英会話学校でも話せない!その原因から解決する上達法を紹介

この記事を読む時間: 10

英会話学校に行かずにスピーキングを上達させる方法

TOEICの点数が良くても口から英語が出てこない、という悩みも、英会話に関してよく目にする悩みですよね。

あなたも、思うように英語が話せずに悩んでいるかもしれません。かつて私も悩んでいました。

たとえば、

  • いざ英語を話そうとしても、口から英文が出てこない。
  • 何とか話そうとすると、文法も単語もメチャクチャなブロークンイングリッシュになってしまう。

そして英会話学校に行ったけれども、一言もしゃべれずに終わってしまった、という悲劇も繰り返されています。

実は、あなたの口から英語が出てこないことには原因があるのです。その原因を見つけて根本から解決することが、最も効果的なスピーキングの練習方法です。

そしてそれは、英会話学校などに行く前に、自分で取り組むことができるのです。

そこで今回の記事では、『英会話は慣れ』などという場当たり的な練習法ではなく、英語が思うように話せない原因と、その根本的な解決法を紹介していきましょう。

あなたが英語を話せない原因

英語が思うように口から出てこない理由

英語を話す場面なのに、英語が口から出てこない。これは苦しいですよね。

私もそのように逃げたくなるような状況に、過去には数えきれないぐらい出会っています。

なぜ、TOEICの点数が良いのにそのようなことになるのでしょうか。

TOEICの点数が高くても、英語が思うように話せないことはよくある

TOEICの点数が高くても、英語が思うように話せないことはよくある


あなたがこのような苦しい思いをしてしまうのは、あなたが対人会話の段階に入っていないのに、そのような場面に飛び込んでしまっていることが原因です。

要するに、あなたにはまだ早いのです。あなたには、実際の英会話に取り組む前に『スピーキングの基礎練習』が必要なのです。

会話の相手がいなくても、英会話の練習になる?

実際の英会話とは、スポーツで例えれば試合に出るようなものです。

日頃の練習で基礎力を身につけずに出場することがいかに無謀なことは、考えればすぐ分かるでしょう。

日頃の練習あってこその試合なのです。

実戦の英会話の前には練習が必要

実戦の英会話の前には練習が必要


でも、相手がいないと会話練習にならないし、と疑問に思っていますか?

大丈夫。英会話のスピーキングは英会話学校などに行かなくても練習できます。

むしろ、一人でする練習こそが本当の練習なのです。

では、その基礎力とは何か、どのように鍛えていくか、それを考えていきたいと思います。

英語のスピーキングに必要な要素

『英語を話す』の分解

ここで、英語を話すために必要な要素について考えてみましょう。

英語を話す、ということを分解してみると、次の2点が必要です。

  1. 自分の中で『相手に理解できる英文』が組み立てられ、
  2. 自分の組み立てた英文が、『相手に理解できるように』伝わる

そのためには、次の2つの力が必要ですね。

  1. 英文をルールに従って組み立てる力(英作文力)
  2. 英文を相手に伝わるように発音する力(発音力)

