TOEIC高得点でも話せない?それでも英会話と無関係ではない理由

この記事を読む時間: 8

TOEIC_block

むさしです。

TOEICと英会話の関係。

色々なところで色々と議論されている話題ですね。

この記事を読んでいるあなたも、TOEICの点数は良いのに、いや、良いからこそ、英語が話せないことで悩んでいるかもしれません。

個人的には、「TOEIC高得点は結果であって目的ではないし、通過点以上の意味はない」と考えています。

しかし一方で、TOEICを通じて得た知識は英会話の習得に全くの無関係か、と問われれば「関係ゼロではない」と考えてもいます。

もう少し具体的に言うならば、「TOEIC で高得点を取るのに必要な能力は、英会話にも役立つ」ということですね。

この記事では、TOEICが英会話との関係と、TOEIC高得点でも話せない人が英語が話せるようになる方法を考えていきたいと思います。

TOEIC高得点は英会話上達にどう役立つ?

そもそも、TOEIC高得点に必要な能力とは

私はしばらくTOEIC を受けていませんので、情報が古いかもしれませんが、私の経験から言うと TOEIC で高得点を取るには次のような能力が必要になります。

まずは、基本的な単語、熟語の知識。

これが無いと、問題文自体が分かりませんよね。

次に文法の知識、そして何よりも重要な「英語を読むスピード」です。

走る男 TOEICは解答するスピードが問われる試験

個人的には TOEIC は読むスピード、回答するスピードが非常に要求される試験であるという感触を持っています。

英語を読むスピードを上げるためには、英語を返り読みしないで英語のまま理解する、ということが必要です。

そのためには単語、熟語、文法の知識が、考えなくても出てくるレベルにある必要があります。

この能力は英会話に役に立つ、というよりも必須

TOEICに必要な能力のうち最も必須なもの

私は上に挙げた能力、特に「英語を英語のまま理解する力」は英会話に役に立つ、というよりも必須と捉えています。

したがって、「TOEIC 高得点 = 必須能力あり」という図式が成り立つのであれば、「TOEIC 高得点 = 英語を話す準備あり」と言えるでしょう。

逆に言えば、この力が弱い場合には、英語を自由に扱うには時間と努力が必要かもしれません。

英語を英語のまま理解するためには

英語を英語のまま理解できる、という状態は、次の2つを満たしています。

  1. 英語の語順のまま、文の構造、つまり「何が(誰が)何をどうした」がつかめる
  2. 日本語に訳さずに英語の意味をイメージできる

1の状態は、英語の語順感覚や文の形、文法事項などが感覚レベルに染み込んでいる状態ですね。

一方2の状態は、英語をイメージで捉えられている状態です。

このように文法や英語のイメージが感覚レベルに染み込んでいるのであれば、練習をすることによって英語で発信することも楽になります。

したがって、あなたがTOEICのリーディングを楽にこなせるようであれば、あとは必要な力と練習を取り入れていくだけです。

TOEIC高得点者が英語が話せるようになるには?

あなたの英会話の状態は?

それでは、TOEIC 高得点でも英語が話せない人は、どのようにすれば英語が話せるようになるのか。

それを考えていきましょう。

前提としては、英語を読むときに返り読みをしないでも理解できる、ということとします。

しかし、必要な英会話上達法を考えるとき、あなたの英会話の状態を考えないことには、何が必要になるのか分かりませんよね。

薬でも症状によって効く薬が違ってきます。

飲み薬とスプーン 英会話の状態によって練習方法も違ってくる

そこで、あなたの「英会話の状態」を次のように分類してみます。

  1. 書いてある英語を読もうとしても、スムーズに口が動かない
  2. 自分で英語を話そうとしても、なかなか言葉が出てこない、文にならない
  3. 一応英語を話しているが、なかなか通じないで苦しい思いをしている
  4. 書いてある英語なら分かるが、話されると分からない

これらは、それぞれ必要な練習法、上達方法が異なってきます。

そして、リストの上にあるほど基本的な練習が必要になってくるんですね。

それでは、それぞれ見ていきましょう。

英会話の状態に応じた目標と上達法

書いてある英語を口に出して読むのに苦労する

英語を話すための体づくり

まずは「書いてある英語を口に出して読むのに苦労する」状態。

本で英語を勉強している場合、意識して練習しないと、この状態になりがちです。

この状態にあるということは、「英語を話すための体ができていない」ということになります。

つまり、普段から英語を口に出していないため、口慣らしが不十分、という状態ですね。

英会話は体を使った実技科目ですから、英語を話すための筋肉と、その筋肉を動かす神経を作っていかないと「話そうにも口が動かない」という状態になってしまうのです。

強そうな男性 英会話のための体作り

英会話の体づくりの方法

「英語を話すための体づくり」のためには、音読と発音練習が効果的です。

最初に英会話の基本フォームである発音を学び、音読することで身につけ、英会話のための体づくりをしていきます。

また、この段階で英語の発音練習を行うことも非常に大きなメリットがあります。

さらに言えば、発音は英語を話すうえでの基本フォームですから、初めの段階で身につけておかずに我流で進んでいくと、後で困ってしまうことにもなってしまいます。

ぜひ、英語の発音練習にも取り組んでほしいと思います。

参考記事:

即効果あり!英語の発音練習に取り組む3つのメリットとは

英語を話そうとしても、口から英語が出てこない

口から英語がパッと出てこない理由

次に、「書いてある英語は口に出して読めるけれども、自分で英文を作って話せない」という状態。

この状態は、普段英語で発信していない、英文を自分で組み立てて話す習慣がないことが原因ですね。

となれば、必要な練習方法は一つ。

普段から英語を話せばいいのです。

「そう簡単に言わないでくれ」と思いますか?

