『~はどう?』とすすめる2つの英語表現で会話力UP

英語の勉強はできても話せないと悩むあなたに ⇒ 英会話上達の本当のコツと3つの必殺練習方法!

この記事を読む時間: 4

~はどう?とすすめる英語表現

あなたがの友達が色々と迷っているとき、あなたは『これなんかどう?』とすすめてみたりしますよね。

あるいは、何かをすすめるときだけではなく相手を誘うとき、自分の意見に同意してもらいたいときにも、『これはどう?』という言い方をするでしょう。

それを英語でどのように言うか。今回は2つの表現と、紛らわしい注意すべき表現を見ていきたいと思います。

まずは、何かをすすめる一般的な言い方

相手に『~なんかどう?』という場合、まず使われるのは “How about ~?” ですよね。

例えば『この服なんかどう?』とか、『お昼はカレーなんかどう?』と言ったカジュアルな言い方です。それぞれ

How about this cloth.”

How about curry for lunch today.”

になりますね。

『カレーなんてどう?』の英語表現

『カレーなんてどう?』という場合には”How about curry?”


また、仕事のミーティングなどでも、何か提案をする前に

“Ok, how about this. My plan is …”

などと、『これはどう?』という前置きとしても使えます(言った後に同意を求めるように言ってもいいかもしれませんが)。

その他、何かをすすめる言い方ではありませんが、『あなたはどう?』と相手に聞き返す言い方としても使えることは、テキストなどでお馴染みかと思いますので、説明は省略します。

その他、相手の意見や同意を求める言い方

その他、もう少し長めで、使い方によってはより丁寧な言い方に使える表現が

“What do you say/think (about ~)”

です。

この表現であれば、ビジネスの場などで少し丁寧に言いたい場合、“do”“would” に変えれば、より丁寧な言い方になります。

例えば、『お昼に何か買いに行こうと思うんだけどどう?』と誰かを誘う場合、私であれば

What do you say about going grab something for lunch?”

と言います。

ここで “grab” は本来『つかむ』という意味ですが、“grab something” という場合には『何か(食べ物を)買いに行く』という意味の口語表現になります。

『~するけれどどう?』と誘う場合"What do you say about ~"

『~するけれどどう?』と誘う場合”What do you say about ~”


また、先ほどの “How about” を前置きで使う例のように、自分の意見を言った後に

What do you say/think (about this) ?”

などと、同意や意見を求める表現としても使えますね。

紛らわしくて間違いやすい表現に注意

What about ~

さて、ここでいくつか、紛らわしい表現を挙げてみます。それは

“What about ~”

という表現です。これは、“How about ~” と似ていますが、どう違うのでしょうか。

実はこの表現、“What about ~”『~はどう?』とすすめる表現ではなく、『~はどうするの?』と確認する言い方です。

例えば、引っ越しの手伝いで家具を運んでいる場面を考えてみて下さい。家の主があれやこれや指示を出しています。

あなたは椅子か何かを運ぼうとしたけれども、どこに運んでいいか分からないようなときに

What about this?”

とか

What about this chair?”

などと言って、『これどうするの?』と確認する表現として使えます。

まあ、このフレーズが思い浮かばなくても “Where should I bring this chair?” と聞けばいい話でもありますが。。

『これはどうするの?』と確認する言い方が"What about ~"

『これはどうするの?』と確認する言い方が”What about ~”


あるいは、友達と飲んでいて遅くなってしまい、もう帰ろうか、というときに

“I am leaving, but what about you guys?

と言って、『自分は帰るけど、君たちはどうするの?』などと、相手の予定や意思をたずねることもできます。

How do you say ~

もうひとつ紛らわしい表現は、“How do you say ~” です。ちょうど上の例では HowWhat で入れ替わりましたが、今度は逆の入れ替えです。

この言い方は、『~を(あなたは)何て言うの?』という言い方で、例えば『idiot って日本語で何て言うの?』というようなときに、

How do you say idiot in Japanese?”

という風に使います。

ちなみに idiot は、『バカ、アホ、間抜け』のような意味ですので、使い方は要注意です。機会があれば、この辺りの単語をまとめた記事を書いてみようと思います。

まとめ

ここまでの内容を、下に3点でまとめます。

  • 『~なんてどう?』とすすめる場合、一般的には “How about ~?”
  • 他に、“What do you say/think about ~ ?” という言い方もあり、do を would に変えることで多少丁寧な表現になる。
  • 紛らわしい表現として、”What about ~” と “How do you say ~” に注意。

今回の内容は、カジュアルな言い方から丁寧な言い方まで幅広く使える内容ですので、自分の英会話に取り込んでモノにしておくと、とても便利です。

あなたが英会話をモノにし、あなたの望む未来を手に入れることを、私は応援しています。

MUSASHI

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る