英語は分かるけど話せないと悩む人は参考書を捨ててみよう

英語の勉強はできても話せないと悩むあなたに ⇒ 英会話上達の本当のコツと3つの必殺練習方法!

この記事を読む時間: 8

TOEIC高得点でも話せないと悩む人は参考書を捨てよう

TOEIC で高得点が取れても英語が話せるわけではない、ということはよく言われていることであり、私もその一例でした。

このブログを読んでいるあなたも、どのようにすれば話せるようになるか分からずに悩んでいることでしょう。

しかし私自身は、英会話恐怖症になるほど英会話で苦労したにもかかわらず、実はTOEIC は英会話に全く無関係だとは考えていません。

実際、次のような記事を書いているぐらいです。

TOEICは英会話に無意味?高得点でも話せない人と低くても話せる人を比べてみると

考えてはいないのですが、TOEICの勉強から英会話へ移っていくにはある程度の努力と練習が必要なことは事実です。

今回の記事では、私が英会話恐怖症を克服した経験から、どのように『TOEIC 高得点でも話せない!』という状態から、『英語が話せる』という状態に移っていくか、を考えていきたいと思います。

※このページは複数ページの1ページ目です。

TOEIC で測られる『英語力』とは

『TOEICでは英会話の基礎力が測られる』説

TOEICで実際の英語力は測れるのか、という議論があります。

英語力・・・なんだか正体のはっきりしない言葉ですね。読む力なのか書く力なのか、話す力か聞いて答える力か。

個人的には、そのようなことを考えるのは時間の無駄のように感じます。

では、英語を話す力、つまり『英会話力』として考えた場合はどうでしょうか。

実はこの点に関して、『TOEICでは英会話の基礎力が測られる』という説があります。

とはいっても、私が一人で唱えているだけなのですが。。。

上に挙げた記事でも書いているのですが、TOEIC で高得点を取るには、ある条件が必要となります。

それは、単語や熟語、文法といった基礎事項がしっかり定着し、『あまり考えなくても出てくる』というレベルにあることです(中にはテクニックに頼っている人もいるようですが)。

そしてこのような基礎事項は、あなたが英語を話す・聞くといった場合にも、必ず必要となります。

基礎のないところには、英会話という応用は成り立たないのです。

したがって、『TOEIC 高得点=英語が話せる』ではないものの、TOEIC 高得点であることは英会話に必要な基礎は身についている、という状態であり、

TOEIC は『英会話の基礎力』を測ることができる試験、と言えるわけです。

TOEICを目的としないで『英語を使う力』を伸ばす

TOEIC はテストであり、点数が出ます。その点数の持つ意味は、人それぞれでしょう。

730点が取れてうれしいのか、730点で悔しいのか。730点は単なる数字なのか、それとも昇進や海外勤務を意味するのか。

受ける人によって違うはずです。

私が日本で働いていた会社では、駐在員の選抜にあたり TOEIC の点数が大きな基準となっていたため、毎回 TOEIC を受けては点数に一喜一憂していました(TOEIC の試験自体は苦痛ではなく、むしろ楽しめてはいましたが)。

TOEIC の点数が自分の人生に大きく関わってくる場合、短期的にはテクニックを含むあらゆる手段(※不正はご自分の判断でどうぞ)を使って点数を上げる、ということは必要かもしれません。

しかし長期的に見た場合には、TOEIC のための勉強よりも『英語を使う力』を伸ばすことに力を注ぐ方が、あなたの悩みを解決できるはずです。

そしてそのようなアプローチを取った場合には、TOEIC の点数は必ずついてきます。

点数は単なる結果であって目的ではない、と割り切れるのであれば、そのような長期的な視点に移っていくことがおすすめです。

TOEIC から英会話への移行のカギを握るもの

英語の『勉強』から英会話の『練習』へのシフト

では、あなたが英語が話せるようになるために必要なこと、とは何でしょうか。

それは、英語の『勉強』から英会話の『練習』への移行です。

つまり、知識を得ることではなく、得た知識を使うことへ軸足を移していくわけですね。

勉強は必要ですが、勉強だけをしていても英語が話せるようになるわけではありません。

英会話はスポーツや楽器演奏と同じく実技科目です。

実技科目というものは体を使って身につけるもの、つまり、練習が必要なわけです。

具体的な練習の仕方については、後ほど詳しく説明していきます。

参考書は『勉強が自分を救うはず』という執着の元

TOEIC で高得点を持っているあなたは、TOEIC に限らず英語に関する参考書を持っていると思います。

5冊?10冊?え、100冊も持っているんですか?それはすごい量ですね・・・。

それを全部、捨ててしまいましょう、と言ったら、あなたはどうしますか?

実は『勉強』から『練習』への移行にあたって、『自分には勉強が必要』とか『勉強していないと不安』という考えは、あなたの足を引っ張ります。

つまり『勉強が自分を救うはず』という執着ですね。

そのような執着を捨て、『勉強よりも練習』に移っていくために、捨てるまではいかないまでも、参考書は一時封印しておくほうがいいでしょう。

TOEIC で高得点を取ったのなら、勉強はもう卒業してもいい頃合いです。

どうせ勉強するなら、実戦用の英語を仕込みましょう。

次ページ:具体的な英会話『練習』の内容を紹介していきます(おすすめ記事の下から次ページへ進めます)。

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る