ミリオンボキャブラリー 東大卒の医学博士が生み出した英単語暗記法

『~について』は”about”?こんな英語表現はいかが?

この記事を読む時間: 4

~に関して、のabout以外の英語表現

あなたの『英語でこう言いたい!』を解決し、あなたが自力で英語を話せるように手助けする『自分で英語が話せるようになるための英会話表現集』

毎回、応用範囲の広い、使い回しの利く表現を紹介していきます。

今回のテーマは『~について』の “about ~” 以外の英会話表現です。

『〜について』という場合、学校では“about ~” と習うかと思うますが、実際の英会話では今回紹介するような表現も使われます。

知らないと気付かないのですが、知ってしまうと実はよく使われていることに気づく、そんな表現ですね。

そのように言われたときに意味を取り違えないように、またあなたの表現の幅を広げるために2つの表現を紹介します。

他の英会話表現はこちらから:

「自分で英語が話せるようになるための英会話表現集」一覧

〜の件について話したいんだけど

会社で他の人と仕事をしていると、協働で関わっている案件についての連絡はしょっちゅうあります。

むしろ、日中は他人と話すのが仕事で、自分自身の仕事は夕方6時から、というのが通常という場合もありますが。。。

時々、朝出勤すると同僚から

“Hi, I just like to touch base with you on project X. Can you call me back?”

という電話メッセージが入っていることがあります。

この場合、『~について』の部分に “on” が使われていて、英会話では “on ~” が非常によく使われます。

なお、“touch base on ~” や、短い “touch on ~” という表現は、日本語でもそのまま訳せるように『~について触れる』つまり『話す』という意味の口語表現です。

ちなみにこのようなメッセージは、表現は気軽に『ちょっと話したいんだけど』と言っていますが、その実は『何やってんだ、早くやれゴルァ!』という催促だったりすることが多いのです。

というのは、私の場合だけですかね・・・。

けっこうアメリカ人(だけじゃないでしょうが)は、内面はどうあれ表面的には笑顔、ということがよくあります。

~について話す、の英語表現

この表現は日常会話で非常によく使われますので、余裕があれば覚えておくと便利です。

手軽に使いやすい表現ですし、相手が使ってきたときに『は?』とならずに済みます。

先日も同僚から

Hi, can you come down to my office and see me? (ちょっと来てくれる?)

という電話があり、

Ok, sure. On what would it be?(いいけど、要件は何?)

と返して要件を前もって聞く、という会話がありました。

他にも、『わが社の新製品についてプレゼンテーションを行った』であれば

“I made a presentation on our new product.”

と言うこともでき、使い道の多い表現と言えます。

このように “on” には『~について』という使い方がある、と知っているだけでも、少しネイティブスピーカーの使う生の英語の感覚に触れ、英会話力もアップしていきます。

『~に関する規則』の表現ではこんな単語も

先日、仕事に関連してあるセミナーに出席したときのこと。

テーマは、ある事柄に関する政府の対応や法律関係の話だったのですが、当然のように『その分野に関する規則』『その分野に関するガイドライン』などに話が及びました。

そのような内容が話されていたとき、その英語表現として

“new guidelines around ~

と、“around” を使っているのが印象的でした。

もしかしたらこの表現は、『~に関する』とピンポイントではなく『~に関連する』という周辺分野のことを述べているのかもしれません。

でも、このような新しい発見をすると得をした気分になりますね。

『~に関する規則』の英語表現

まとめ

ここまでの内容を、下に3点でまとめます。

  • 『~について』という場合、英会話では “on ~” が使われることが多い。
  • “touch base on ~”“touch on ~” は『~に触れる』、つまり『~について話す』という、日本語と同じような感覚の表現。
  • 『~に関連する』のような場合には、“around ~” という表現が使われることもある。

今回の内容は、どちらかというと表現を自然にする表現ですが、このような『英語の英語らしい表現』を仕入れて練習することも、あなたの英語感覚と英会話力のアップにつながっていきます。

あくまで練習してモノにすれば、の話ではありますが。

あなたが英会話をモノにし、あなたの望む未来を手に入れることを、私は応援しています。

MUSASHI

「自分で英語が話せるようになるための英会話表現集」一覧

ミリオンボキャブラリー 東大卒の医学博士が生み出した英単語暗記法

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る