自力で話せる「上級初心者」?Advanced Beginnerとはどんな英会話教材?

この記事を読む時間: 3

むさしです。

日本人の英会話熱(コンプレックス?)を反映して、世の中には英会話教材があふれていますよね。

しかし私の見るところ、それらの多くは基礎のない初心者に「シーン別の定番フレーズ」という小手先テクニックを教えているだけのものがほとんどです。

基礎知識をどのようにして使いこなすのか、という「本当に話せるようになる方法」を説明したものは少ないのではないか、と感じています。

そんな中、基礎のない初心者に向けて「自力で話せるようになる」ための教材「Advanced Beginner」という教材を発見しましたので、紹介したいと思います。

Advanced Beginnerって変な名前だけど、どんな教材?

ただの英会話初心者より一歩進んだ初心者を目指す

Advanced BeginnerのCanの講義

ここで紹介するAdvanced Beginnerは、「英語の基礎もあやふやな初心者が自力で話せるようになる」ということを目的に作られた動画教材です。

このAdvanced Beginnerという名前自体が「一歩進んで・上級の初心者」という意味で、「話せない初心者より一歩進んだ初心者になろう」という意味が込められています。

この教材の作者は、英語が話せないのにオーストラリアへワーキングホリデーに行って英語に苦しめられた経験があります(しかもレストランで接客していたという無謀ぶり…)。

そんな苦しい毎日を繰り返していた作者でしたが、ある日

「実は英語って、このポイントをおさえれば話せるようになるのかも」

と気づき、それを検証して使える方法として身につけた後は、驚くほど簡単に英語が話せるようになったそうです。

そしてAdvanced Beginnerでは、そのポイントから出発して「自力でどう応用していくのか」という方法を学ぶことができます。

Advanced Beginnerでは自分で英文を作る方法を学ぶ

教材の中では、基本的な英語の仕組・ルールを使って自分で英文を作るための方法を、3カ月以上かけてじっくりと学んでいきます。

よくある「場面別のフレーズ暗記」ではなく、自分の基盤をしっかり固めて「どんなことでも英語で言える」応用力をつける教材ですね。

制作者のDr. アジは私と同じく、このような「フレーズ暗記系教材」の効果を疑問に思っており、あなたが自分の英会話を伸ばしていける基礎として、この講座を位置付けています。

詳しくはAdvanced Beginnerの詳しいレビューで説明していますが、この教材の理念、コンセプト、そしてアプローチには非常に同意できる点が多いですね。

Advanced Beginnerで学ぶことで得られるもの

色々なことを英語で表現するための基礎力がつく

このAdvanced Beginnerで学ぶことによって得られるもの。

それは、色々な英語で表現するための基礎力です。
英会話というのは「単語や表現を覚えればいい」のではなく、その「組み立て方」を知らないと話せません。

その組み立て方を身につけることで「パッと英語で言える」という状態になれるわけですね。

そうすれば、あなたは自信を持って英会話の世界に進んでいくことができますし、

どんどんと発展的な表現を吸収して自分の英会話力・英語表現力を伸ばしていくことができます。

これは「Yuki式英会話勉強法」に出てくる「英語体質」と同じ状態だと、私は理解しています。

フレーズ暗記系の英会話教材では応用が利かない

フレーズ練習系教材は、英会話を練習した気にはなりますが、本当の意味での応用力は期待できないことが多いものです。

結局は覚えたフレーズ以外の英文を自分で組み立てる練習にならないからです。

そのような教材ではなく、Advanced Beginnerのような正統派の英会話教材の方が、結局は「自由に英語で話す」というゴールへの近道になると私は考えています。

Advanced Beginner の良い点・注意点を含めた詳しいレビューは、こちらの記事で紹介しています。

初心者が英会話に失敗する原因から解決するおすすめ王道教材【Advanced Beginner】の詳しいレビューを見る

むさし

この記事が参考になったと感じたら、シェアして他の人にも教えてあげて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして最新記事情報を受け取る

トップへ戻る