英語リスニング究極のコツと上達法-2つの聞き取れない原因を断つ!

この記事を読む時間: 6

聞く女性 英語のリスニングの究極のコツ

むさしです。

今回の記事では、究極の英語リスニング上達法を紹介します。

英語がなかなか聞き取れない、それは日本人のほぼ全員に共通する悩みですよね。

実はリスニングに関する悩みには原因があり、その原因に対するきちんとしたコツや上達法も存在します。

しかしそれと同時に、間違ったリスニング練習方法も世間にはあふれているのも、また事実。

そこでこの記事では、あなたが間違った練習方法に努力や時間を無駄にしてしまわないよう、確実にリスニング力が向上する方法を紹介していきます。

あなたが英語が聞き取れない本当の理由

英語の音声を聞いてるけどリスニングが上達しない?

英語リスニングの向上は、誰もがぶつかる壁のひとつ。

「英語の音声をたくさん聞いているけれど、さっぱり聞き取れるようにならない…」

「読んだら簡単に分かる英語でも、音声で聞くと全然違う音に聞こえてしまう…」

あなたもこのような悩みを抱えつつ、「英語のリスニングって、練習してもなかなか上達しないよー」と嘆いているかもしれませんね。

少しショッキングなことを言いますと、英語のリスニング能力は英語の音声をただ聞いているだけでは鍛えられません。

いきなりショックかもしれませんね。

でも本当なんです。

英語のリスニングには2つの力が必要であり、英語を聞いているだけではこれらの力は鍛えられないのです。

あなたのリスニングが上達しない2つの原因

「英語を聞き取る」には2つの側面がある

英語の聞き取りには2つの力がいる

一言で英語を聞き取る、と言っても、実は2つの要素から成り立っています。

1つは「音として理解する」ということ。

音を聞き取る、聞き分けるということですね。

ただし、音を聞き取れたとしても、言葉として理解できないと聞き取ったことにはなりませんよね。

そこで、英語の音を聞き取った後に「意味として理解する」ことが必要になります。

このように、英語のリスニングは「音の理解」と「意味の理解」のどちらが欠けても成り立たないのです。

考えてみれば当たり前の話ですので、ここまでは問題無いかと思います。

英語のリスニング力の強化にはリスニングとは別の練習が必要

このような音の理解、意味の理解は、それぞれを個別に強化する練習が必要です。

例えば、英語の音に慣れるのであれば、まずどのような音があるのか知る必要があります。

英語の音の種類や発音ルールを知らないで聞いていても、しっかりと音を区別できないし、練習にもならないですよね。

英語のビスケット 音の理解には音の種類を知る必要がある

きちんと英語の音について知っておかないと、いつも「なんとなく」しか聞き取れません。

その結果、暗闇の中で手探りをしているままの状態で終わってしまうのです(ちなみに、英語には母音の発音だけで15種類の音があります)。

また、英語の理解力についても同じこと。

音は聞き取れたとしても、知らない表現だらけだったり、聴いているうちに「え~と」と考え込んでしまうとしたら、やはり聞き取れないのと同じなんですね。

このようなリスニングの穴をふさぐ練習は、英語の音声をただ聞いているだけでは鍛えられません。

英語のリスニングに必要なトレーニングは、リスニングとは別に行う必要があるわけです。

英語のリスニングの力は聞くだけではなく個別の技術練習が必要

サッカーやバスケットボールなどのスポーツでも、試合形式の練習だけでなく基本技術だけを練習することが必要ですよね。

英会話もスポーツも実技科目ですから、基礎練習が必要なことは同じです。

それをしないと、なかなか英語のリスニングは上達しません。

それでは、その方法をこれから見ていきましょう。

英語を聞き取る力の効果的な鍛え方

英語の「音的な理解」の鍛え方

英語の音を聞き分けるために必要なものとは

まずは「音的な理解」から。

実は、英語の音を聞き取る、聞き分けるためには、脳の中に「英語の音を処理する脳回路」が必要です。

英語の音を聞き分けるには英語の音を処理する脳回路が必要

この回路無しには、英語の音をいくら聞いても聞き分けられませんし、聞き取れるようにはなりません。

別の言い方をすれば、英語の音的な理解を鍛えるということは、この「英語の音を処理する脳回路」を作り上げていく、ということと同じなんですね。

では、どうやったらそんな脳回路が作れるのか?

