私の場合、それから私が出会った日本人に多いパターンではあります。

現地で英語学校に行ってるけど・・・

海外へ移住したり、留学の際の要件であったり、ということで、現地で英語学校へ行く人は少なくありません。

でも日本の場合と同じく、『通ったけど話せるようにならなかった』という話もよく聞きますね。

やはりそこには、いくつかの原因が考えられます。

英語学校の授業の問題

このような学校、特に無料で行われている ESL(English as the Second Language)クラスなどは、基本的に『英語ができない移民に英語を基礎から教える』という側面が強い、という点が挙げられます。

つまり、日本での学校教育の簡易版、のようなものなんですね。

したがって、学校によっては会話にフォーカスしていない場合もあり、会話を習うにも実戦には程遠い、という話も聞きます。

また、そのようなESLではなく、きちんと英会話を教えるような英会話学校の場合、日本人はテストはできるので上のクラスに入れられてしまい、ついていけずに爆死、というケースもあるようです。

英会話の練習に対する捉え方の問題

このような学校の問題以上に影響しているのは、英会話の練習というものの捉え方のために、英語が話せる状態に向かっていない、という問題があります。

どういうことかと言いますと、

  • 英会話の練習ではなく『勉強』で終わっている
  • 英会話の練習が、学校の時間中だけにとどまっている

という、質と量の両面からの問題があります。

英語が話せるようになるには、前提として知識の『勉強』も必要ではありますが、それ以上に話す『練習』が重要なんですね。

そしてその『練習』とは、実際に口を動かすこと。

ただしこの場合の「話す練習」とは、対人練習ではなく音読や口頭英作文など、まずは一人で英語を話してみる練習を指しています。

また、英会話の練習には量が必要です。学校の時間だけが練習の時間ではなく、その外でどれだけやったか、がカギとなってくるのです。

勉強ではなくて練習、学校の外での『自分の練習』が本番、という意識を持たないと、英語学校へ行っても英語が話せるようにはなっていきません。

英語環境を有利に活用し、英語が話せるようになるには?

英語環境の利点は、生の英語と実戦が経験できることだが・・

日本を飛び出し英語環境に身を置くことの最大の利点は、周りが英語だらけ、という環境に身を置くことができることです。

人によってはそれが恐怖だったり、あるいは、日本と同じく日本語だらけの環境になってしまうこともありますが・・・。

そのような『英語だらけ』の環境であれば、生の英語に触れること、そして実戦で英語を使うことは、すぐ手の届くところにあります。

ですが、このような環境を上手く活かすには、実はそれなりの基礎や準備が必要です。

英語が全然分からない、というのは論外ですが、実際の英会話についていける口と耳、英語を話そうと思ったらすぐに組み立てられる英作文力など、色々な力が必要となってきます。

そしてこの基礎や準備の有無が、海外に行って英語が話せるようになるか、そうでないかの分かれ目になってくるんですね。

英語圏へ行くことの利点は、生の英語と実戦がすぐ手の届くところにあること

英語環境を利用して英会話を上達させるための事前準備

英語が話せるようになる3段階

では、英語環境を利用して英会話を上達させるためには、どのような準備が必要なのでしょうか。

下の図は、『英語が話せるようになるための3段階』を示したものです(クリックすると拡大されます)。

英会話の上達は3段階に分かれている

この図では、英語が話せるまでを3段階に分け、『基礎体力』『技術練習』『実戦』としています。このどれが欠けても成り立たず、途中を抜かすことはできません。

日本で英語を学習して海外に行く場合、日本での勉強で得られるものは主に第1段階の『基礎体力』であり、海外で得られるものは主に第3段階の『実戦』です。

そこには第2段階の『技術練習』、つまり、『実際に知識を使う練習』が欠けています。

それこそが、この問題の本質です。

あなたがその問題を克服するには、第2段階の『技術練習』を通じて今までに得た知識を使えるレベルまで練習することが不可欠です。

では、具体的な『英会話の技術練習』とは?

1つ注意してほしいことは、英会話の技術練習は『英会話学校へ行く』ということとは違います。

それは『実戦』です。

たとえそれが『会話練習』のようなものであっても、日頃の練習の成果を試す『練習試合』。

本当の練習はあなたが自分自身で積み重ねるものなのです。

では、あなた自身の練習とは?

それは、上の参考記事でも説明していますが

  • 発音練習
  • 英文音読
  • 口頭英作文(英語で独り言)

です。

発音練習と英文音読は、実際の英会話についていける口と耳(と脳回路)を作る『英会話のための体づくり』であり、知識を体に刻み込む手段でもあります。

そして刻み込まれた知識を使って英文を作る練習をすることで、英語の反射神経を鍛えて言いたいことを英語で言う時間を短くしていくことができるのです。

この練習には、特に相手はいりません。

目についたこと、思ったことを自分に英語で言う練習をするだけです。

最初は違和感がありますが、慣れると英語で独り言を言っている自分を発見するでしょう。

また、英語を聞く力は話す力の延長。

英語の発音を身につけ、英語を読んで理解するスピードを上げることによって、リスニングを向上させることができます。

【参考記事】

英語リスニング究極のコツと上達法-2つの聞き取れない原因を断つ!

英会話の技術練習は、日本にいても、ひとりでもできる

このような準備をすれば、実戦の英会話で『手も足も出ないで爆死』ということは避けられます。

以前よりもスムーズに口が動き、以前よりもはっきりと聞き取れるようになっているはずです。

海外に行って英語が話せるようになるためには、このような『基礎力以上、実戦以下』の練習が必要です。

しかし、実はこのような練習は海外に行かなくても日本でできます。

それどころか、自分ひとりでもできるのです。

海外や英会話学校に行くことだけが、英会話上達の必要条件ではありません。

ただ、このような練習をした人が海外に行くと、空気中を飛んでいる英語表現をつかまえて自分の英語に取り込めるので爆発的に英会話力が伸びる、というのは事実です。

そのような場合には『海外に行くことが英語を話すことにつながる』は事実と言えるでしょう。

ただし、それはあくまで基礎力あっての話、ということは覚えておいて下さい。

まとめ

ここまでの内容を、下に3点でまとめます。

  • 海外に行けば、すぐに、自動的に英語が話せるようになるわけではない。
  • 日本人は、英語を話すための準備が足りない。そのため、いきなり英語環境に行って爆死することになる。
  • 英会話の練習の基本は『英語を口に出すこと』。英語環境に入る前に、英会話の『技術練習』をする必要がある。

海外に行けば英語が話せるようになるわけではなく、日本で英会話の技術練習をしている人は英語環境をうまく活かせる、ということなのです。

そして英語の技術練習は日本でも、そして一人でも練習可能。

これを英会話練習の中心にすえることで、英語の知識がどんどん英会話に使えるようになっていきます。

あなたが英会話をモノにし、あなたの望む未来を手に入れることを、私は応援しています。

むさし

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る

トップへ戻る