ここまではいいでしょうか。

英語を話すには、2つの力のどちらが欠けてもダメ

英語を話すには、このどちらが欠けても成り立ちません。相手が親切であったり日本人の英語に慣れていれば、これらが欠けていても分かってもらえるかもしれません。

しかしそれは、相手の善意と理解力に依存したコミュニケーションです。

そのような前提が崩れた場合には、全く通じなくなってしまいます(これは実際によく起こりますし、私も嫌というほど経験しています)。

ルールに基づいた英作文力と発音力が英会話には必要

ルールに基づいた英作文力と発音力が英会話には必要


ですので、この2つの力は両方とも鍛えていくことが必要です。

特に発音力は、表現を吸収したり身につけたりする際に非常に役立ちますので、しっかりと正しく取り組むことがカギとなります。

スピーキング基礎力の鍛え方

英語スピーキング力の鍛え方の概要

では具体的に、スピーキング基礎力はどのように鍛えていけばいいのか、その練習方法について説明していきます。

まずは英作文力から。基本的な、教科書レベルの英文法は考えなくても出てくるものとします。

基本的には、今持っている知識(文法や表現)を使う練習が主となります。あなたが話せないのは、知識を使う練習をしていないからです。

自分から知識を使うことで、『知っている』から『できる』に変えることができるのです。

また、知識を使う練習と並行して、知識、つまり表現を増やす方法も紹介していきます。

そのようにして得た表現を、自分の『使える表現リスト』に加えていくことで、あなたの英会話は加速度的に上達していきます。

そして最後に、英語の発音力の練習についても触れていきます。

知っている英文法、英語表現の知識を使えるように練習する

知っているだけでは、話せるようにならない

TOEIC でそれなりに点数が取れるということは、英語表現や英文法をしっかり理解しているということですが、それだけでは使えるようにはなりません。

『知っている』を『できる』に変えるには、そのための練習が必要です。

その練習としては『積極的に使う』ということに尽きるのですが、そのために英会話学校や英会話カフェに行く必要はありません。

自分一人でもしっかり練習できる方法を、次に紹介していきます。

具体的な練習方法

その方法とは口頭英作文です。これは『瞬間英作文』などの本を使ってもよいですが、『英語で独り言を言う』という方法はさらに効果的です。

日常生活で目や耳にする事柄、ちょっとしたことを英語で表現して口に出すのです。

おいしいお肉を食べたら、”Oh, this steak tastes so good!” とか言ってみる。

興味深いニュースを聞いたら、”That new sounds interesting.” とか、ちょっとカッコつけて “I just heard a news that interested me.” などと言ってみる。

仕事が嫌になったら、”I hate my job! I’m gonna quit soon!” と叫んでみる。

このように、見たもの、考えたことを英語で言う練習をしてみましょう。

見たものや考えたことを英語で言ってみる練習は、スピーキングに効果的

日常生活で見たものや考えたことを英語で言ってみる練習は、スピーキングに効果的


誰かに言うわけではありませんから、間違っていても恥ずかしくありませんよね。

最初はちょっと戸惑うかもしれませんが、繰り返していくうちに自然になっていき、英語が出てくるまでの時間が短縮されていきます。

そして、目に映ることを全て英語で言おうとしている自分に驚くかもしれません。

英語で独り言が難しいという人には、こちらの方法

もしも、上で書いたような『英語で独り言』が難しいという場合には、まずは次のような方法から試してみましょう。

それは、英語で3行日記を書き、それを音読することです。

あまり凝る必要はありません。最初はどこへ行った、何をした、何を食べた、どう思った、そのようなことでもいいでしょう。

慣れてきたら、書かずに直接口にする方法へ移行していくと、さらに英作文力の強化につながります。

サポートに英会話学校を使うのもあり

もしも一人で練習をしていて、正しい英語表現が身に付いているか不安になるのであれば、オンライン英会話などを利用してチェックしてもらっても良いでしょう。

自分で練習をし、それをチェックしてもらうというこのは、英会話学校の有効な利用法です。ただし、自分で日頃から練習していることが前提です。

あくまで、英会話学校では『自分の練習が正しいか』ことが目的なことを忘れずに。

様々な英文に触れて自分の中に貯め込んでいく

英語表現をイメージで身につけていく

上に述べたように、持っている知識を使うことがスピーキング練習の主体ですが、同時に英語表現をストックする、英語をイメージで理解する練習もスピーキングの強化につながります。

英語をイメージでとらえ、そのイメージと結びつけて英語表現を身につけることで、イメージから英文を作っていくことができるようになるのです。

英語をイメージで理解することで、イメージから英文を作ることができるようになる

英語をイメージで理解することで、イメージから英文を作ることができるようになる


そのように英語表現を仕入れる際には、『英語について書かれた日本語の参考書の英語例文』ではなく、『何かについて英語で書かれたもの』を選ぶ、ということが重要です。

TOEIC の点数が700点以上であれば、参考書は卒業して実際の英語に積極的に触れていきましょう。

ネイティブがネイティブ向けに書いたものであれば最適ですね。

そのような話の流れがあるものを選び、その話に入り込んで読むことで、英語表現や使用パターンが効果的に身に付いていきます。

さまざまな英語表現を自分の中に蓄積することで身につける方法については、こちらの記事に詳しく書いてありますので、参考にしてみて下さい。

参考記事:

英文題材の選び方

内容は何でも良く、自分の興味のあるものや自分に関連するもの(仕事や専門に関するもの)を選んで結構です。

私は個人的な趣味から旅行に関する個人ブログを読むことが多いですが、日本旅行記のようなブログ記事は自分に身近なことである分だけ興味を持って読むことができます。

そのように入り込んで読んでいくと、場面がイメージしやすく、英語表現や表現パターンもイメージと結びついて記憶されるので身に付きやすいのです。

英文は音読する

そして、英文を読む際には可能な限り音読すること。

積極的に口を動かすことで、英語が音と結びついていきますので、より英会話に使える知識として蓄積されることとなります。

なお、可能な限り、とは、周りに人がいなければ、ということですので、一人の時間は積極的に音読に励みましょう。

英語の発音力を磨く

英語の発音は英会話の基礎技術

次は英語の発音力です。

どうも発音というと難しいと敬遠されたり、不要論を唱える人が出てきたりしますが、それは間違いです。

通じる発音を身につけることは、スポーツで言えば基本的なフォームであり、サッカーで言えば基本の蹴り方、野球で言えば打ち方や投げ方の基本です。これを身につけることで、英語を話すための基本フォームが身につき、英語で話すことが非常に楽になるのです。