実は、英語の音を処理する脳回路を作るには確実な方法があるんです。

確実、効率的に「英語の音を処理する脳回路」を作るには?

英語の音を処理する脳回路を作る最も確実、かつ効率的な方法とは、ずばり「発音練習」です。

英語の音の種類を知っているだけではなく、知ったうえで練習して「知っている」を「できる」レベルにしていきます。

そのことを通じて、英語の音を処理する回路が着実に作られていくわけですね。

世の中では「音が聞き取れるようになれば発音できる」という意見も見られますが、私は逆だと考えています

実際には「発音できるようになると聞き取れるようになる」というのが正解です。

発音練習はスピーキング力だけでなく英語のリスニング力の向上にも大きな効果があるんです(その効果については私も実体験済みです)。

ダメだしする女性 聞き取れれば発音できる、は実は逆

 もしあなたが「英語を聞いても全然聞き取れない」ということで悩んでいるのであれば、まずは発音練習から取り組んでみることを、強く強くおすすめします。

【参考記事】

即効果あり!英語の発音練習に取り組む3つのメリットとは

英語の発音練習は激ムズな秘術ではない!

「そうは言っても、英語の発音練習って難しそうじゃない?日本人には無理っぽいんだけど…」

という疑問も出てくるかもしれませんね。

しかし、そんなことはありません。

きちんと基礎から学ぶと、意外と「え、こんなことだったの?」と拍子抜けすることが多いのです(練習は必要ですが)。

難しいと感じるのは、自己流、つまり「見よう見まね」で練習に取り組もうとしているから。

それはタネの分からない手品を、見ただけで真似しようとするのと同じです。

しかし「何がどうなっているのか」を知ってしまえば、英語発音の練習は思ったより簡単に感じるはずです。

手品と同じく英語の発音も、見よう見まねでは無理

もちろん「完璧にネイティブと同じ」というのは気が遠くなる目標ですし、私も目指そうとは思いません。

しかし、きちんと練習すれば、早ければ2~3か月で通じる発音は身につきますし、リスニングへの効果を感じることができるはずです。


英語の「意味的な理解」の鍛え方

次に、英語の「意味的な理解」の鍛え方について考えていきましょう。

ここでは、「英語を英語のまま理解する力」が重要となってきます。

「英語を英語のまま理解する力」とは?

この「英語を英語のまま理解する」とは、「英語が頭にスッと入ってきて、分析しなくても自然と頭にイメージが沸く」ということです。

ちょっと曖昧な感じがするかもしれませんが、これはまた2つの要素に分解することができます。

  • 1つ目は、英語を英語の語順で理解する、ということ
  • もう1つは、英語の表現を日本語を使わないで理解する、ということ

1つ目の「英語を英語の語順で理解する」ということは、言ってみれば英語の文法を使って「誰が・どうした」という最も重要な部分、つまり英文の骨組みをパッとつかむことですね。

これには、スラッシュリーディングなどの練習をすることが効果的です。

2つ目の「英語表現を日本語を使わないで理解する」とは、つまり「英語をイメージで理解・記憶する」ということ。

例えば “dog” という単語が出てきたとき、頭の中に「犬」という日本語ではなく犬の絵がパッと出てくる、という状態ですね。

英語をイメージで覚える Dogと聞いたら犬の絵が思い浮かぶ状態

「英語を英語のまま理解する力」を効果的に鍛えるには?

英語を英語のまま理解する力については、このブログの他の記事でも説明していますが、基本的には、意味をしっかり理解しながらの音読が効果的。

特に、ネイティブがネイティブ向けに書いた小説や雑誌などを音読することで、その効果を高めることができます。

英語を英語のまま理解する力の鍛え方は、こちらの記事でさらに詳しく説明していますので、参考にしてみて下さい。

スラッシュリーディングと一緒に、私独自のトレーニング法も紹介しています。

【参考記事】

英語の聞き取りの大事なコツ「英語を英語のまま理解する」勉強法とは?

まとめ

いかがでしたか。

今回は確実にリスニングを上達させる方法について説明しました。

英語のリスニングには「音的な理解」と「意味的な理解」が必要ですが、これらの力は英語を聞くだけでは鍛えられません。

それぞれ合った鍛え方がありますので、どちらが原因なのか分かれば対処することができます。

このように原因に照準を当てて克服していけば、あなたのリスニング能力は確実に向上します。

そして、英会話をモノにして自分の望む人生へと一歩近づいていくのです。

むさし

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る

トップへ戻る