たしかに、学校へ行くのも会話相手を探すのも簡単ではありませんね。

でも実は、簡単な方法があるのです。

普段から英語を口に出すとっておきの方法

それは、口頭英作文、特に「身の回りのこと、思ったり感じたことを自分に英語で言ってみる」という練習です。

 自分に話すのですから、恥ずかしくないですよね(見られたら恥ずかしいかもしれませんが)。

一人でいる時間を、この練習に充ててみましょう。

一応英語を話しているが、なかなか通じないで苦労している

この状態については、発音の問題なのか、表現力の問題なのか、その原因によって対処法が違ってきます。

発音の問題であれば発音練習をすればいいでしょう。

また表現力の問題であれば、英作文の練習をする、よりこなれた表現を覚える、という方法になりますね。

英語の発音練習は重要

世間では発音の重要性が軽視されているように思えますが、通じる英語発音というものは英会話の基礎技術です。

スポーツで言えば、基本的なフォームですね。

なぜ軽視されているのか不思議なぐらい、非常に重要です。

テニスコーチ 英語発音は英会話の基本フォーム

ですが、これは見よう見まねで身につくものではありません。

ぜひ、きちんとした専門家や教材を選び、基礎から学んで練習しましょう。

きちんと練習すれば、2~3カ月、長くても半年程度で通じる英語発音は身につきます。

そして一度身につけてしまえば、自転車やタイピングなどと同じく、一生モノの財産になるのです

下の参考記事に書いてあるように、英語の発音練習には、必要な労力に比べて非常に大きなメリットがあります。

率直に言って、やらない理由は見つかりませんね。

参考記事:

即効果あり!英語の発音練習に取り組む3つのメリットとは

英語表現を磨く

表現に関して言うと、この段階の人であれば、「ネイティブフレーズ」などを覚えたり、実戦を通じて表現を磨いていくことも意味を持つでしょう。

このような練習方法は、自分で英文が組み立てられない状態の人が取り組んでもあまり意味がなく、かえって害になってしまいます

しかし自分から英語で発信する基礎力がある場合には、効果的に活用することができます。

その他、小説などを読んで「自然な英語」への接触を増やすことも、表現を磨くには効果的です。

参考記事:

無料で英会話上達できる方法!英語小説サイト3選

書かれた英語であれば分かるが、話されると分からない

英語の「音」を処理する力をつける

この状態にある場合、英語を英語のまま理解することはできるけれども、音が理解できない、という状態です。

つまり、あなたの脳が英語の音を処理できない状態、ということですね。

ですので、英語の音を認識できるように脳を鍛えていく必要があります。

しかし、どうやれば鍛えられるのか?

英語の音に慣れる、という方法が頭に浮かぶかもしれません。

しかし、その方法で本当に効果があるのでしょうか

英語の聞き取りは聞いているだけでは鍛えられない

少しショッキングなことを言いますと、英語の音の聞き取りは英語を聞いているだけでは鍛えられません。

それは私が身をもって実証済みです。

私もかつて、英会話恐怖症から逃れようとして英語を聞いて練習していましたが、リスニング能力は向上しませんでした。

この方法で英語の聞き取りを鍛えられるのは、脳が発達段階にある小さい子供か、よほどの天才だけなんですね。

小さい少年 英語の音声を聞くことで発音を覚えられるのは小さい子供だけ

脳が育ってしまった大人は、英語の発音の原理を学び、それを練習して身につけること、つまり「発音練習」が最も効果的な習得方法になります

私も発音練習(矯正)に取り組む前には聞き取りに苦労していました。

しかし発音練習をしてからは、以前よりもずっとクリアに英語の音が聞き取れるようになっています。

発音練習は話す・聞くの両方に必要

このように、英語の発音練習は話す、聞くの両方に必要となる技術ですので、一度基本から学んで練習することをおすすめします。

しかし繰り返しになりますが、見よう見まねでは自己流の間違った発音が身につく恐れがあるので危険です。

発音をきちんと学んで練習することが、あなたの英会話を大きく飛躍させる秘訣です。

参考記事:

英語リスニング究極のコツと上達法-2つの聞き取れない原因を断つ!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、TOEICで得点するために必要な力を英会話の上達につなげる方法を説明していきました。

TOEIC で高得点を取るために必要な能力は英会話でも必要となります。

なかでも、英語が英語のまま理解できる力は、英会話に大いに役立つ、というよりも必須の能力です。

TOEIC で高得点が取れている人は、そのような力をすでに持っているわけなんですね。

ですので、そのような人はあきらめずに必要な練習に取り組むことで、比較的少ない労力で英語が話せるようになります。

そのためには、記事中に書いたように「英会話の状態」に応じた練習方法を選ぶことが重要です。

そのことにより、英会話をモノにできるようになっていくはずです。

むさし

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る

トップへ戻る