『もし~だったらどうする?』って英語で何て言う?

この記事を読む時間: 3

もし~だったらどうする?の英語表現

こんにちは、MUSASHIです。

普段の生活は、何が起こるか分かりませんよね。

そんな場合に『備えあれば憂いなし』というのもある程度までは真実であり、『~の場合に備えて』という表現をこちらで紹介しました。

今回はそれに関連し、『もし~だったらどうする?』という表現を紹介します。

『もしこの商品が売れなかったらどうしよう?』という困った時から、『もし宝くじが当たったらどうする?』という夢のある話まで、いろいろな会話で使い回すことのできる応用範囲の広い表現です。

『もし~だったらどうする?』の英語表現:文法通りと口語表現

まずは文法通りの英語表現

今回の表現が、単純に『もし~だったら』であれば、“If ~” ですよね。

今回はそれに加えて『どうする?』と聞くわけですから、当然疑問文になります。

では、『もし明日雨だったら、どうしようか?』という日本語を英文にしてみましょう。

『明日雨が降ったらどうする?』の英語表現を考える

『明日雨が降ったらどうする?』の英語表現を考える


もし明日雨だったら、なので

“If it rains tomorrow,”

ですね。先のことなので、普通に if文にすればいいだけです。

次は、どうしようか?という質問です。

ここでは『自分たちは』と相談しているわけですから

“what would we do?”

と、we が主語になります。

『どうする?』という相談は、通常"What would we do?"

『どうする?』という相談は、通常”What would we do?”


相手に、『君はどうするの?』と意思確認するのであれば、

“What would you do if it rains tomorrow?”

になります。

ここまでは文法通り、教科書通りですね。

簡略口語版の英語表現

次は、普段の会話でよく使われる、口語版の簡単な言い方です。

これは本当に簡略されていて、たったの2語、

“What if ~?”

という表現になります。

先ほどの『明日雨が降ったらどうする?』であれば、

What if it rains tomorrow?”

ですし、『宝くじ当たったらどうする?』という場合にも

What if you win a big lottery?”

と、同じ文型になります。

宝くじがあったたらどうする?

『宝くじがあたったらどうする?』の英語表現は”What if you win a big lottery?”


このように、覚えて使い回せる文型などを紹介する、ということが、この『英会話道具箱』の目的です。

ガシガシ使い倒して、モノにしていきましょう。

2つの表現の使い分け

なお、私の感触ではこの表現はカジュアルな場合にはいいけれども、お堅めな状況では最初に紹介した文法通りな方がいいかな、と思います。

とは言っても、アメリカなどではビジネス上もファーストネームで呼び合ったり、その境目が日本人には分かりづらいのも事実ではあるのですが・・・。

ビジネスミーティングでは、文法通りの表現の方がいい

ビジネスミーティングでは、カジュアルな関係出ない限り文法通りの表現の方がいい

まとめ

ここまでの内容を、下に3点でまとめます。

  • 『もし~だったらどうする?』は相手にたずねている文なので疑問文になる。
  • 文法通りであれば、“What would you do if ~ ?” の形。カジュアルな会話文では、“What if ~ ?” という簡略系が使われる。
  • ビジネスなどお堅い場面では、文法通りの方がよいかも。

今回の表現はたったの2語ですから、非常に使い勝手がいいですよね。

このような表現で『こう言いたいけど言えない!』を退治していくことで、英会話をモノにしてくことができます。

あなたが英会話をモノにし、あなたの望む未来を手に入れることを、私は応援しています。

MUSASHI

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る

トップへ戻る