また英語の発音練習には、話すうえでのストレスの激減以外にもリスニングとも大きな相乗効果があり、英会話上達の秘訣でもあります。

参考記事:

ただし、上の記事に書いてありますが、英語の発音練習に取り組むにあたっては一つ注意点があります。

英語の発音練習の注意点

英語の発音練習の注意点。それは、きちんとしたトレーナーや教材を選んで基礎から学ぶ、ということです。自己流、つまり見よう見まねで英語の発音練習をすることは、人生で最大の時間の無駄づかいのひとつです。

脳が発達途上にある小さな子供であれば別ですが、脳が育ってしまっている大人には、『何をどうやっているのか』ということを知らずに真似することは、特別な天才でない限り無理です。

目の前で手品を見せられて、『じゃあやってみて』と無茶振りされるのと同じです。やり方も分からず、挑戦しているうちに人生が終わってしまいます。

手品と同じく英語の発音も、見よう見まねでは無理

手品と同じく英語の発音も、見よう見まねでは無理


手品も、種が分かれば練習のしようもありますし、英語の発音練習もそれと同じです。

まず『発音の仕方』を知る必要があり、その後で初めて『できる』レベルまで練習することができるのです。

くれぐれも、『ネイティブの発音を聞いて真似ましょう』などという、なんの参考にもならないアドバイスに惑わされないようにして下さいね。

確かに練習は必要ですが、きちんとした教材なりトレーナーを選んで練習すれば、3カ月から半年ぐらいで通じる発音は身に付いてきます。

もちろん完璧ではないでしょうが、完璧を目指す必要は全くありません。通じる発音の基礎を学ぶだけでも、あなたの英会話は大きく変わります。

発音については、こちらの記事で発音練習の基礎を非常に詳しく掘り下げて説明していますので、あなたの参考になるはずです。

参考記事:

英会話力を確実に強化するために

英会話力を伸ばすカギ

よく世間で『英会話学校に行っても英語が話せるようにならなかった』という意見を目にします。

しかしそれは、『英会話学校に行く=練習』と誤解してしまい、日頃の練習をしてこなかったから、ということが原因です。

これでは、英会話力は伸びません。

英会話は日頃の練習が重要

英会話は日頃の練習が重要


記事の前半でも書きましたが、英会話学校は練習の場所ではありません。力試しの場なのです。

英会話の基礎ができていない人には、練習にもならない時間とお金の無駄遣いであることは明らかですよね。

英会話力を伸ばすには、やはり日頃の練習こそがカギなのです。

英会話練習に対する発想の逆転

まず、あなたの発想を逆転させましょう。

まずは自分で日頃から練習する。その練習とは、英文(参考書ではなく英語で書かれた書物やウェブサイト)の音読、発音練習、そして口頭英作文(英語で独り言)です。

これを毎日繰り返すのです。

つまり、『英会話のシャドーボクシング』ですね。

普段から自分で練習を積み重ねる『英会話のシャドーボクシング』が必要

普段から自分で練習を積み重ねる『英会話のシャドーボクシング』が必要


そのような練習をしつつ、折を見て対人練習、つまり実際の英会話に臨む、という流れが、最も確実かつ効率的なスピーキング上達法なのです。

もしあなたが英語環境で生活や仕事をしていて、毎日が英会話の連続であるとしても、この基礎練習は非常に効果的です。

むしろ、毎日英会話の機会がある分、上達は速いはずです。

『英語が話せない』人が、まず取り組むべきこと

あなたが、TOEICの点数は高い、英語はそこそこ分かる、でも話せない、という状態であれば、ルールに従って英文を組み立てる練習相手に伝わる発音で口から出す練習が必要です。

その練習を一人でじっくり繰り返して、スピーキングの基礎力を鍛えていきましょう。

実際の英会話に取り組むのは、それからでも遅くはありません。急がば回れ、が正解なのです。

まとめ

ここまでの内容を、以下に3点でまとめます。

  • 英語が思うように口から出てこない場合、英会話学校などの対人英会話はまだ早い。急がば回れ。
  • 実際の英会話に取り組む前に、自分で英会話の基礎力を鍛える必要がある。
  • 英会話の基礎力は、英作文力と発音力。そのどちらが欠けても英会話として成立しない。

このように、『とにかく慣れる』式の場当たり的な練習ではなく、きちんと原因に対処する練習方法でしっかりと英会話をモノにしていって欲しいと思います。

あなたが英会話をモノにし、望む未来を手に入れることを、私は応援しています。

MUSASHI

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る

トップへ戻る